2019/06/15

メキシコペソに特化したリガノールトレードのコツと実績【毎週公開中】

2019年3月25日からメキシコペソに特化したFXトレード【リガノールトレード】を始めました。

リガトレで資産倍増できるようトレードルールを開発し、ルールに従ってトレードしています。

実際に取引してみて気づくこともたくさんあります。そうした気づいた点や利が乗りやすくなるコツなどを含めて、リガトレの実績を毎週公開します。

これからのメキシコペソトレードの参考にしてください。

この記事の要点

  • リガノールトレード週次実績
  • リガノールトレードのトレードルール
  • リガトレ実践で気づいた注意点
  • リガノールトレード向けのFX口座

スポンサーリンク


リガノールトレード週次実績

毎週リガトレの実績を掲載していきますが、文字数や見やすさの都合で1か月後には順に週次実績を削除していく予定です。

ブックマークして毎週チェックしてくださいね。

また、トレード中に気づいた点やリガトレのメリットとデメリット、そしてトレードルールの変更が生じた場合は随時アップします。

そのときはTwitterでもお伝えするので、もし良かったら堀聖人をフォローしてください。

メキシコペソだけでなく投資関連情報を逐一発信しています。

6月10日の週(第12週):損益+1万6990円

今週の月曜日、まれに見る窓開け上昇でした。

メキシコペソ円1時間足チャート

というのも、米の対メキシコ関税発動が回避されたからです。

この窓開け上昇が貢献し、これまでの週間損益記録を更新することができました(^^)/

今週の損益は、

  • +1万6990円

です。

週次実績一覧はこちらです↓

獲得pips 口座資産 先週比資産 含み損
5月20日の週 17 87万9489円 +1万1734円 -9万7910円
5月27日の週 18 108万9637円 +1万0148円 -27万9400円
6月3日の週 44.8 130万6085円 +1万6448円 -29万3900円
6月10日 33.6
6月11日 4
6月12日 2
6月13日 4
6月14日 3.3
6月10日の週 46.9 132万3075円 +1万6990円 -14万9150円
リガトレ合計 329.7 132万3075円 +12万3075円 -14万9150円

週末の時点でペソ円レートが5.66円です。

5.70円くらいまで上昇すると利益が含み損を上回り純利益を獲得できそうですね。

リピート系はどうしても含み損を抱えながら少しずつ為替差益とスワップをためていく取引手法なので、焦らずコツコツいきましょう。

現時点でのペソ円保有数量は、

82万通貨です。

5.80~5.90円台のポジションは当分保有することになりそうですが、これがスワップ収益の元となっているので気にする必要は全くありません

そして口座状況(セントラル短資FX)は、

以上の通りです。

ペソ円レートが一時期よりかなり上昇したので、実効レバレッジや証拠金維持率が安心して見られる数値になりました(笑)

来週もコツコツいきたいと思います。

ちなみに、1か月以上前のリガトレ実績はこちらのブログに記載しているので、参考にどうぞ↓

また、ブログには記載できなかったリガトレの注文方法や設定の詳細などはnoteをご覧ください↓

それではまた来週(^^)/

リガトレ向けFX口座

イチオシはセントラル短資FXです。

  • セントラル短資FX
  • ペソ円スプレッド:0.4銭
  • ペソ円スワップ:約16円/1万通貨(日)
  • 最低取引単位:1000通貨
  • 1000通貨単位取引手数料:無料

セントラル短資FXのメリットとデメリットは? | スプレッドやスワップの評判

リガトレの始め方

リガトレを始めてみたいという方は、以下の記事とカテゴリを読んでみてください^^

ペソ円スプレッド最狭水準0.4銭
ペソ円スワップ最高水準
リガトレ向けのFX口座
セントラル短資FXの口座開設はこちらから↓↓
数分で申し込めます
もちろん無料です^^
FXダイレクトプラス

6月3日の週(第11週):損益+1万6448円

今週は、米の対メキシコ関税問題によって相場が荒れた1週間でした。

先週からリガトレ想定レンジを外れ下落していきましたが、

資金を追加入金し底値と思われるあたりで何度もIFD注文を発注し利益をのせることができました。

結果、今週のリガトレ損益は、

  • +1万6448円

となり、これまで11週間の中で最高益をたたき出すことができました(^^)/

週次実績はこちらです↓

獲得pips 口座資産 先週比資産 含み損
5月6日の週 40 85万3185円 +1万6260円 -8万3750円
5月13日の週 32 86万7755円 +1万4570円 -10万0170円
5月20日の週 17 87万9489円 +1万1734円 -9万7910円
5月27日の週 18 108万9637円 +1万0148円 -27万9400円
6月3日 0
6月4日 21.4
6月5日 1
6月6日 1
6月7日 21.4
6月3日の週 44.8 130万6085円 +1万6448円 -29万3900円
リガトレ合計 282.8 130万6085円 +10万6085円 -29万3900円

今週、ペソ円の下落幅が強く、ロスカットレートまでは遠いですが、万全を期すためさらに20万円をFX口座(セントラル短資FX)に入金しました。

ですので、FX口座に入金した投資金は合計120万円になり、これまでのリガトレ損益合計は10万6085円です。

ペソ円レート急落により含み損が増えていますが、これもそのうち解消すると見ています。

  • 為替損益+スワップによる利益>含み損
  • 米対メキシコ関税問題解決に向かう

特に2点目については週末このような報道がありました。

来週6月10日の週はペソ円上昇が期待できますので、リガトレによる利益が乗り、かつ含み損も少しずつ減っていくものと思われます。

現在のペソ円保有数量ですが、

94万通貨となっています。

ペソ円5.00円付近で5万通貨ほど買い増したので、ペソ円上昇による利益を期待しています(^^♪

口座概要(セントラル短資FX)は以上の通りです。

引き続きコツコツと利益を上げていきたいですね。

ペソ円のリガトレ注文や設定の詳細はnoteに記載していますので、そちらもあわせてご覧ください。

それではまた来週(^^)/

5月27日の週(第10週):損益+1万0148円

ご存知の通り、今週の金曜日の朝方、トランプ大統領の爆弾発言によりペソ円レートが急落しました。

そのため多数の買い注文が約定し、含み損が大きくなりましたね。

今週の損益結果ですが、

  • +1万0148円

でした。相場が下落したので利確回数は少なかったです。

週次実績をごらんください。

(先週までは「決済回数」の項目を今週から「獲得pips」としています。)

獲得pips 口座資産 先週比資産 含み損
3月25日の週 22 80万2977円 +2977円 -3180円
4月1日の週 43 80万8785円 +5808円 -120円
4月8日の週 25 81万5550円 +6765円 -320円
4月15日の週 15 82万2090円 +6540円 -1390円
4月22日の週 10 83万2035円 +9945円 -2万0450円
4月29日の週 16 83万6925円 +4890円 -2万5350円
5月6日の週 40 85万3185円 +1万6260円 -8万3750円
5月13日の週 32 86万7755円 +1万4570円 -10万0170円
5月20日の週 17 87万9489円 +1万1734円 -9万7910円
5月27日 1
5月28日 1
5月29日 6
5月30日 5
5月31日 5
5月31日の週 18 108万9637円 +1万0148円 -27万9400円
リガトレ合計 238 108万9637円 +8万9637円 -27万9400円

ペソ円レートの下落が激しかったので、ロスカットレート(約5.00円)までまだまだありますが、念のため余裕資金20万円を追加入金しておきました。

ペソ円のリガトレ想定レンジは5.65~6.05円ですが、今週の急落でレンジを外れてしまいました。

リガトレルール通り、レートが回復するまではスワップ運用になります。

しかし、だまって指をくわえて見ているだけではありません。できることがあります

裏技はnoteのほうに追記しておきましたので、そちらをごらんください。

今週の取引を終えて保有ポジションは、

89万通貨です。

ほうっておくだけでかなりのスワップポイントを獲得できるはずです。(約1万円/週

口座状況(セントラル短資FX)ですが、

以上の通りです。

ロスカットされないように資金管理しながら、引き続き「為替差益+スワップ」でしっかり利益を上げていきたいですね。

それでは、また来週(^^)/

5月20日の週(第9週):損益+1万1734円

今週のペソ円レートの変動率は小さく、思うように利益を伸ばせませんでした。

今週のリガトレ損益は、

  • +1万1734円

でした。

週次実績はこちらです↓

決済回数 口座資産 先週比資産 含み損
3月25日の週 22 80万2977円 +2977円 -3180円
4月1日の週 43 80万8785円 +5808円 -120円
4月8日の週 25 81万5550円 +6765円 -320円
4月15日の週 15 82万2090円 +6540円 -1390円
4月22日の週 10 83万2035円 +9945円 -2万0450円
4月29日の週 16 83万6925円 +4890円 -2万5350円
5月6日の週 40 85万3185円 +1万6260円 -8万3750円
5月13日の週 32 86万7755円 +1万4570円 -10万0170円
5月20日 4
5月21日 6
5月22日 1
5月23日 4
5月24日 2
5月20日の週 17 87万9489円 +1万1734円 -9万7910円
リガトレ合計 220 87万9489円 +7万9489円 -9万7910円

先週32回の決済(32pips)があったのに対し、今週はそのやく半分の17回(17pips)です。

こればっかりはペソ円レートの値動き次第なので、仕方ないですね。

今週のトレードを終えてポジション保有量は、

68万通貨です。スワップ収益の種となってくれています(^^♪

そして、口座概要(セントラル短資FX)は、

このようになっています。

ペソ円レートが5.78円を超えていくと口座純資産がプラスになっていくと思います。

コツコツいきましょう。

リガトレの設定方法や注文方法の詳細に関してはこちらです↓

当ブログではお伝えしていない情報もあり、記事は随時更新する予定です。もし良かったらそちらもあわせてご覧になってください。

それでは来週もリガトレでコツコツ稼いでいきます(^^)/

リガトレ向けFX口座

イチオシはセントラル短資FXです。

  • セントラル短資FX
  • ペソ円スプレッド:0.4銭
  • ペソ円スワップ:約15円/1万通貨(日)
  • 最低取引単位:1000通貨
  • 1000通貨単位取引手数料:無料

セントラル短資FXのメリットとデメリットは? | スプレッドやスワップの評判

リガトレの始め方

リガトレを始めてみたいという方は、以下の記事とカテゴリを読んでみてください^^

リガノールトレードの始め方

ペソ円スプレッド最狭水準0.4銭
ペソ円スワップ最高水準
リガトレ向けのFX口座
セントラル短資FXの口座開設はこちらから↓↓
数分で申し込めます
もちろん無料です^^
FXダイレクトプラス

リガノールトレードのトレードルール

リガノールトレードはテキトーにペソ円を売買しているわけではありません。

自己開発したルールにそってトレードしています。詳細はこちらの記事を参考にしてください。

【リガノールトレード】メキシコペソをFXトレードして資産倍増を目指す方法とは

4月6日追記:リガトレルール修正

利益率を上げるために、リアルタイムレートの±10銭、つまり想定レンジの中心20銭の注文量を3倍にしようと思います。

また想定レンジ中心20銭以外の範囲を2倍の注文量にします。

たとえば、想定レンジが5.60~6.00で、現在のペソ円レートが5.80円の場合、5.70~5.90円の範囲に限り1注文を3Lot(3万通貨)に、その他の範囲の注文量を2Lotとします。

ペソ円レートの動きは緩やかなので、リアルタイムの上下の注文量を多くすることで利益率が高まると考えました。

リガトレルール【最新版】

  • 想定レンジ40銭
  • 注文量(中心20銭⇒毎注文3Lot、その他注文2Lot
  • 注文幅:1銭
  • 利確幅:1銭

リガトレの比較検証

リガトレルール調整を行うと、以前のルールと新ルールの比較検証が難しくなります

しかし、旧ルールでリガトレしてくださっている敏腕トレーダーと知り合うことができ、ある程度の比較検証ができそうです。

今週の柳柊さんの収益は200円です。

    • 1注文:0.2Lot
    • 注文幅:2銭
    • 利益幅:5銭

このように、注文幅と利益幅に関しては私の旧設定と同じになっています。

また、運用量は1注文0.2Lotですので、1注文が1Lotだったとすると実質+1000円の利益となります。

現在私は、

  • 1注文:1Lot(中心10銭は2Lot)
  • 注文幅:1銭
  • 利益幅:1銭

この設定で今週は2977円の利益(スワップ含む)でしたから、今週は利益幅1銭に軍配が上がったと言えそうです。

ただし、利益幅を狭くすると取引回数が多くなりスプレッドによる手数料もかさむので、その点は注意です。スプレッドが業界最狭水準のセントラル短資FXを利用しているのも理由があるというわけです。

メキシコペソスプレッドとスワップポイント最強水準⇒セントラル短資FX

比較検証(4月6日追記)

柳柊さんがこのようなツイートを。

要は、利益幅5銭ではあまり稼げない、と比較検証として結論付けて良いかと思います。

ですから、メキシコペソ円のリガトレルールでは当面、利益幅1銭で取引していくことにします。

(柳柊さん、リガトレの実践ありがとうございます)

リガトレ実践で気づいた注意点

実際にトレードをして初めて気づくことがあります。注意点などを含め、以下の記事に随時記載しています。

メキシコペソに特化したリガノールトレードの注意点【随時更新中】

以上の記事を参考にリガトレしてみてくださいね。

リガノールトレード向けFX口座

リガトレをどのFX口座で運用するか、ですが、利用条件があります。

  • メキシコペソ取扱FX口座(アタリマエダ)
  • スプレッドが狭い⇒取引回数が多いので取引コストに影響
  • 1000通貨単位取引手数料無料⇒1000通貨取引有料のFX口座は×
  • スワップポイントが高い⇒利益率を高められる
  • 少量の取引単位で取引できる⇒1万通貨単位取引しかできないとリスク高くなる

これら条件を満たしたFX口座がより利益率の高いトレードができるはずです。

それをふまえ条件を満たしている高スペックのFX会社はこちらです。

(スペックデータは2019年3月のもの)

イチオシはセントラル短資FX

  • セントラル短資FX
  • ペソ円スプレッド:0.4銭
  • ペソ円スワップ:15円/1万通貨(日)
  • 最低取引単位:1000通貨
  • 1000通貨単位取引手数料:無料

セントラル短資FXのメリットとデメリットは? | スプレッドやスワップの評判

ツイッター上でも評価が高いようです。ペソラーのyukoさんとジラフさんがこんな口コミを↓

セントラル短資FXの口座開設はこちらから↓↓
数分で申し込めます
もちろん無料です^^
FXダイレクトプラス

そのほかのおすすめFX口座(開設しておいて損なし)

  • ヒロセ通商
  • 外為どっとコム
  • マネーパートナーズ(nano)

ヒロセ通商

  • ヒロセ通商
  • ペソ円スプレッド:0.4銭
  • ペソ円スワップ:10.85円/1万通貨(日)
  • 最低取引単位:1000通貨
  • 1000通貨単位取引手数料:無料

外為どっとコム

マネーパートナーズ

  • マネーパートナーズ
  • ペソ円スプレッド:0.5銭
  • ペソ円スワップ:10円/1万通貨(日)
  • 最低取引単位:1000通貨
  • 1000通貨単位取引手数料:無料