【保存版】 GMOクリック証券口座で株式売買手数料0円にする株主優待活用術!

 

どの証券口座を利用するにしても、株式売買にはたいてい取引手数料がかかります。

10万円以下の株式売買でしたら、松井証券口座を利用すれば取引手数料は0円ですが、それは例外。たいていは1回の売買で100円~200円の取引手数料がかかります。

しかし、その取引手数料を0円にする方法があります。その方法を詳しくご紹介します。

GMOクリック証券の取引手数料無料

株式取引手数料を無料にする方法

株式取引にかかる手数料を0円にする方法の概要は以下の通りです。

  1. GMOクリック証券で証券口座を開設
  2. 開設したGMOクリック証券口座でGMO関連株を購入する
  3. 獲得した株主優待で株式取引手数料が0円になる(取引上限あり)

取引手数料を0円にする主な方法は、以上の手順を踏むことになります。GMOクリック証券限定の方法ですが、取引手数料が0円ですから試してみる価値は大いにあると思います。

では、以下、取引手数料0円にするための手順の詳細になります。

1)GMOクリック証券で証券口座を開設

先ずはGMOクリック証券口座を開設するのが先決です。GMOクリック証券口座を保有していることが前提で、今後の株式売買もGMOクリック証券で行なうことになります。

まだGMOクリック証券口座を持っていない方は、こちらから簡単に開設できます↓

2)開設したGMOクリック証券口座でGMO関連株を購入する

ここからがかなり重要なステップになります。GMOクリック証券口座を開設したら、その証券口座でGMO関連株を購入します。

(後述しますが、紹介する株主優待はその関連株買付時の手数料もキャッシュバック対象になります。)

なぜGMOクリック関連株を買うのかと言いますと、それら株には株主優待が設定されているのですが、その優待内容が「GMOクリック証券における売買手数料について、規定の上限以内で手数料相当額をキャッシュバック」というものだからです。

つまり、規定の範囲内ならいくら売買しても手数料は0円になる、ということです。

その株主優待を設定している銘柄は、以下の5銘柄になります。(データはすべて2015年11月下旬のもの)

GMOアドパートナー(4784)

  • 取引市場:ジャスダック
  • 会社概要:GMO傘下のネット広告会社
  • 権利確定月:6月・12月
  • 最低購入価格:46,500円
  • 配当:なし
  • 株主優待:100株以上保有者に年2回、以下の株主優待を贈呈
    ・GMOクリック証券におけるGMOアドパートナーズ株の買付取引手数料キャッシュバック
    ・GMOクリック証券における売買手数料について3,000円を上限にキャッシュバック
    ・対象取引:現物取引、信用取引、先物・オプション取引、FXネオ取引、クリック365取引)

GMOクラウド(3788)

  • 取引市場:東証1部
  • 会社概要:GMO傘下で、サーバー管理と電子認証提供を行なう
  • 権利確定月:12月・6月
  • 最低購入価格:78,600円
  • 配当:14円
  • 株主優待:100株以上かつ6カ月以上継続保有の方に年2回、以下の株主優待を贈呈
    ・GMOクリック証券におけるGMOクラウド株の買付取引手数料キャッシュバック
    ・GMOクリック証券における売買手数料について3,000円を上限にキャッシュバック
    (対象取引:現物取引、信用取引、先物・オプション取引、FXネオ取引、クリック365取引)
    ・指定のGMOクラウドグループ提供サービスの基本利用料キャッシュバック(2サービスまで、上限5,000円まで)

GMOクリックホールディングス(7177)

  • 取引市場:ジャスダック
  • 会社概要:GMOインターネットグループ傘下の金融会社。GMOクリック証券を運営。
  • 権利確定月:6月
  • 最低購入価格:83,200円
  • 配当:21.98円
  • 株主優待:100株以上保有者に以下の株主優待を贈呈
    ・GMOクリック証券におけるGMOクリックHD株の買付取引手数料キャッシュバック
    ・GMOクリック証券における売買手数料について3,000円を上限にキャッシュバック
    (対象取引:現物取引、信用取引、先物・オプション取引、FXネオ取引、クリック365取引)
    ・「モウカレーうどん」3個

GMOインターネットグループ(9449)

  • 取引市場:東証1部
  • 会社概要:レンタルサーバーなどのネットサービスや広告を運営
  • 権利確定月:12月・6月
  • 最低購入価格:189,800円
  • 配当:37円
  • 株主優待:100株以上保有者に年2回、以下の株主優待を贈呈
    ・GMOクリック証券におけるGMOインターネットグループ株の買付取引手数料キャッシュバック
    ・GMOクリック証券における売買手数料について5,000円を上限にキャッシュバック
    (対象取引:現物取引、信用取引、先物・オプション取引、FXネオ取引、クリック365取引)
    ・GMOくまポンギフト券2,000円分

GMOペパボ(3633)

  • 取引市場:ジャスダック
  • 会社概要: レンタルサーバーサービスやネット店舗構築・販売支援を手がける
  • 権利確定月:6月・12月
  • 最低購入価格:407,500円
  • 配当:なし
  • 株主優待:100株以上保有者に年2回、以下の株主優待を贈呈
    ・GMOクリック証券におけるGMOペパボ株の買付取引手数料キャッシュバック
    ・GMOクリック証券における売買手数料について1,500円を上限にキャッシュバック
    (対象取引:現物取引、信用取引、先物・オプション取引、FXネオ取引、クリック365取引)
    ・おさいぽ!ポイントとGMOとくとくポイントのいずれかを1,500ポイント

以上5銘柄のいずれかを保有し株主優待を獲得すれば、最低でも1,500円分以上の株式取引手数料が0円になります。

また、以上5銘柄をGMOクリック証券で買付するときの取引手数料もキャッシュバックになり、手数料は実質0円です。

GMOクリック証券の公式サイトはコチラです↓

GMO関連でも買ってはいけない株4つ

上で5銘柄を紹介しましたが、どれを買うかはお好みで。とにかく安い株が良いというならGMOアドパートナー(4784)が断然おすすめです。

または配当にも興味があるという方には、お手頃価格で買えるGMOクラウド(3788)GMOクリックホールディングス(7177)が狙い目かと思います。

一つ注意点ですが、GMO関連の上場企業で株主優待を設定していない会社があります。そちらの株を買っても手数料は0円になりませんので注意してください。その4銘柄は以下の通りです。

  1. GMOリサーチ(3695)
  2. GMOペイメントゲートウェイ(3769)
  3. GMO TECH(6026)
  4. GMOメディア(6180)

GMOクリック証券での取引手数料を0円にするのが狙いなら、この4銘柄は無視で。

他のGMO銘柄の株主優待と併用できます!

株主優待でGMOクリック証券の取引手数料が無料になる銘柄を5つ紹介しましたが、それら株主優待は併用できます

GMOクリック証券で徹底的に取引し、かつ取引コストを抑えたいという方は、複数の銘柄を買うのもありかと思います。

本当に併用できるのか、各GMO関連会社に問い合わせてみました。すると…

『併用は可能です。ただしキャッシュバックの金額については、売買手数料を重複して算出されることはございません。

キャッシュバック例:GMOインターネットグループの株式を2社保有し、優待適用期間における売買手数料が6,000円だった場合⇒キャッシュバック金額は6,000円となります。(上限3,000円×2社の合計をキャッシュバックいたします。)』

…とのこと。

つまり、上で挙げた5銘柄のうち2銘柄の株主優待を獲得し、GMOクリック証券で株取引をしたとします。取引手数料が合計1,500円だった場合、両方の会社から1,500円ずつキャッシュバックされることはない、ということです。

いずれにしろ、「上限3,000円分の取引手数料がキャッシュバック」の優待銘柄を2つ保有しているなら、GMOクリック証券での取引が最大6,000円分まで無料で取引できるということです。

FX取引手数料は実質無料にならない

GMOクリック証券といえば、取引高世界1,2位をDMM FXと争う有数のFX会社でもあります。

このGMO関連銘柄の株主優待を活用しても、FX取引手数料は実質無料になりません

というのも、FX取引手数料はもともと0円で、スプレッドという形で取引手数料がかかっていますよね。しかしスプレッドは取引手数料という名目ではないので、FX取引をしてもスプレッド分がキャッシュバックされることはありません。

FX関連でキャッシュバックになるのは、ロスカット手数料。つまり、含み損が大きくなって強制決済のときにかかる500円が無料になるということです。

スプレッド分は取引者が負担するもの、という点に注意です。

GMOクリック証券で手数料0円で株式取引する方法 まとめ

  1. GMOクリック証券で証券口座を開設
  2. 開設したGMOクリック証券口座でGMO関連株を購入する
  3. 獲得した株主優待で株式取引手数料が0円になる(取引上限あり)

さて、以上の方法で株式取引手数料を0円とし、コストを気にせず取引したいところです。さっそく試してみてください。

 

GMOクリック証券の詳細はコチラです↓

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket