2018/07/13

FX通貨ペアのクロス円とストレート通貨とは? その意味と意外な仕組み

FX取引でトレードする通貨ペアについて見ていると、「クロス円」や「ストレート通貨」というFX用語を見聞きすると思います。

このクロス円やストレート通貨とは何のことでしょうか? この用語の意味や仕組みを知っているのと知らないのでは、今後のFX取引に大きな影響を及ぼします。

FX通貨ペアのクロス円とストレート通貨についてしっかりと銘記し、これからどの通貨ペアで取引すべきか決める上で参考にしてください。

スポンサーリンク


FX通貨ペアのクロス円とストレート通貨とは? その意味と仕組み

この記事では、以下の3点について見ていきます。

  • ストレート通貨とは
  • クロス円とは
  • FX初心者向けの通貨ペア

ストレート通貨とは

ストレート通貨とは、米ドルと直接(ストレートに)取引する通貨ペアのことです。

  • 米ドル/円
  • ユーロ/米ドル
  • 豪ドル/米ドル
  • NZドル/米ドル

などなど。これら通貨ペアの総称が「ストレート通貨」であると理解しておいてください。

また、関連ネットサイトにおいてストレート通貨のことを略してストレートと呼ぶこともありますが、ストレート通貨とストレートは同じ意味ですので誤解しないよう注意しましょう。

そもそも、なぜストレートなのでしょうか? なぜ米ドルと “ストレート” に取引するのでしょうか?

理由はいたってシンプルですが、米ドルは基軸通貨だからです。外国為替取引が行われるインターバンク市場では、米ドルといくつかの通貨はその他通貨を介さずに直接取引されています。

上で挙げたように、米ドルとユーロ、米ドルと円、米ドルと豪ドルというようにインターバンク市場で取引されているのです。

それを根拠として「ストレート」と呼んでいるわけですね。

基軸通貨の話をするとかなり奥深いのですが、ここでは簡単にまとめておきます。

基軸通貨は国際通貨の中心的役割を担い、為替や国際金融取引で採用されている通貨のことです。1920年代までは英ポンドが基軸通貨でしたが、それから今に至るまでは米ドルが基軸通貨となっています。

これからは米ドルが基軸通貨だ! という動きがあって英ポンドに取って代わったわけではなく、世界の各方面でアメリカ国や米ドルが強さを発揮した結果、徐々に米ドルが基軸通貨となった、というイメージです。

クロス円とは

クロス円とは、基軸通貨の米ドルを介して取引が行われる通貨ペアのことです。

インターバンク市場では、ストレート通貨以外は直接取引されることがほとんどありません。たとえば、

  • トルコリラ/円
  • 英ポンド/円
  • 豪ドル/円
  • NZドル/円

これら通貨ペアはほとんどの場合、米ドルを介して取引されます。一例を挙げると、NZドル/円取引を行う場合、

  1. 円売って米ドルを買う
  2. 米ドル売ってNZドルを買う

この取引がNZドル/円トレードの実態です。見た目は日本円を売ってNZドルを買う取引ですが、実は米ドルがこの取引のつなぎ役となっているのです。

これら米ドルを介して取引を行う通貨ペアをクロス円と言い、時々「クロス」と呼ぶこともあります。クロス円とクロスの意味は全く同じです。

また、なぜ “クロス” という言い方をするようになったかと言いますと、かけ算でレートが算出できるから、のようです。

たとえば、上で挙げたNZドル/円の例ですが、NZドル/円は「米ドル円レート×NZドル/米ドル」で計算できます。

みんなのFX(トレイダーズ証券)

  • 米ドル円109.962×0.70384=77.395

理論から言うと、今のNZドル/円レートは77.395円前後のはずです。同じくみんなのFXのレートを見てみると、

みんなのFX(トレイダーズ証券)

77.392円となっています。スプレッドの都合がありますから多少の前後がありますが、ほとんど差はないですよね。

この計算と原則はいつでも同じで、この計算式に基づいて算出すれば近い数字がでるでしょう。

FX各社の為替レートはインターバンク市場で取引されているリアルタイムレートに基づいて提供されていますので、どこのFX口座でもほとんど同じレートが提示されている理由がここにあるんです。

クロス円の意味とその仕組みについて、お分かりいただけたと思います。

FX初心者向けの通貨ペア

FX初心者がこれからFX取引を始めるなら、おすすめの取引通貨ペアはストレート通貨です。

その理由は、

  • ストレート通貨のほうがテクニカル分析がしやすい(テクニカルに忠実な動きをする)
  • ストレート通貨は流動性が高い(基軸通貨は世界中で取引されるため)
  • ストレートは単純に2通貨の相対取引なのでファンダメンタル分析が容易(クロス円は米ドルとの兼ね合いもあるので分析が複雑)

これらの理由により、初めはストレート通貨から取引を始めるのが良いと思っています。取引に慣れたらクロス円にトライしても遅くはないですよ。

FX通貨ペアのクロス円とストレート通貨 まとめ

FX通貨ペアのクロス円とストレート通貨について理解を深めることができたと思います。

  • ストレート通貨とは米ドルと直接取引する通貨ペアのこと
  • クロス円とは基軸通貨の米ドルを介して取引が行われる通貨ペアのこと

FX初心者はストレート通貨からトレードを始めるのがベターかと。

それでは、また。

FX初心者向け口座
外為どっとコムの詳細はこちら↓

こちらも初心者向けです↓
トレイダーズ証券[みんなのFX]