WEBライターにアフィリエイトは必要か? 試しに「教科書」を買ってみた

   2016/01/01

ブロガーのほとんどはアフィリエイトを手がけると思うんですが、WEBライターにアフィリエイトは必要なのか考えています。

WEBライターと言っても、こうしてブロガーのようにブログサイトを運営しているわけですし。

本格的にアフィリエイトをやったほうが収益にもなるのかと、少なからずと思うわけです。

だから、買っちゃいました。

アフィリエイトの教科書

そう、染谷昌利氏とイケダハヤト氏合作の一冊、「世界一やさしい アフィリエイトの教科書 1年生」です。

ネタバレにならないように、簡単に読んだ感想をお伝えできればと思います。

世界一やさしいアフィリエイトの教科書 一年生を読んで

感想を一言で言うと…

アフィリエイトを柱とした記事は、WEBライターとして作成する記事とコンセプトが違う

…です。

もう一言付け加えるなら…

イケダハヤト氏のようにアフィリエイトでも稼げるようになるには、すでに形ができているブログサイトがあるのが前提

…ですね。感想というか、これはただの事実ですが。

少なくとも、今私が運営しているこの「お金が、働く」ブログサイトは、まだまだ形になっていません。ここで本格的にアフィリエイトを始めるのは時期尚早かと。

確かに、すでにA8.netアクセストレードとは契約済みで、ときどき関連プログラムがある時はアフィリエイトプログラムを使っていますが、あくまでも付録です。

関連アフィリエイトがある時だけ利用しているだけで、アフィリエイトプログラムを柱とした記事作成はしていません。

何て言うか、アフィリエイトを柱とした記事を作るのとこのサイトのコンセプトでは、かなりかけ離れているんですよね。

今回「アフィリエイトの教科書」を読んで、基礎、そしてどのように発展させるかよく分かりました。“過去記事” をあさる必要があることも分かりました。

でも、今はそれをする段階ではないですね、私は。

今はこのサイトの土台となる記事を作成し、基礎固めが先決です。これが「教科書」を読んだ感想です。

ただ、これからアフィリエイトを始めたい方、ちょっと興味がある人、すでにアフィリエイトをしているけどなかなか収益が上がらない人。

そんな人は一度読んでおくと勉強になりますよ、この本。アフィリエイトの基本と再入門が非常に分かりやすく書かれているというのが、率直な感想です。

それでは、また。

 

ライティングスキル1日1本が1日20本に変わるコツ↓

新しい文章力の教室 苦手を得意に変えるナタリー式トレーニング (できるビジネス)

ライティングをするなら、ぜひ↓


一瞬で心をつかむ 77の文章テクニック

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket