「お金が、働く。」ブログサイトで積極的にアフィリエイトを手がけない理由

   2016/01/01

本気でアフィリエイトはやってないんですよ。

世界一やさしい アフィリエイトの教科書 1年生」は読みましたけど、Webライター、ブロガー、アフィリエイターの方向性が違うんですよね。

もちろんこのようにブログを書いているときは、Webライターというよりもブロガーとして記事を書いていることになると思います。

が、それでもアフィリエイターとは方向性が違いますし、イケダハヤト氏のように “アフィリブロガー” ともちょっと違うんです。

ブロガー、アフィリエイターまたはアフィリブロガーとはどう違うのか、説明するのがなかなか難しいんです。

だから、例文を書いてみます。一つの商品を紹介するとき、アフィリエイターとWebライターが説明するのではどう違うのか、ちょっと見てみてください。

例文の中で紹介する商品は、セゾン投信としてみました。

~例文1~アフィリエイターがセゾン投信を紹介するとこうなる

無理なく投資信託を始めたいと思っていますか?

それならばセゾン投信がおすすめです。なぜセゾン投信がおすすめか、メリットを3つご紹介します。

  • 商品構成はいたってシンプル
    初めて投信を手がける初心者の方でも分かりやすい商品構成となっているのが特徴の一つです。とりわけ長期的に資産形成をしたい方に向いている商品内容となっています。
  • 月々5,000円からでOK
    毎月1万円、2万円かかるとなるとけっこう負担ですよね。でもセゾン投信なら毎月5,000円からでOK。しかも指定銀行口座から自動引落しですので、余計な手間はいりません。
  • 投信にかかる費用が業界最低水準!
    投資でどうしても気になるのが手数料です。でも安心してください。セゾン投信の手数料(販売手数料、信託報酬、信託財産留保額)はすべて業界最低水準なんです。低コストでハイリターンを可能にする投信商品と言えます。

15年11月現在、セゾン投信口座は9万口座を越えています。セゾン投信を選んだ人がそれほど多いのには理由があるのです。

ただし、セゾン投信をさらに詳しく知ってから投資を始めるのがベスト。まずはコチラから資料請求をしてみてください⇒月々5,000円から始める長期投資。セゾン投信

・・・・・・例文ここまで

アフィリエイターになりきってささっと書いた例文ですので、プロアフィリエイターの方が見たら笑うかもしれません。

要は、紹介したい商品のメリットを前面に出して押しまくり、最後にポチッてもらう。これがアフィリエイターのコンセプトです。

では、Webライターがセゾン投信を紹介するとどうなるでしょうか。こちらもささっと例文を書いてみますね。

~例文2~Webライターがセゾン投信を紹介するとこうなる

投信商品は数えきれないくらいあるわけですが、ブログサイトなどを見るとよく見かける投信口座があります。それは、セゾン投信です。

15年11月現在、セゾン投信口座はすでに9万口座を越えているとのことですから、人気があるのは間違いありません。

しかし、セゾン投信の商品はどれほどのものなのでしょうか。ちょっと調べてみました。

セゾン投信のメリットの一つに「月々5,000円からOK」とありますね。しかし、投信の商品を検索してみると、月々1,000円から積み立てられる商品はたくさんあります

また、カブドットコム証券では「ワンコイン積立(投信)」というお試し投信がサービスされていて、月々500円から、722ファンドからお好みで選ぶことができます。

そう考えると、毎月5,000円積立投信に魅力はあまり感じませんね。取扱っているファンドが抜群に魅力的でないならば、セゾン投資を選択するメリットがあると思いません。

では、セゾン投信が扱うファンド、「セゾン・バンガード・グローバルバランスファンド」をちょっと見てみましょう。

私見ですが、リスク分散の見地から見ると、かなりバランスの取れた好商品の印象です。世界30カ国以上の株式と10カ国以上の債権に分散投資。そして、株と債券の割合が50:50とのことですから、バランスは抜群だと思います。

日本を含め世界の株式だけに投資するのは、少しアグレッシブ過ぎると思いますし、かといって債券の比率が大きいと利益率が低すぎるのが目に見えていますからね。

リスクを抑えつつ利益を狙いにいきたいならば、セゾン・バンガード・グローバルバランスファンドは魅力的です。

ただし、気になるのが信託報酬です。信託報酬は基本は0.69%で±0.03%の変動があるようです。1.0%をきっているので高すぎるということはありませんが、最近は信託報酬が0.5%をきるファンドがかなりありますので、約0.7%が割安とは感じません

たとえば、ニッセイ日経225インデックスファンド。日経平均株価指数に連動のインデックス投信ですが、信託報酬は年率0.27%となっています。セゾン・バンガード・グローバルバランスファンドの半分以下ですよね。

ファンド内容が全く異なりますので比較は難しいですが、信託報酬0.69%を高いと見るかそれとも安いと見るか。個人の自由ですが、私には気になる高さです。ま、お好みでどうぞ⇒セゾン投信

・・・・・・例文ここまで

さて、いかがでしょうか。上のアフィリエイター(になりきって)が書いた例文とは全然違いますよね。

アフィリエイターが向かないならGoogle AdSenseでいいじゃん

アフィリエイターとWebライターが書いた記事内容が、なぜここまで違うのでしょうか。それは、記事の目的・方向性が違うからです。

言い換えると、商品を売るという目的があるか否かが、記事内容に大きな差をもたらすのです。

アフィリエイターの最大の目的は商品を買ってもらうことです。その目的を達成するために、商品の批判的なこと、消極的なことを書くのが難しくなります。

しかし、Webライターの目的は真実を知ってもらうことです。その商品がどんなものか、読者にそのままお伝えすることです。事実をゆがめて伝えることはできません。

アフィリエイターが事実をゆがめているというわけではありません。要は、アフィリエイターとWebライターの記事内容では、書かれている角度が違うのです。

だから、Webライターをしながらアフィリエイターをするのはけっこう難しく感じます。そう思わないWebライターもたくさんいると思いますが、アフィリエイトは難しい、肌に合わないと感じるならほどほどに付き合えば良いのではないかと。

アフィリエイターが向いていないなら、クリック型のGoogle AdSenseを狙えば良いとも思っています。

参考になれば幸いです。それでは、また。

 

ライティングスキル1日1本が1日20本に変わるコツ↓

新しい文章力の教室 苦手を得意に変えるナタリー式トレーニング (できるビジネス)

ライティングをするなら、ぜひ↓


一瞬で心をつかむ 77の文章テクニック

アフィリエイトの成功の秘訣↓

世界一やさしい アフィリエイトの教科書 1年生

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket