深夜営業を再開したすき家に行って、ゼンショー(7550)を視察してきた

   2015/12/05

すき家が深夜営業を再開し始めましたね、全店ではないようですが、近所のすき家も深夜営業が始まっています。

すき家を運営しているのはゼンショー(7550)です。そこで、すき家に行って、ゼンショーの株は買いかどうか視察してきました。

ZENSHO-すき家

牛丼並盛290円セール開催中のすき家を視察

このタイミングですき家に行ったのには理由があります。

 

すき家メニュー

そう、肉祭りというキャンペーン開催中で、牛丼並盛350円290円なんです。

ゼンショー、人の心理を突く経営テク

私見ですが、ゼンショーの経営テクは人の心理を突いているなぁ、と。

最初に、期間限定で牛丼並盛290円セールを実施しました。そしてキャンペーン期間終了直前に、大好評につきセール期間を2週間延長!としたのです。

初めから「1カ月間のセール」とすると、きっとこう思うはず。

「1カ月のうち1回行こう」と。

でも2週間セールなら、「2週間のうち1回行こう」と思います。しかし、セールが延長となれば、「じゃあもう1回行こう!」ってなりますよね。

つまり、1カ月間のセールにするより、2週間×2回のセールのほうがお客が倍に増えるというわけです、単純計算ですが。

人の心理を突いた上手い経営テクだと感じました。すき家の10月の売上額はかなり期待して良いかと。

牛丼並盛+玉子セットをいただきました

ちなみに私が注文したのは、牛丼並盛+玉子セット(確か400円ちょうど)です。

 

すき家牛丼並玉子セット

玉子、七味、紅ショウガをたっぷりかけていただきました。

ゼンショー(7550)の株主優待概要

画像元 https://www.zensho.co.jp/jp/

画像元 https://www.zensho.co.jp/jp/

 

  • 【ゼンショー(7550)】
  • 会社概要:外食を積極運営する会社。すき家が収益の柱。
  • 取引市場:東証1部
  • 権利確定月:3月末、9月末
  • 株価:1,488円
  • 単元株数:100株
  • 配当:8円
  • 株主優待:100株以上300株未満保有で1,000円分の優待券(年2回)
  • 利用対象店舗:すき家、ココス、宝島、エルトリート、牛庵、いちばん、ビッグボーイ、ヴィクトリアステーション、九兵衛屋、なか卯、はま寿司、ジョリーパスタ、華屋与兵衛

(15年12月6日現在の情報)

典型的な優待銘柄で、深夜営業が長らく停止になっていたにも関わらず株価は1,000円以上をキープしています。

配当利回りは0.53%と、配当には力を入れていないことがよく分かります。優待利回りは1.34%、配当と合わせた総利回りは1.87%です。高利回りとは言えませんが、年間2,000円分の優待券は “美味しい” です。

ブラック代表が今後どう変わっていくか

過酷な労働勤務時間によって “ブラック” の代表的企業となってしまったすき家のゼンショー。

 

すき家24時間営業中

ほとんどのすき家では、二人体制による深夜営業が再開しています。今後、ゼンショーがどう変わっていくかが見ものです。

 

手数料0円で株取引をする方法があります↓
【保存版】 GMOクリック証券口座で株式売買手数料0円にする株主優待活用術!

取引手数料が格安、イチオシの証券口座です↓

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket