2018/11/14

FX初心者で資金が少ない人向けの投資法3つと注意点2つ

FX初心者がFX取引を始めるとき、準備できる投資金はそれぞれです。100万円用意できる人もいれば10万円の人も。ここでは、用意できる資金が少ない人向けの投資手法をお伝えします。

FXでは資金が少ない人の投資方法と資金が多い人のそれでは全く違います。資金が少ないのに投資手法を間違うと、利益を得られないどころか損失を出してしまうかもしれません

FX初心者で資金が少ない人向けの投資法と取引の注意点をお伝えします。お伝えする点をしっかり頭に入れてくださいね。

スポンサーリンク


FX初心者で資金が少ない人向け投資法3つ

資金が少ない人向けの投資法をお伝えする前に、取引単位に関するFXの仕組みについて見てみます。この記事でお伝えする要点はこの3つです。

【この記事の要点】

  • FXの取引単位の仕組み
  • 資金が少ない人向け投資法3つ
  • FX少額取引の注意点2つ

FX初心者で資金が少ない人向けの取引手法

FXの取引単位の仕組み

FX取引には取引単位があり、利用するFX会社によって取引単位設定が異なります

  • 1通貨単位
  • 100通貨単位
  • 1,000通貨単位
  • 1万通貨単位

FX会社のほとんどの口座は、上のいずれかの単位で取引をすることになります。

ドル円取引で言うと、1通貨単位ならば1ドル単位で取引でき、100通貨単位なら100ドル単位での取引、1,000通貨単位は1,000ドルごと、1万通貨単位は1万ドルごとの取引となります。

ドル円レートが1ドル=100円とすると、

  • 1通貨単位取引=100円分のドル円取引
  • 100通貨単位取引=1万円分のドル円取引
  • 1,000通貨単位取引=10万円分のドル円取引
  • 1万通貨単位取引=100万円分のドル円取引

このようになります。ただし、FX口座ではレバレッジが最大25倍利かせられますので、上の例に当てはめて計算すると、必要となる証拠金額は、

  • 1通貨単位取引=100円分のドル円取引=必要証拠金4円
  • 100通貨単位取引=1万円分のドル円取引=必要証拠金400円
  • 1,000通貨単位取引=10万円分のドル円取引=必要証拠金4000円
  • 1万通貨単位取引=100万円分のドル円取引=必要証拠金4万円

以上の計算になります。FX会社によって取引証拠金の計算方法は微妙に違いますが、上の計算を目安にしていただいて間違いありません。

取引単位の仕組みが分からないと少額投資のやり方が理解できません。頭に入れておいてください。

では次に、資金が少ない人向けの投資法を3つお伝えします。自身のニーズや好みに合った投資法を探してみましょう。

資金が少ない人向け投資法3つ

資金が少ない人向けの投資法として紹介できるのは3つです。

  • 1通貨コツコツ投資法
  • FXスワップトレード
  • 積立投資

では、これら投資法について詳しく見ていきます。

1通貨コツコツ投資法

1通貨コツコツ投資法とは、1通貨単位でFX取引をするトレード方法です。要は、初めは最小単位でFX取引しリスクをおさえるのが目的です。

なぜ1通貨コツコツ投資がおすすめか、2つの理由を簡単にまとめました。

理由1:少額資金で取引ができる

理由の一つは少額資金で取引ができる点です。

用意できる資金が少なくても問題ありません。1通貨単位で取引できるFX業者を利用し、1通貨単位でFX取引を行なえば、資金が少なくてもFX取引を始められます。

現在、1通貨ごとに必要な証拠金額がどれほどでしょうか。1通貨単位取引ができるSBIFXトレードの必要証拠金一覧を見てみましょう。

SBIFXトレード証拠金テーブル

ご覧の通り、数円の証拠金で各外貨を取引できます。たとえばドル円は約4.5円、豪ドル円は約3.3円で1通貨を売買できます。

1通貨単位取引が資金の少ない人向けの取引であること、お分かりいただけると思います。

理由2:低リスクで取引ができる

FX取引の特徴ですが、取引額が多くなればなるほどハイリターン・ハイリターンの取引となります。

各単位取引において、±1円のレート変動による差益は以下の通りです。

  • 1通貨単位取引=±1円=差益±1円
  • 10通貨単位取引=±1円=差益±10円
  • 100通貨単位取引=±1円=差益±100円
  • 1,000通貨単位取引=±1円=差益±1,000円
  • 1万通貨単位取引=±1円=差益±1万円

1通貨単位取引において、たとえばドル円レートが±1円変動したときの差益は±1円です。

ドル円を1通貨保有しているとき、レートが1ドル119円から120円に変動したとすると、差益は+1円です。逆に、レートが120円から119円に変動すると、差益は-1円になります。

同じドル円通貨ペアを取引しているとき、1万通貨保有しているとします。ドル円レートが119円から120円に変動すると差益は+1万円ですが、逆にレートが120円から119円に変動すると差益は-1万円です。

要は、取引数量が多いほどハイリターン・ハイリスクな取引、というわけですね。

FX初心者がいきなり1万通貨取引するのはリスクが大きすぎます。リスクの面から見ても、FX初心者は1通貨単位~取引を始めるべきです。

取引に慣れてから少しずつ取引量を増やしていくのがベストです。覚えておいてください。

FXスワップトレード

資金が少ない人向けのおすすめ手法の2つ目は、スワップトレードです。

スワップトレードとは、長期間、高金利通貨を保有し、銀行預金の利息のようなスワップポイントをコツコツとためる運用方法です。

スワップポイントは基本的に毎日付与され、外貨を保有している期間はずっとスワップポイントをためることができますので、長期間外貨を保有するのがコツです。

なぜスワップトレードがおすすめかと言いますと、一部の高金利通貨は少額で買うことができ、かなり高いスワップポイントを受取ることができるからです。

FXスワップトレーダーから人気のある通貨は、この3通貨です。

  • メキシコペソ円:為替レート約5.5円(スワップポイント約15円/日、1万通貨ごと)
  • 南アフリカランド円:為替レート約8円(スワップポイント約17円/日、1万通貨ごと)
  • トルコリラ円:為替レート約20円(スワップポイント約110円/日、1万通貨ごと)

(2018年現在のデータ)

特にメキシコペソ円はレートが5~6円を行ったり来たりしているため、1万通貨ごとの証拠金はだいたい2200~2400円ですみます。

わたしもメキシコペソを保有しスワップトレードをしています。詳細はトレードの実績公開記事を参照してください↓ (毎週更新しています)

メキシコペソを積立しスワップポイントを貯めるブログ【実績を毎週公開】

また、スワップトレードをする場合、平均的に高スワップ提供のFX口座を利用するのが絶対条件です。というのも、メキシコペソ円でもFX口座が違うと付与されるスワップポイント額が少し違うのです。

スワップポイントをためるのが主な目的のスワップトレードですから、少しでもスワップポイントが高いFX口座を利用しましょう。

ちなみに、メキシコペソ円のスワップポイントが高いFX口座はこちらの記事を参考にしてください。毎月の平均額を調査しランキング形式でお伝えしています↓

メキシコペソ円のスワップポイント月間ランキング【毎月更新中】

資金が少ないならちょっとだけ外貨を買って、コツコツとスワップポイントをためてみましょう。塵も積もれば山となりますよ。

メキシコペソ円でスワップトレードするなら、このFX口座のスワップポイントが業界最高水準です↓

積立投資

FXには外貨を定期積立する投資方法があります。毎月、対象通貨を、お好みの量を買うだけの投資法ですので、資金が少ない人でも気軽に取り組めるのが大きなメリットです。

外貨を定期積立するには2つの選択肢があります。

  • 手動定期積立
  • 自動定期積立

手動定期積立は、文字通り手動で少額の外貨を買いつけていく方法です。外貨が安くなったとき(円高になったとき)を見計らってコツコツと買付けていく。こんな取引スタイルになります。

しかし、手動で買い付けていくのはけっこう手間暇かかるんです。管理人もやっていますが、はっきり言って面倒を感じるときがあります。面倒さを感じないなら手動で良いと思います。

手動は嫌だ、そんな時間はないというなら、自動で定期積立するのも一つの手だと思います。

実は管理人も2016年2月から自動積立で米ドルやその他通貨をコツコツと買付けています。量はそんなに多くありませんが、ドルコスト平均法の効果がでて、平均取得金額をおさえての買付ができています。

言い忘れましたが、その自動定期積立商品の名前は「積立FX」(SBIFXトレード)です。

初めに簡単な取引設定をするだけで、自動で外貨を積み立てることができる投資法なんです。設定するのは、

  • 購入通貨(9通貨から選択)
  • 購入頻度(毎日・毎週・毎月のいずれかを選択)
  • 購入量(毎月の購入量を入力するだけ)

この3つを設定するだけで積立FXを始められます。

積立FXの始め方

これから積立FXを始める場合、始める前に以下の3記事を参考にしてください。とりわけ利用することになるSBIFXトレードのメリットとデメリットをビシッと解説しています。

FX少額取引の注意点2つ

証拠金維持率を高めに維持することで失敗を避けられる
FX少額取引の注意点はこの2つです。

  1. いきなり1万通貨取引で元本割れ
  2. ロスカットぎりぎりの証拠金維持率で取引する

いきなり1万通貨取引で元本割れ

よくある話ですが、いきなり1万通貨単位でFX取引を行ない元本割れする失敗です。

人気のFX業者DMM.com証券は、確かにFX初心者向けのFX口座ですが、1万通貨単位~の取引です。

資金が少ないのに背伸びをしてDMM.com証券を利用し、結果あっという間にロスカット…というのはよくある話です。

上述しましたが、1万通貨単位取引は、レートが±1円で損益が±1万円です。リターンは大きいですが、リスクも大きいのが特徴なのです。

資金が少ないなら少ないで、取引量も少なめにする必要があります。

可能なら1通貨から、どんなに多くても1000通貨単位でFXを始めましょう。

1通貨単位取引でコツコツ利益を上げたいならSBIFXトレードの選択のみ。というのも国内純業者で1通貨単位取引を扱っているのはSBIFXトレードだけだからです。(外資系のOANDA JAPANにも1通貨取引はあります)

1000通貨単位取引の場合、取扱っているFX口座はけっこうありますので、どのFX口座が良いか悩むかもしれません。

お悩みの方はわたしが作成したランキングを参考にしてください↓

FX初心者が失敗しないための少額からできるおすすめFX口座7つ

ロスカットぎりぎりの証拠金維持率で取引する

FX業者によって強制ロスカットレベルが違います。あるFX業者は証拠金維持率100%、あるいは証拠金維持率50%を割り込んだらロスカット、のように規定されています。

いずれにしろ、ロスカットぎりぎりの証拠金維持率で取引をし、朝起きてポジション確認したら強制ロスカットになっていた…という失敗体験談をよく見聞きします。

為替変動をなめてんじゃねーよ!!! (--〆)(チコちゃん風)

FXはレバレッジを最大で25倍きかせられるのが特徴で、少額から取引できるのは確かです。しかし、実効レバレッジが低くなるよう、FX口座内入金額に余裕を持たせるのが絶対条件なのです。実効レバレッジの計算式は

  • 実効レバレッジ=2500÷証拠金維持率

じゃあ証拠金維持率は何パーセントくらいを目安にしてFX取引したら良いのか、と考えますよね。

結論からいいますと、短期トレードは300%以上(実効レバレッジ約8倍)、スワップトレードは1000%以上(実効レバレッジ2.5倍)が目安です。詳細はこちらの記事に書いてあります↓

FXの証拠金維持率は何%なら安心してトレードできますか? | FX初心者

為替レートはときに激しく変動しますので、腰を据えて取引したいなら実効レバレッジが低くなるようFX口座内入金額に余裕をもたせ、証拠金維持率を高めに維持することを心がけてください。

FXの始め方

これからFXを始める、または始めたばかりだけど利益がなかなか増えていかないという方は、こちらの記事を読んでからFXを始めることをおすすめします。

それでは、また。

1通貨から取引したい方はSBIFXトレード↓
数分でサクッと口座開設できます
もちろん無料です^^
SBIFXトレード

みんなのFXも資金が少ない人向け口座です↓
トレイダーズ証券[みんなのFX]