FX初心者がFX口座開設するときに欠かせない3ステップ【口座開設の仕方】

   2016/11/08

「FX初心者がFX口座開設するときに欠かせない3ステップ」シリーズ。今回は完結編として、口座開設の仕方を具体的にご紹介します。

ステップ1:FX初心者に大切な要素を学ぶ
ステップ2:大切な要素が組み込まれているFX口座をピックアップ ←前回
ステップ3:ピックアップした口座から好みとニーズに応じて開設申請 ←今回

FX口座開設方法

FX口座開設の仕方

1.開設したいFX口座をピックアップ

前回の記事の中で、取引手法に合ったFX口座をピックアップし、デモトレードで取引ツールの利便性や機能性をチェックしたあと口座開設する、ということでした。

お好みの口座が複数ある場合はどうするか。口座開設手数料や維持手数料は一切かかりませんから、一つに絞らなくて良いかと。

ちなみに筆者は、最強FX口座を求めて10口座以上開設済みです。どのFX口座がおすすめ? それはまたの機会に。

2.お目当てのFX口座バナーをクリック、開設申込フォーム入力

開設するFX口座が決まったら、開設バナーをクリックし申込フォームページに行きましょう。たとえばヒロセ通商の口座開設バナーはこんな感じです↓

FX取引ならヒロセ通商へ

クリックすると、以下のような申込フォームページへ飛びます。(以下の画像はヒロセ通商の申込フォームです。参考までに)

画像元:https://accounts.hirose-fx.co.jp/hirose_desktop_person

画像元:https://accounts.hirose-fx.co.jp/hirose_desktop_person

必須項目をすべて入力します。キーポイントが一つ。どのFX会社で申込むにしても、以下のような項目が必ずあります。

画像元:https://accounts.hirose-fx.co.jp/hirose_desktop_person

画像元:https://accounts.hirose-fx.co.jp/hirose_desktop_person

そう、「投資目的について」。もし、「リスクを一切考慮せずに取引したい」を選択したら、審査は通らないと思われます。

通らなかったら嫌なので、筆者は選択したことがありません。もちろん、リスクを考慮せずに取引したいとは全く思っていませんけどね(-_-;)

全ての必須項目に入力したら、あとは送信するだけです。

3.本人確認書類送付

次は、本人確認書類の送付です。なぜ本人確認書類を送付するのか。それは、申込者が本人であることを証明するためです。

そして、重要なポイントは、申込フォームに入力した住所と本人確認書類に記載されている住所が一致すること。住所が違うと審査は通りません。

引越しなどで住所変更手続きをしていない人は、まず住所変更手続きを行ないましょう。ちなみに、本人確認書類として利用できるものは、

・運転免許証
・各種健康保険証
・パスポート

などです。運転免許証の住所変更がまだのひとは、最寄りの警察署へ。

借金逃れで夜逃げしてきたため、住所変更ができない? そういう人は100%審査通過不可、FX口座の開設ができませんので、まずは人生の方向性を変更しましょう。

本人確認書類送付の仕方は幾つかあります。

1.申込フォームに画像を添付
2.メールで送付
3.郵送
4.FAX

ちなみに、ヒロセ通商では申込フォームにて書類送付方法が選択できるようになっています。

画像元:https://accounts.hirose-fx.co.jp/hirose_desktop_person

画像元:https://accounts.hirose-fx.co.jp/hirose_desktop_person

他のFX会社でもだいたい一緒です。言うまでもなく、一番便利なのは入力フォームに書類画像を添付し送信する方法です。あらかじめ書類をスキャンしデータをPC内に保存しておけば問題ありません。

注意点は、画像が鮮明であること。そして、運転免許証の裏側に変更記載がある人は、裏面の画像も必ず送付することです。

FX会社によっては、スマホでの写真でもOKとするところがありますが、画像が鮮明であることが条件なのは変わりありません。

4.審査

申込フォームと本人確認書類がFX会社側に届くと、審査が始まります。「この人にFX口座を開設させて大丈夫かな」と、色々な面から審査します。

クレジットカードやキャッシングの審査ほどは厳しくない印象です。裏事情を言えば、お客がFXで損失を出してもFX会社に損失はありませんからね。

でも、できるだけ長く取引してもらいたいというのも本音。収入が安定している人、投資経験がある人などは審査で有利だと思われます。

5.ユーザーIDとパスワード受取り

審査通過すると、簡易書留でユーザーIDとパスワードが郵送されてきます。家族の人が受け取っても問題ありません。

FX口座ID・パスワード

開けると、ID・パスワードの他に広告も入っていました。

FX口座開設

ホームページ、または専用取引ツールを開き、IDとパスワードを打ち込めばログインできます。

6.口座へ入金

取引を始める前に、FX口座へ入金が必須です。そりゃそうですね。口座内にお金が入っていないと、取引はできません。

一番便利なのは、ネットバンクを利用してFX口座へ入金する方法です。あらかじめネットバンクを開設しておくと便利です。

ただし、FX口座によっては提携しているネットバンクが限定されています。そうすると、銀行ATMから振込むといったアナログな方法で入金しなければなりません。

FX口座開設前に提携バンクを確認しておくと、スムーズに取引を始められます。

入金完了したら、取引開始です!

ちなみに管理人のメインネットバンクは楽天銀行です。楽天スーパーポイントもたまるので愛用しています。

楽天銀行の詳細を見る⇒楽天銀行オフィシャルサイト

FX口座開設の仕方 まとめ

  1. 開設したいFX口座をピックアップ
  2. お目当てのFX口座バナーをクリック、開設申込フォーム入力
  3. 本人確認書類送付
  4. 審査
  5. ユーザーIDとパスワード受取り
  6. 口座へ入金

口座開設は想像以上に簡単にできます。

筆者は審査に1回だけ落ちたことがありました。某外資系FX会社です。落ちた理由は分かりませんけどね。別に気にしてませんけどね(--〆)チッ

ヒロセ通商の口座開設はこちらから↓
FX取引ならヒロセ通商へ

FX初心者向けSBIFXトレードの詳細はこちら↓
限定タイアップキャンペーン中!
口座開設+取引でAmazon券3000円分受取れます!!
SBIFXトレード(FXLP)

FXで負けないために真面目に選んだ、少数単位で取引できるFX口座7つ
記事概要:勝てるFX口座というものはありませんが、負けないために活用すべきFX口座はあります。FX初心者が利用すべきFX口座を厳選して紹介した記事です。ぜひ、一読を。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket