フィンテックに本格参入か 総合リース最大手オリックス(8591)の株主優待はコチラ

   2016/01/16

3月の権利確定月が近づくとオリックス(8591)の株主優待を検索する人が増えるのも当然、オリックスは充実の株主優待を設定しており、相変わらずの人気優待銘柄です。

総利回りは株価次第では6%越え。さっそくオリックスの会社概要と株主優待に注目してみましょう。

画像元 http://www.orix.co.jp/grp/

画像元 http://www.orix.co.jp/grp/

オリックス(8591)の会社概要と株主優待

まずは、オリックス(8591)の会社概要と株主優待を見てみます。

  • オリックス(8591)
  • 会社概要:海外へも事業を展開する総合リース最大手企業。金融サービス、メンテナンスリース、不動産などを手がける。
  • 取引市場:東証1部
  • 現在株価:1602.5円
  • 単元株数:100株
  • 権利確定月:3月:9月
  • 配当:45円
  • 株主優待:3月は一律でふるさと優待と株主カード、9月は同じく一律で株主カードを贈呈
  • ふるさと優待:カタログの地域特産品を1品選択(5,000円相当)
  • 株主カード
    ・京都水族館、すみだ水族館、新江ノ島水族館の入場料10%OFF
    ・オリックスレンタカー割引
    ・ふぐ料理「春帆楼」1ドリンクサービス
    ・ゴルフ場でのドリンクサービス
    ・オリックス・バッファローズ公式戦優待

(2016年1月14日現在)

オリックスの優待、かなりの充実度です。どれか一つを選択ではなく、どれも利用可ですから。ただ、ふぐ料理を食べに行くか、またはレンタカーするかは微妙なところですが。ニーズに合った人だけの利用になるでしょう。ゴルフや野球観戦も同じです。

水族館の入場料10%OFFは家族向けと言える内容です。子どもがいるお父さんお母さんには嬉しい内容ではないでしょうか。

3月、9月とも株主優待カードはもらえますが、ふるさと優待は3月のみ。5,000円相当の商品ですから、オリックス株を狙うならやはり3月がベストです。

配当利回りと優待利回り

配当利回りと優待利回りのチェックです。

  • 配当利回り:2.80%
  • 優待利回り:3.12%
  • 総利回り:5.92%

オリックス、太っ腹です。配当も高め、優待利回りも高め。この優待利回りはふるさと優待の5,000円分だけを計算しています。株主優待カードでの優待利用分も入れると、総利回りは確実に6%オーバーです。これは狙い目ですね。

オリックス(8591)の株主優待

オリックス、フィンテック事業に本格参入か

2016年1月のはじめ、「オリックスがフィンテック事業に本格参入する」と一部メディアで報道されていました。

報道の真相がまだ見えない部分がありますが、火のないところに煙は立たず。実際、フィンテック関連ベンチャーの買収または投資を推進していくとも言われています。

2016年株式市場のテーマの一つとして掲げられているのが、フィンテック。オリックスという大企業が本気でフィンテックに参入するとしたら、企業価値がさらに高まり、中国株安の影響で下げた株価も上昇に転じる可能性が高いと見ています。

参考になれば幸いです。

 

手数料0円で株取引をする方法があります↓
【保存版】 GMOクリック証券口座で株式売買手数料0円にする株主優待活用術!

取引手数料が格安、イチオシの証券口座です↓

開設数No.1口座はSBI証券↓

筆者のメイン口座は楽天証券↓

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket