2018/10/05

10万円から始めたウェルスナビ運用 | 実績をブログで公開します【2018年7月】

AIロボアドバイザーによる全自動資産運用のウェルスナビ。私も2018年6から運用を始めました。

取引してみないと分からないことや気づかないことがあると思いますので、実際に取引し当ブログで実績を公開していこうと思います。

そもそもウェルスナビって何? という方は、こちらの基礎記事を初めにごらんください。

ウェルスナビとは? AIロボによる全自動資産運用のメリット、デメリット、手数料を徹底解説

今回は2018年7月の執筆時点での実績をお伝えします。今後のウェルスナビの参考にしてください。

スポンサーリンク


ウェルスナビ投資の実績をブログで公開します【2018年7月】

この記事では主に以下の点をお伝えします。

  • ウェルスナビ取引履歴
  • ウェルスナビからの分配金
  • ウェルスナビ手数料
  • 2018年7月のウェルスナビ口座概要

ウェルスナビ取引履歴

初めに、これまでのウェルスナビの取引履歴(購入)をお伝えします。

2018年6月4日に初めてウェルスナビで購入しました。

合計9万8320円分の購入です。

そして7月2日に定期積立分1万円が銀行から引き落とされ、ウェルスナビに入金となりました。定期積立することで、貯金感覚もありますし、ドルコスト平均法による運用効果を期待しています。

1万円積立後、7月11日にあらためて追加分の購入が行われました。もちろん自動です(笑)

合計1万1807円分の購入です。

ウェルスナビからの分配金

これまで分配金は以下の通り、支払われました。

  • 2018年6月28日:449円(米国株、日欧株、新興国株分)
  • 2018年7月3日:35円(不動産分)
  • 2018年7月10日:7円(米国債券分)

合計すると、ここ1か月で491円の分配金が支払われたことになります。

10万円を約1か月の運用で約500円の分配金ということは、利率にすると約6%(実質年率)になりますね。これはかなり高金利と言えるのではないでしょうか? 少なくとも銀行に眠らせておくよりよっぽどましです。

ちなみに分配金はウェルスナビ口座に入金され、ポートフォリオの現金部分に反映されます。追加資金などと合わせて現金が2万円以上になると、自動で追加投資されます。

分配金だけは今すぐ懐に入れたいという方は出金することができるので、ご安心を。

私は将来の老後資産のための投資ですから、複利効果を期待して追加投資します。

ウェルスナビ手数料

2018年7月2日に1か月分の取引手数料として58円引かれています。

毎日1日分の手数料を税別で計算し、1か月分をまとめて支払うのが、ウェルスナビの手数料形態です。

詳細は別記事で説明しますね↓

ウェルスナビの手数料とは? いつ、どのタイミングで引き落しされるの?

2018年7月のウェルスナビ口座概要

購入、分配金、そして手数料をふまえた2018年7月現在のウェルスナビ口座概要は以下の通りです。

ポートフォリオの詳細はこちらになります。

 

今のところ+1480円です。当然短期的にマイナスになることはありますが、20年後、30年後にトータルでプラスになれば良いのです。

ちなみに、ウェルスナビのナビゲーションによると、30年後、私の投資金381万円が70%の確率で678万円以上になるようです。期待しています。

ウェルスナビ投資の実績をブログで公開 【2018年7月】まとめ

現在、口座概要は11万1480円です。毎月の定期積立を確実に行い、資産がコツコツ増えていけば良いと思っています。

では次の実績公開を乞うご期待!

それでは、また。

ウェルスナビの口座開設に関心のある方はこちらの記事を参考にどうぞ↓

ウェルスナビの始め方 | 口座開設から取引開始まで画像付で解説

初期投資10万円~できます↓
WealthNavi