リガトレ週間損益1万6260円 | 想定利回り105%の全取引を公開

2019年3月25日からメキシコペソ円に特化したFXトレード【リガトレ】をやっていますが、5月6日の週はこれまでの週間最高利益となる1万6260円を獲得できました。

リガトレ週次実績記事はこちら↓

メキシコペソに特化したリガノールトレードのコツと実績【毎週公開中】

仮の話ですが、毎週これだけの利益を獲得できた場合、年間想定利回りは105.69%です。

  • (1万6260円×52週)÷投資金額80万円×100=105.69

資産運用でこれだけの利益を出すのはかなり難しく、それなりのリスクがあるのも確かです。

しかし、どのように取引すれば105%もの利回りでFXトレードができるのか、気になりませんか?

この記事では、5月6日~10日までの売買記録を画像付きで公開します。

リガトレの本領発揮を客観的に見てみてください。特に難しいことはせずに利益獲得できることがおわかりいただけると思います。

この記事の要点

  • リガトレの設定詳細
  • 5月6日のトレードレコード
  • 5月7日のトレードレコード
  • 5月8日のトレードレコード
  • 5月9日のトレードレコード
  • 5月10日のトレードレコード

スポンサーリンク


リガトレの設定詳細

現在、このような設定でリガトレしています。

  • 通貨ペア:メキシコペソ円(MXN/JPY)
  • 投資金:80万円
  • 想定レンジ:5.65~6.05円
  • 注文幅:1銭
  • 利益幅:1銭
  • 1注文の注文量2~3万通貨
  • 利用FX口座:セントラル短資FX

なぜこのような設定にしているのか、どのように注文しどのように取引すれば良いのか、特に初めてリガトレする方は分かりにくいと思います。

初心者の方でも簡単にわかるように詳細をまとめた記事がありますので、そちらを参考にトレードを始めてみてください↓

5月6日のトレードレコード

ここからは5月6日~10日のトレードレコードをすべて記載します。

上述した設定に基づいてリガトレした実際の記録を見てみてください。

まずは5月6日のトレードレコードからです。

  • 赤丸:買い
  • 青丸:売り

5月6日リガトレ成立一覧

下に表を添付しました。(下から成立順です。)

上の画像の数字に対応しています。

  • 例:赤丸5=買5
  • 例2:青丸7=売7
約定日時 取引区分 売買 約定レート 約定数量 決済損益
3:38:35 決済 売8 5.85 30000 300
23:59:53 新規 買9 5.85 30000
23:21:58 決済 売7 5.84 30000 300
22:55:50 新規 買8 5.84 30000
22:46:50 決済 売6 5.83 30000 300
21:40:57 新規 買7 5.82 30000
21:26:11 新規 買6 5.83 30000
21:18:10 決済 売5 5.823 30000 300
21:18:10 決済 売5 5.823 30000 300
21:18:10 決済 売5 5.823 30000 300
21:18:10 決済 売5 5.823 30000 300
21:18:10 決済 売5 5.823 30000 300
19:51:01 決済 売4 5.82 30000 300
13:55:26 決済 売3 5.81 30000 300
10:58:34 決済 売2 5.80 30000 300
10:30:50 決済 売1 5.79 30000 300
9:56:33 新規 買5 5.78 30000
9:38:14 新規 買4 5.79 30000
9:21:04 新規 買3 5.80 30000
8:55:25 新規 買2 5.81 30000
7:00:00 新規 買1 5.813 30000
7:00:00 新規 買1 5.813 30000
7:00:00 新規 買1 5.813 30000
7:00:00 新規 買1 5.813 30000
7:00:00 新規 買1 5.813 30000

5月6日早朝は大きな窓開け相場となり、5.83~5.87円の間の5注文すべてが5.813円で新規約定しリガトレが始まりました。

この5つの指値注文が予定より安く買えたのがリガトレ損益に大きな貢献だったのは間違いありません。

5月7日のトレードレコード

5月7日リガトレ成立一覧

画像に対応した表は以下の通りです。

約定日時 取引区分 売買 約定レート 約定数量 決済損益
4:55:14 決済 売4 5.79 30000 300
2:31:40 新規 買10 5.78 30000
2:08:36 新規 買9 5.79 30000
23:23:42 決済 売3 5.80 30000 300
23:16:39 新規 買8 5.79 30000
22:03:16 新規 買7 5.80 30000
21:25:43 新規 買6 5.81 30000
20:10:10 新規 買5 5.82 30000
16:24:16 新規 買4 5.83 30000
15:26:58 決済 売2 5.84 30000 300
14:27:58 新規 買3 5.83 30000
13:30:07 決済 売1 5.84 30000 300
12:00:17 新規 買2 5.84 30000
6:15:52 新規 買1 5.83 30000

下落相場でしたので、決済注文の成立は少ない一日でした。

5月8日のトレードレコード

5月8日リガトレ成立一覧

 

約定日時 取引区分 売買 約定レート 約定数量 決済損益
0:35:59 新規 買6 5.77 30000
0:01:12 決済 売4 5.78 30000 300
22:05:53 新規 買5 5.77 30000
21:50:34 決済 売3 5.78 30000 300
21:21:55 決済 売2 5.77 30000 300
19:11:15 新規 買4 5.76 30000
18:41:22 新規 買3 5.77 30000
17:48:24 新規 買2 5.78 30000
15:58:31 決済 売1 5.79 30000 300
11:00:19 新規 買1 5.78 30000

この日も下落相場で決済成立回数は4回と少なかったですね。

5月9日のトレードレコード

5月9日リガトレ成立一覧

約定日時 取引区分 売買 約定レート 約定数量 決済損益
4:02:54 新規 買14 5.71 20000
3:55:30 新規 買13 5.72 20000
2:49:00 決済 売8 5.73 20000 200
1:46:26 新規 買12 5.72 20000
1:41:17 決済 売7 5.73 20000 200
1:35:42 決済 売6 5.72 20000 200
1:32:04 決済 売5 5.71 20000 200
1:28:38 決済 売4 5.70 20000 200
1:25:11 決済 売3 5.69 20000 200
23:58:42 新規 買11 5.68 20000
23:05:33 決済 売2 5.69 20000 200
22:56:11 新規 買10 5.68 20000
22:45:56 新規 買9 5.69 20000
22:37:54 新規 買8 5.70 20000
22:09:19 新規 買7 5.71 20000
21:48:19 新規 買6 5.72 20000
17:42:19 決済 売1 5.73 20000 200
16:59:34 新規 買5 5.72 20000
16:25:05 新規 買4 5.73 20000
15:30:41 新規 買3 5.74 20000
9:46:01 新規 買2 5.75 20000
9:29:37 新規 買1 5.76 30000

米・トランプ大統領の発言や米中貿易摩擦の影響で為替レートが激しく動いた一日でした。

おかげで決済回数がかなり増えましたね。

ただし、週全体としては下落相場なのでペソ円レートはレンジ中心から下に向かい、一注文の注文量2万通貨のレンジ(5.65~5.75円)でのトレードとなっています。

5月10日のトレードレコード

5月10日リガトレ成立一覧

 

約定日時 取引区分 売買 約定レート 約定数量 決済損益
4:49:36 新規 買7 5.76 30000
4:22:14 決済 売12 5.77 30000 300
2:33:31 決済 売11 5.76 20000 200
2:21:07 決済 売10 5.75 20000 200
1:34:11 決済 売9 5.74 20000 200
1:16:21 決済 売8 5.73 20000 200
23:30:09 新規 買6 5.72 20000
22:39:42 決済 売7 5.73 20000 200
20:33:04 新規 買5 5.72 20000
20:25:04 新規 買4 5.73 20000
19:53:59 決済 売6 5.74 20000 200
18:33:16 決済 売5 5.73 20000 200
16:12:40 決済 売4 5.72 20000 200
16:01:32 決済 売3 5.71 20000 200
13:03:30 新規 買3 5.70 20000
12:03:48 新規 買2 5.71 20000
11:56:33 新規 買1 5.72 20000
10:49:00 決済 売2 5.73 20000 200
9:05:40 決済 売1 5.72 20000 200

以上のように、前もって予約しておいたIFD注文が自動で約定し利益となります。

決済注文が約定したら約定した分のポジションを再注文するだけで、継続して1週間トレードができます。

再注文はスマホアプリで約15秒ほどで完了ですので、難しいことはないですよ。

ただし注文の仕方は慣れる必要がありますし、誤発注すると損失になりかねないので、初めは注文方法をしっかり習得することをおすすめします。

1週間のトレードサマリー

1週間のトレードサマリーは以下の通りです。

1週間のトレードサマリー

保有ポジションは+1銭で利確しますが、利確レートに達さないなら継続して保有しスワップ収益を狙います。

このトレードルールがあるので、サマリーにあるように勝率は100%です(^^♪

コツコツと利益を積み重ねるタイプのFXトレード手法ですが、利益は “ちりも積もれば山となる” のです。

3月25日から始めたリガトレの収益グラフをごらんください。

リガトレ損益グラフ

右肩上がりに収益が増えているのがわかりますね。

トレードルールがあるので、相場が下落してもまったく動揺しません。淡々と利益を重ねていけます。

あなたもリガノールトレードでお小遣いをゲットしませんか?

セントラル短資FXでリガトレする2つの理由

わたしはセントラル短資FXを利用してリガトレをやっていますが、主な理由は2つです。

  • ペソ円スプレッドは業界最狭水準
  • スワップポイントが業界最高水準

リガトレは一日に何回も売買を行うタイプの取引なので、スプレッドの狭さがカギを握ります。

ペソ円を取扱うFX口座の中でスプレッド最狭水準は以下の3社です。

また、各ポジションは決済するまで保有し続けますので、スワップポイントが高いFX口座のほうが収益率が高くなります

現在、スワップポイントが高いFX口座は以下の3社です。

以上、スプレッドとスワップポイントを比較すると、セントラル短資FXかヒロセ通商のスペックがかなり高いです。

スワップポイントはセントラル短資FXのほうが安定しているようなので、今はセントラル短資FXを利用させていただいています。

  • セントラル短資FX
  • ペソ円スプレッド:0.4銭
  • ペソ円スワップ:約16.14円/1万通貨(日)
  • 最低取引単位:1000通貨
  • 1000通貨単位取引手数料:無料

セントラル短資FXのメリットとデメリットは? | スプレッドやスワップの評判

セントラル短資FXの口座開設はこちらから↓↓
数分で申し込めます
もちろん無料です^^
FXダイレクトプラス