トップカルチャー(7640)の株主優待と蔦屋書店がどんなもんか調べてみた

   2015/11/29

TSUTAYAが株主のトップカルチャー(7640)は蔦屋(つたや)書店を運営しているんですよね。株主優待や配当も設定されているトップカルチャー(7640)。どんなもんか調べてみました。

トップカルチャー(7640)

蔦屋書店に行ってみた

取材のついでに蔦屋書店に行ってみました。

 

トップカルチャー(7640) 蔦屋書店概観

ご覧の通り、TULLY’S COFFEE併設の蔦屋書店があるんですよね。コーヒー飲みながら読書。イイじゃないですか。

 

トップカルチャー(7640) 蔦屋書店店内

蔦屋書店店舗内に併設されているTULLY’S COFFEE。落ち着いた雰囲気で、ゆっくり本を読みたくなります。

さて、カプチーノでも飲みながらゆっくり本を読ませていただきましょう。

 

トップカルチャー(7640) 蔦屋書店 コーヒー1

そうそう、店内に購入前の本を持ち込んで読んでいいんですよ、蔦屋書店は。太っ腹ですね~。でも売上の妨げにはならないのか、些か疑問は残ります。

 

トップカルチャー(7640) 蔦屋書店 コーヒー

今日は店舗入口付近に置いてあったコーヒーの本を読んでみます。全国のお洒落なカフェの特集がありました。くつろぎますねぇ。

この時間は、プライスレスです、まさに。

恒例のトイレチェックを

おっと、今日もやりましょう。恒例のトイレチェックです。上場企業のトイレは清潔でないと。重要ポイントです。

 

トップカルチャー(7640) 蔦屋書店店内トイレ1

おっ。

 

トップカルチャー(7640) 蔦屋書店店内トイレ2

小・大便器ともに合格です。床も綺麗で寝っころがりたくなるほどきれいですよ。

蔦屋書店の印象は?

大型書店として好印象でした、かなり。トイレを含め店舗内は清潔感があふれていますし、カフェが併設ですので集客力も強いかと思います。

ただし、タリーズ併設がどれだけ売上に貢献しているかは分かりませんね。売上に繋がる何か独自システムがあるのならば、今後の成長を期待できるかもしれません。

トップカルチャー(7640)の会社概要と株主優待

画像元 http://www.topculture.co.jp/

画像元 http://www.topculture.co.jp/

  • 会社概要:書籍、CD、DVDなどを販売する蔦屋書店運営の会社。専用アプリで集客対策中。
  • 取引市場:東証1部
  • 現在株価:481円
  • 単元株数:100株
  • 権利確定月:10月
  • 配当:15円
  • 株主優待:
    ・500株以上1500株未満保有(保有年数1年未満)でTSUTAYAギフト券500円分2枚
    ・500株以上1500株未満保有(保有年数1年以上)でTSUTAYAギフト券500円分3枚
    ・1500株以上保有(保有年数1年未満)でTSUTAYAギフト券500円分4枚
    ・1500株以上保有(保有年数1年以上)でTSUTAYAギフト券500円分6枚

(2015年11月4日現在の情報)

 

配当は15円ですから、配当利回りは3.11%となかなか高めです。

株主優待は最低でも500株の保有が条件ですから、現在株価で240,500円の投資金が必要になります。240,500円の投資金で1,000円分のギフト券、配当利回りは0.41%です。優待よりも配当に力を入れている会社ですね。

私見ですが、優待利回りは高くないのですから、500株買って株主優待を狙うよりは、100か200株買って配当だけを狙ったほうが効率的な投資かと思います。

株主優待は思い切って無視しちゃいましょ。TSUTAYAが大好き、タリーズとコラボの蔦屋書店が大好きでたまらん! という方以外は、株主優待は要らないかと。

最寄りの蔦屋書店検索はコチラ

それでは、また。

 

取引手数料が格安、イチオシの証券口座です↓

手数料0円で株取引をする方法があります↓
【保存版】 GMOクリック証券口座で株式売買手数料0円にする株主優待活用術!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket