ライティング中に欠かせない新鮮なコーヒー フライパンで自分で炒ってみた

   2015/11/09

ライティング中にコーヒーが欠かせないんです。

コーヒーが好きというのもありますけど、コーヒーの独特の味わいとカフェインが脳を刺激し、モノカキが捗るんです。

毎日飲んでいると、味にうるさくなります、自然と。もっと美味しいコーヒーが飲みたくなります。

そこで友人がこんな一言。

自分で炒ると、美味しいよ

ホントですかね? でも炒ってある豆を買うよりも自分で炒ったほうが新鮮なのは間違いなさそうですね。

よし、それやってみましょう。

生豆をフライパンで炒ってみた

さっそくネットで生豆を買いました。失敗してもいいように、安いブラジルの生豆です。

 

コーヒー焙煎用フライパン1

ガス代の上にフライパン設置完了。

 

コーヒー焙煎用フライパン2

生豆を入れました。

 

Webライターがコーヒー焙煎2

よし、火を入れますよ。緊張です。

 

Webライターがコーヒー焙煎3

焙煎開始! むらができないように常に鍋を振るのがポイントだそうです。振り続けます。

 

Webライターがコーヒー焙煎1

けっこうフライパンって重いです。軽めのを用意したつもりですが。

これを振り続けるのですか…。

 

Webライターがコーヒー焙煎4

ちょっとガスレンジの位置を交換。ガスが近すぎてカメラが熱くなっていまして。

 

Webライターがコーヒー焙煎5

引き続き炒りますよ。

 

Webライターがコーヒー焙煎6

振り続けます。

開始してから3分ぐらいですが、すでに腕の筋が痛いです。これ、かなりしんどいですね…。

 

Webライターがコーヒー焙煎7

コーヒー豆、だんだん色づいてきたのが分かります? 少し茶色に変化しました。

 

Webライターがコーヒー焙煎8

とにかく炒ります。炒り続けます。

 

Webライターがコーヒー焙煎

鍋が10kgくらいあるように感じます。重い…。

鍋を振ることは本当に意味があるのか、自問自答を始めました。

この企画、重いです。

 

Webライターがコーヒー焙煎10

炒っている豆がフライパンから落ちそうです。腕が疲れちゃって制御不能になってきました。

まだかいな!

 

Webライターがコーヒー焙煎11

出来ました! 焙煎完了です。

腕はクタクタ。この企画もボロボロの様相です。豆もなんだか真っ黒に。すこし焦げてしまったようです。

コーヒー豆の皮も飛びまくり、きれい好きの主婦が見たらマジ切れするかも分かりません(恐)

生豆をフライパンで炒るのは到底無理な話なのでは…? いまだ自問自答中です。

 

Webライターがコーヒー焙煎12

熱を取るためにざるに入れてみました。

見た目はわるくないですけどね。香ばしいというよりも。ちょっと焦げ臭いですね。

後から知ったのですが、フライパンで炒るのは重すぎるので、

手で炒るにしてもコーヒー豆焙煎専用網で炒るのが一般的らしいです。

 


新越ワークス ステンレス 炒り網 16cm

こういうものが売っているんですね。知識不足でした、反省。

もう腕がクタクタです。

 

Webライターがコーヒー焙煎14

豆を挽く元気もありません。でも挽かないとコーヒーは入れられませんので、挽くしかありません。

豆を手で挽くのが魅力的に感じて手動のミルを以前に買いましたが、今となってはストレスの原因にしかなりません。

ミルは電動がベストですね。

 

Melitta セレクトグラインド MJ-518 (ブラック)

豆、挽きました。見よう見まねでコーヒー入れてみました。

 

Webライターがコーヒー焙煎15

うん、美味しそうに見えますよね。

味のほうは

・・・・・・

最悪ですね。あんなに頑張ったのに、焦げの味しかしません

コーヒー生豆を炒り、手でドリップしたコーヒーを飲んだ感想、ひとことで言うのは難しいので絵にしてみました。

 

Webライターがコーヒー焙煎13

私はWebライター、画伯ではないので、子どもの落書きのような絵です。お許しください。

ただ、今の気持ちを表現するのは絵が良いと思ったもので。

フライパンでの焙煎、やるものではありません。

コーヒーロースターという自動焙煎機が販売されているというので、そちらの購入を本気で考えようと思います。


小型焙煎機「珈琲道楽」UR?500

こういうの、いいですね。腕の筋、痛くならないんでしょうね。

保有株の含み益と相談しつつ、買えそうなロースターを買おうと思います。

以上です。

コーヒー生豆はフライパンで炒ってはいけない!

この教訓を胸に、この “壮大” な企画を締めさせていただきます。

 

珈琲は焙煎済のものを買いたい、という方にはコチラがおすすめです↓
コーヒー

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket