2019/08/17

メキシコペソに特化したリガノールトレードのコツと実績【毎週公開中】

2019年3月25日からメキシコペソに特化したFXトレード【リガノールトレード】を始めました。

リガトレで資産倍増できるようトレードルールを開発し、ルールに従ってトレードしています。

実際に取引してみて気づくこともたくさんあります。そうした気づいた点や利が乗りやすくなるコツなどを含めて、リガトレの実績を毎週公開します。

これからのメキシコペソトレードの参考にしてください。

この記事の要点

  • リガノールトレード週次実績
  • リガノールトレードのトレードルール
  • リガトレ実践で気づいた注意点
  • リガノールトレード向けのFX口座

スポンサーリンク


リガノールトレード週次実績

毎週リガトレの実績を掲載していきますが、文字数や見やすさの都合で1か月後には順に週次実績を削除していく予定です。

ブックマークして毎週チェックしてくださいね。

また、トレード中に気づいた点やリガトレのメリットとデメリット、そしてトレードルールの変更が生じた場合は随時アップします。

そのときはTwitterでもお伝えするので、もし良かったら堀聖人をフォローしてください。

メキシコペソだけでなく投資関連情報を逐一発信しています。

8月12日の週(第21週):損益+1万0958円

先週、獲得pipsが週間最高量だったのですが、今週はそれを大幅に超えました(^^)/

損益は

  • 1万0958円(60pips)

です。

今週は為替変動が非常に大きかったですからね。

ペソ円1時間足チャート

1週間のレンジ幅が約20銭(5.30~5.50円)になるのは記憶にないですね。

このくらい変動率が上がると利が乗りやすいです^^

そして今週分かったのは、

  • 5.30円が当面の底値となる可能性が高い

ということです。

もちろん5.30円を割る可能性もあります

しかし、5.30円が意識されているのはペソ円チャートを見れば一目瞭然です。

ですから、今後ペソ円レートが5.30~5.35円付近に下落するようなことがあれば、全力で買い増ししたいと思っています。

そう思う頃には相場が上昇トレンドに入っていることがほとんどですが…(‘◇’)ゞ

現在、ペソ円保有数量は、

32Lotです。

そして口座状況(セントラル短資FX)は以下の通りです。

証拠金維持率549%ですので、口座内実効レバレッジは4.5倍です。

長期保有なら維持率1000%以上(レバレッジ2.5倍)が目安ですが、リガトレの場合は最悪300%あれば良いと考えています。


維持率については先日ツイッターでもお伝えしました。参考にしてください。

最後に週次実績一覧表です。

獲得pips 口座資産 先週比資産 含み損益
7月15日の週 11 137万7093円 +7655円 -14万7920円
7月22日の週 10 138万5758円 +8665円 -12万1450円
2ndステージ開始!
7月29日の週 2 40万0986円 -1万6000円
8月5日の週 48.6 40万8844円 +7858円 -3万3320円
8月12日の週 60 41万9802円 +1万0958円 -3万9420円
リガトレ合計 535.7 41万9802円 +1万9802円 -3万9420円

2ndステージが始まったばかりなので、まだ[含み損>利益]の状況ですが、トレードを重ねていくと自然と[利益>含み損]となり純利益がプラスになると思います。

今後のペソ円リガトレにご期待ください。

それでは、また来週(^^)/

リガトレ向けFX口座

イチオシはセントラル短資FXです。

  • セントラル短資FX
  • ペソ円スプレッド:0.3銭
  • ペソ円スワップ:約14円/1万通貨(日)
  • 最低取引単位:1000通貨
  • 1000通貨単位取引手数料:無料

セントラル短資FXのメリットとデメリットは? | スプレッドやスワップの評判

リガトレの始め方

リガトレを始めてみたいという方は、以下の記事とカテゴリを読んでみてください^^

ペソ円スプレッド最狭水準0.3銭
ペソ円スワップ最高水準
リガトレ向けのFX口座
セントラル短資FXの口座開設はこちらから↓↓
数分で申し込めます
もちろん無料です^^
FXダイレクトプラス

8月5日の週(第20週):損益+7858円

今週の獲得pipsはペソ円リガトレの週間最高量となりました。損益は

  • 7858円(48.6pips)

です。

保有数量が少ないためスワップ収入はそれほど多くなく、週間損益は1万円に満たないです。

今のところ保有数量は、

26Lotです。

しかし、ペソ円レートが5.35~5.45円のレンジ相場となった1週間だったので、値幅が取りやすい相場状況だったといえます。

ペソ円1時間足チャート

こうしてチャートを見ると、リガトレに最適の動きですよね。

毎週こんな感じで動いてほしいですが、相場は自分の思うようには決して動いてくれません(笑)

今週はたまたまです^^

現在、想定レンジを5.30~5.70円に設定しています。

また5.30円台に突入したら少し多めに仕込んでおきたいと思っています。

今週のトレードを終えて、週次実績は以下の通りです。

獲得pips 口座資産 先週比資産 含み損益
7月8日の週 26 136万9438円 +1万2981円 -13万4870円
7月15日の週 11 137万7093円 +7655円 -14万7920円
7月22日の週 10 138万5758円 +8665円 -12万1450円
2ndステージ開始!
7月29日の週 2 40万0986円 -1万6000円
8月5日の週 48.6 40万8844円 +7858円 -3万3320円
リガトレ合計 475.7 40万8844円 +8844円 -3万3320円

相場下落のため、含み損が少し増えました。

それでもリガトレ2ndステージを始めたタイミングが良かったので、含み損は最低限に抑えられています。

いずれにしろ含み損は将来の利益の糧なので気にしなくて大丈夫です。

スワップ収入源でもありますし(^^♪

大切なのは、ロスカットレートを低く保つことです。

しっかり資金管理されていれば、含み損が増えてもおどおどする必要は全くありません。

最後に口座状況(セントラル短資FX)を見てみましょう。

維持率は664%、実効レバレッジが3.7倍です。

相場が下落したので、維持率低め、レバレッジが高めになっていますね。

リガトレでは維持率1000%あれば理想的ですが、相場急落の場合でも最悪300%保てるようにと考えています。

ちなみに維持率と実効レバレッジの関係ですが、

  • 維持率300%=実効レバレッジ8.33倍
  • 維持率1000%=実効レバレッジ2.5倍

このようになっています。

  • 【2500÷維持率=実効レバレッジ】

この計算式を頭にインプットしておきましょう!

ポイントは「2500」ですね(^^♪

実効レバレッジを3倍以下に保てればリスクをおさえた取引ができるので、維持率1000%(実効レバレッジ2.5倍)を超えないように資金管理するのがコツです。

レバレッジが1倍以下、つまりレバレッジをかけない状況に近いほどロスカットリスクが小さくなります

それでもFXトレードはレバレッジをかけるメリットもあるので、総合的に見て維持率1000%、つまりレバレッジ2.5倍以下が適度な目安と考えています。

急落の場合は仕方ないですが、通常は維持率1000以上を心がけましょう。

維持率の目安に関してはこちらの記事をごらんください↓

FXの証拠金維持率は何%なら安心してトレードできますか? | FX初心者

それでは、また来週(^^)/

7月29日の週(第19週):損益+986円

7月29日(月)にすべてのポジションを決済したのですが、さっそく復帰しました。

ペソ円リガトレ、早くも再開です(^^)/

タイミングが絶妙だったと自分で言うのもなんですが、全ポジション決済後の8月1日夜、ペソ円相場が急落しまして

ペソ円1時間足チャート

しっかり利益を獲得したあとに安くなったペソ円を買い集められて、ペソ円リガトレの2ndステージの出だし好調です。

今週はペソ円を買い下がり。合計19Lot買い集めました。

今のところ、購入平均レートは5.601円です。

5.40円台に突入したらさらに仕込みたいと思っているので、平均レートはもう少し下がるかと思います。

また、ペソ円リガトレ2ndステージが始まったばかりで、かつ相場は急落中なので、いつも通り為替差益は狙わずに、まずはペソ円を買い集めていく予定です。

そして相場が落ち着いたら利確幅を決めてリガトレしていきます。

運用資金と運用ルールを修正し、1stステージよりも余裕あるトレードをしていくつもりです。

今の口座状況(セントラル短資FX)は、

以上の通りです。

そして、最後に週次実績一覧です。

獲得pips 口座資産 先週比資産 含み損益
7月1日の週 17.4 135万6457円 +1万0934円 -12万0070円
7月8日の週 26 136万9438円 +1万2981円 -13万4870円
7月15日の週 11 137万7093円 +7655円 -14万7920円
7月22日の週 10 138万5758円 +8665円 -12万1450円
2ndステージ開始!
7月29日の週 2 40万0986円 -1万6000円
リガトレ合計 427.1 40万0986円 +986円 -1万6000円

2ndステージから運用資金やルールが少し変わりました。

こちらの記事(全通貨ペアリガトレ運用公開記事)でもお伝えし随時更新していく予定ですが、ここでもペソ円リガトレルールをあらためて記載しておきます。

ペソ円リガトレルール(2019年7月末)】

  • 利用FX口座:セントラル短資FX
  • 運用資金:40万円
  • 売買注文:買い
  • 想定レンジ:5.30~5.70
  • 毎注文数量:1~5Lot
  • 注文幅:1~5銭
  • 利確幅:1~5銭
  • 内緒の設定⇒note

それでは、今後もペソ円リガトレをよろしくお願いいたします(^^)/

7月29日に全ポジション決済しました

7月29日(月)の朝、一旦全ポジションを決済しました。

 

ペソ円リガトレをやめるわけではありません(笑)

仕切り直しをすることにしただけです。

これまで18週間、ペソ円リガトレをしましたが、どれだけの利益獲得ができたか確認してみましょう。

週次実績一覧からです。

獲得pips 口座資産 先週比資産 含み損益
6月24日の週 17 134万5523円 +1万1620円 -19万2650円
7月1日の週 17.4 135万6457円 +1万0934円 -12万0070円
7月8日の週 26 136万9438円 +1万2981円 -13万4870円
7月15日の週 11 137万7093円 +7655円 -14万7920円
7月22日の週 10 138万5758円 +8665円 -12万1450円
7月29日の週 1
リガトレ合計 425.1 126万9258円 +6万9258円
  • 投資資金合計:120万円
  • 最終利益:+6万9258円
  • 想定利回り(年率):約16.67%

含み損を抱えたまま全決済したので、最終利益はあまり伸びませんでした。

もう少しレートが上昇してから決済すれば利益率は違ってくるのですが、ふと思い立ってしまったもので…。

リガノール積立」の最終利率は28.3%でしたので、積立のほうが利益率が良くなる可能性がありますね。

でもリガトレの利益率16.67%も決して悪い数字ではないと思います。

銀行預金は0.001%ですからねw

やはり今の時代、資産運用は必要不可欠かと思いました。

ちなみに、ブログには記載できなかったリガトレの注文方法や設定の詳細などはnoteをご覧ください↓

ペソ円リガトレはまた再開します。

それまでしばらくお待ちくださいね(^^)/

7月22日の週(第18週):損益+8665円

先週に引き続き今週1週間のペソ円相場は、動きの少ない1週間でした。

ボラが小さければスワップ収入がメインとなるリガトレ。今週の損益は、

  • 8665円(10pips)

でした。2週続けて1万円にも満たない収益でした。

ボラが小さいので仕方がないですね。

ただ気を付けたいのは、ボラが小さい一定期間のあとは必ず変動率が急変します

それだけエネルギーがたまるので、あとから爆発するのが一般的ですよね。

相場が動かいないときでも淡々とトレードするのが賢明です。

週次実績一覧を見てみましょう。

獲得pips 口座資産 先週比資産 含み損益
6月24日の週 17 134万5523円 +1万1620円 -19万2650円
7月1日の週 17.4 135万6457円 +1万0934円 -12万0070円
7月8日の週 26 136万9438円 +1万2981円 -13万4870円
7月15日の週 11 137万7093円 +7655円 -14万7920円
7月22日 0
7月23日 1
7月24日 3
7月25日 4
7月26日 2
7月22日の週 10 138万5758円 +8665円 -12万1450円
リガトレ合計 424.1 138万5758円 +18万5758円 -12万1450円

今のわたしのリガトレでは、ペソ円レートが5.64円以上なら純利益(獲得利益-含み損)がプラスになります。

今週のNY市場クローズ時のペソ円レートは、

ペソ円1時間足チャート

5.698円です。

この調子でペソ円レートが上昇してくれれば良いですね(^^♪

スワップ収入の元となるペソ円保有数量は、

70Lotです。

レート上昇により少し保有数量が減りました。

また、今週のトレードを終えて口座状況(セントラル短資FX)はこのようになっています。

維持率も実効レバレッジも非常に理想的な数値となっています。

この調子でリガトレを続けていきたいと思います。

あとはボラが高くなるのを待つのみ(>_<)

また、来週(^^)/

リガノールトレードのトレードルール

リガノールトレードはテキトーにペソ円を売買しているわけではありません。

自己開発したルールにそってトレードしています。詳細はこちらの記事を参考にしてください。

【リガノールトレード】メキシコペソをFXトレードして資産倍増を目指す方法とは

4月6日追記:リガトレルール修正

利益率を上げるために、リアルタイムレートの±10銭、つまり想定レンジの中心20銭の注文量を3倍にしようと思います。

また想定レンジ中心20銭以外の範囲を2倍の注文量にします。

たとえば、想定レンジが5.60~6.00で、現在のペソ円レートが5.80円の場合、5.70~5.90円の範囲に限り1注文を3Lot(3万通貨)に、その他の範囲の注文量を2Lotとします。

ペソ円レートの動きは緩やかなので、リアルタイムの上下の注文量を多くすることで利益率が高まると考えました。

リガトレルール【最新版】

  • 想定レンジ40銭
  • 注文量(中心20銭⇒毎注文3Lot、その他注文2Lot
  • 注文幅:1銭
  • 利確幅:1銭

リガトレの比較検証

リガトレルール調整を行うと、以前のルールと新ルールの比較検証が難しくなります

しかし、旧ルールでリガトレしてくださっている敏腕トレーダーと知り合うことができ、ある程度の比較検証ができそうです。

今週の柳柊さんの収益は200円です。

    • 1注文:0.2Lot
    • 注文幅:2銭
    • 利益幅:5銭

このように、注文幅と利益幅に関しては私の旧設定と同じになっています。

また、運用量は1注文0.2Lotですので、1注文が1Lotだったとすると実質+1000円の利益となります。

現在私は、

  • 1注文:1Lot(中心10銭は2Lot)
  • 注文幅:1銭
  • 利益幅:1銭

この設定で今週は2977円の利益(スワップ含む)でしたから、今週は利益幅1銭に軍配が上がったと言えそうです。

ただし、利益幅を狭くすると取引回数が多くなりスプレッドによる手数料もかさむので、その点は注意です。スプレッドが業界最狭水準のセントラル短資FXを利用しているのも理由があるというわけです。

メキシコペソスプレッドとスワップポイント最強水準⇒セントラル短資FX

比較検証(4月6日追記)

柳柊さんがこのようなツイートを。

要は、利益幅5銭ではあまり稼げない、と比較検証として結論付けて良いかと思います。

ですから、メキシコペソ円のリガトレルールでは当面、利益幅1銭で取引していくことにします。

(柳柊さん、リガトレの実践ありがとうございます)

リガトレ実践で気づいた注意点

実際にトレードをして初めて気づくことがあります。注意点などを含め、以下の記事に随時記載しています。

メキシコペソに特化したリガノールトレードの注意点【随時更新中】

以上の記事を参考にリガトレしてみてくださいね。

リガノールトレード向けFX口座

リガトレをどのFX口座で運用するか、ですが、利用条件があります。

  • メキシコペソ取扱FX口座(アタリマエダ)
  • スプレッドが狭い⇒取引回数が多いので取引コストに影響
  • 1000通貨単位取引手数料無料⇒1000通貨取引有料のFX口座は×
  • スワップポイントが高い⇒利益率を高められる
  • 少量の取引単位で取引できる⇒1万通貨単位取引しかできないとリスク高くなる

これら条件を満たしたFX口座がより利益率の高いトレードができるはずです。

それをふまえ条件を満たしている高スペックのFX会社はこちらです。

(スペックデータは2019年7月のもの)

イチオシはセントラル短資FX

  • セントラル短資FX
  • ペソ円スプレッド:0.3銭
  • ペソ円スワップ:約16円/1万通貨(日)
  • 最低取引単位:1000通貨
  • 1000通貨単位取引手数料:無料

セントラル短資FXのメリットとデメリットは? | スプレッドやスワップの評判

ツイッター上でも評価が高いようです。ペソラーのyukoさんとジラフさんがこんな口コミを↓

セントラル短資FXの口座開設はこちらから↓↓
数分で申し込めます
もちろん無料です^^
FXダイレクトプラス

そのほかのおすすめFX口座(開設しておいて損なし)

  • ヒロセ通商
  • 外為どっとコム
  • マネーパートナーズ(nano)

ヒロセ通商

  • ヒロセ通商
  • ペソ円スプレッド:0.4銭
  • ペソ円スワップ:10.85円/1万通貨(日)
  • 最低取引単位:1000通貨
  • 1000通貨単位取引手数料:無料

外為どっとコム

マネーパートナーズ

  • マネーパートナーズ
  • ペソ円スプレッド:0.5銭
  • ペソ円スワップ:10円/1万通貨(日)
  • 最低取引単位:1000通貨
  • 1000通貨単位取引手数料:無料