ドトール・日レスHD(3087)の株主優待 | 朝食はボリューム満点でした

   2016/07/27

ドトール・日レスホールディングスが運営するドトールコーヒーショップに行って、朝食をいただいてきました。目的は、もちろんドトールの株主優待です。

株主優待狙いでドトール・日レスHD(3087)を買うべきなのか、いつも通り現地調査してきました。ドトール株主優待概要と併せてご覧ください。

画像元 http://www.dnh.co.jp/

画像元 http://www.dnh.co.jp/

ドトール・日レスHD(3087)の株主優待を調べてみました

まずはドトール・日レスHDの株主優待から見てみます。

ドトール・日レスHD(3087)の株主優待概要

  • 会社概要:ドトールコーヒーショップを運営する東証1部上場企業。
  • 取引市場:東証1部
  • 株価:1,945円
  • 単元株数:100株
  • 権利確定月:2月
  • 配当:28円
  • 株主優待:保有株式数に応じたドトール バリューカード(1ポイント=1円)
    ・100株以上300株未満:1,000ポイント
    ・300株以上500株未満:3,000ポイント
    ・500株以上:5,000ポイント

(2016年7月現在)

株主優待の権利確定月は2月で、優待贈呈時期は毎年5月末の予定となっています。

ドトール・日レスHD(3087)利回り

気になるのは、配当や優待の利回り。そして、配当利回りと優待利回りを足した総利回りですね。総利回りが4%を上回るようですと、高利回り優待銘柄として注目リスト入り決定です。

  • 配当利回り:1.44%
  • 優待利回り:0.51%
  • 総利回り:1.95%

利回り数値の面からみると、ちょっと低目ですね。株投資としてあまり効率の良い株とは言えません。ドトールが好きでドトール優待ポイントが欲しいという人向けの優待商品と言えそうです。

ドトールコーヒーショップの朝食はボリューム満点でした

実際のところ、ドトールのコーヒーや軽食はいかがなものでしょうか? 巷の噂では、モーニングが安くて美味しいとか。

行ってみましょう。

ドトール店舗外観

都内某所のドトールコーヒーショップです。平日朝8時頃に行きまして、行列と言うほどではありませんがオーダー待ちの方が列を作っています。

ショップ内はほぼ満席。空きが出るまで10分ほど待たなければなりませんでした。

今回は、朝カフェセットのAセット、「ハムタマゴサラダ」を注文し、ドリンクはブレンドコーヒーです。

ブレンドコーヒーを飲めば、そのお店の方向性がだいたい分かりますからね。

ドトールの朝カフェセット

朝カフェセット、かなりのボリュームですよ。人気があるのが分かります。これで390円、カロリーは318kcalです。(ドトールコーヒーショップHPより)

イイじゃないですか、これなら頻繁に来たくなりますね。

コーヒーのお味のほうは、若干薄め。というか、私はどちらかというとイタリアン系の濃いめのコーヒーが好きなので。

ドトールコーヒーは万人受けする味だと思います。比較的年齢層の高い方の口にも合うのかと。参考までに。

ドトール・日レスHD(3087)の株主優待 まとめ

ドトール・日レスHD(3087)株は収益を上げるための株というよりも、株主優待狙いの株かもしれません。

ただし、利回りが高くないので、私は買わなくて良いかなと思っています。20万近い投資金で1,000円分のドトールポイント、ちょっと物足りない気がします。

それでは、また。

管理人のメイン口座、楽天証券↓↓

人気No.1証券口座はSBI証券↓↓

外国株にも強いマネックス証券↓

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket