2017/09/20

FX初心者 | 許容スリッページにこだわり過ぎた本末転倒な結末とは

FX口座を選別する上でどうしても気になるのがスリッページ。

ほとんどのFX口座で許容スリッページを設定できるわけですが、それにこだわり過ぎるとFXトレードの本質を見失う可能性があるんです

あるFX初心者の本末転倒な結末から、許容スリッページに対する正しい見方を学んでおきましょう。

スポンサーリンク


FX初心者が許容スリッページにこだわり過ぎた本末転倒な結末とは

ご存知かと思いますが、FXトレードにおける「スリッページ」の意味をおさらいしておきます。

FX初心者-許容スリッページにこだわり過ぎた本末転倒な結末とは

スリッページとは

スリッページとは、注文レートから乖離して約定することです。

スリップする、という意味合いから「スリッページ」と名付けられており、ブログサイトやSNSでは通称「すべる」と言われています。

たとえば、USD/JPY(ドル円)通貨ペアを取引しているとします。買いレートが【108.2498】のときにストリーミング注文で発注しましたが、実際に約定したレートは【108.2598】でした。

  • 買い注文レート【108.2498】⇒買い約定レート【108.2598】

このケースでのスリッページは1銭というわけです。

仮に1万通貨取引だった場合、1銭のスリッページによる損失額は100円になります。同様のスリッページが10回起これば1,000円の損失、100回で1万円の損になりますから、スリッページを軽く見ることはできません。

すべらないFX口座は皆無に等しい

ならばスリッページがないFX会社を利用してFXトレードがしたいと思うところでしょう。

しかし、すべらないFX口座は皆無に等しいのです。FX業界で約定率N0.1(矢野経済研究所調べ)と言われているマネーパートナーズでさえも、スリッページはあります。

そこで大切になってくるのがスリッページ対策。

注文画面にて許容スリッページを設定することで、スリッページによる損失額を少なくするわけです。

実際の注文画面を見てみましょう。

SBIFXトレードの2WAY注文ツールになりますが、画像上での取引レートは、

  • 売り:108.2471
  • 買い:108.2498
    (USD/JPY)

このようになっています。下の赤線の囲みにあるように、許容スリッページは0.03円(3銭)です。

要は、108.2498円で買い注文をしたとき、108.2798円まですべっても注文を約定させてかまわない、という意思表示をすることになります。言い換えると、3銭を超えたレートでは約定しないでください、という意味なのです。

1万通貨取引で3銭すべると300円の損失です。トレーダーによっては3銭もすべっては嫌だと思うかもしれません。それなら、許容スリッページをもっと狭く設定すればOKです。

余談ですが、スリッページは有利にすべることもあります。上述した例は不利なケースでしたが、たとえば、

  • 買い注文レート【108.2498】⇒買い約定レート【108.2398】

この場合、1銭有利にすべったことになります。有利なスリッページを認めていないFX会社もありますから、有利なスリッページを認めているFX口座を利用するほうがお得です。

有利なスリッページを認めているおすすめのFX会社⇒SBIFXトレードヒロセ通商

スリッページの度合いを調べたFX初心者

不利なスリッページが連発すればコスト的に不利ですから、スリッページの度合いを徹底的に調べたFX初心者がいます。

その調べ方は、成行注文(またはストリーミング注文)か指値注文における注文レートと約定レートをすべて記録していくという方法です。

それで実際にどれほどスリッページが発生し、スリッページにおける損失額を算出していきました。利用FX会社にお願いしても断られたらしいので、仕方なく自分でやったとか。(そりゃ断られます)

彼はデイトレード手法で取引していたので、ほぼ毎日記録を付けたそうです。3つのFX口座で記録した結果は、

  • どんぐりの背比べ

でした。そして、肝心なトレードでは大きくマイナスに…

FX口座を研究するのは個人の自由です。コスト負担が少ないほうがお得なのは間違いありませんから。しかし、結果云々というよりも、FXトレードの根底にある大切なことを忘れていると考えさせられました。

FXトレードの根底にある大切なことを忘れているFXトレーダー

FXトレードの技術を磨くほうが重要

管理人に言わせると、本末転倒じゃないかと

FXトレードはコスト負担減が目的ではなく、如何に収益率を高めるかが重要ではないでしょうか。

スリッページの程度に注目するのは決して悪いことではないのですが、トレードの目的がスリッページの研究って…。

そんな時間があるなら、トレード技術の向上と収益率を高める方法を研究したほうがより有利かと。

FXトレードなら1回の取引で数万円稼ぐのも夢ではありません。そのくらい稼げるようになれば、スリッページでの50円、100円の損失、気にならないはずです。

お断りですが、これは持論です。節約を心がけたいなら2、3か月かけてFX各社のスリッページの程度を研究しても良いと思います。

でも、私はやりません。

スリッページがひどい会社がある、ない、という噂は絶えません。しかし、FX口座を10口座以上開設している私に言わせれば、どこもどんぐりの背比べですよ。

確かにマネーパートナーズは少し秀でている感がありますが、個人的にはFX各社に大きな違いはないかと思っています。

もちろん、経済指標発表のときに、スプレッドの広がり具合でFX口座の違いが出ることがあるのは認めます。

しかし、“通常” の取引ではどこのFX口座でも遜色ありません。FX口座の選別では、スリッページよりももっと大切な項目を基準とすることをおすすめします。

さいごに

スリッページが少ないほうが有利なのは間違いありません。コスト面だけでなく、スリッページが少ないほうがストレスフリーでトレードできます。ですから、スリッページに注目するのは大切です。

しかし、何か月もかけて研究するようなことではありません。そんな暇があるなら、トレードの腕を磨きましょう。

ちなみに、管理人はスリッページの程度を研究したことはありません(笑) ただし、有利なスリッページを認めている優良会社を好んで利用しています。

スリッページを研究せずとも収益を上げることは可能ですから、時間を浪費せずにトレードそのものでしっかり収益を上げられるように取り組んでみてください。

それでは、また。

有利なスリッページを認めているSBIFXトレード↓
SBIFXトレード(FXLP)

数少ない優良会社の「ヒロセ通商」↓
FX取引ならヒロセ通商へ