2018/01/24

トライオートETFがバージョンアップ 3つの新機能で投資を極める

資産と時間とリスクを分散できるトライオートETF投資。トライオートETFで採用する米国ETFの一つ「S&P500ETF」は2009年から約3.8倍の価格上昇となっています。

トライオートETF、今やらないでいつやるの? という雰囲気ですが、そのトライオートETFがさらに進化し、あらたに3つの機能が加わりました。

これからトライオートETFをやってみようと思っている初心者の方も、すでにトライオートETFで資産運用している方も、新しい機能をマスターしてください。新機能と言っても難しいものではなく、すぐに理解できると思います。

スポンサーリンク


トライオートETFの3つの新機能で投資を極める

2018年1月から加わったトライオートETFの新機能は、以下の3つです。

  1. マルチ機能
  2. カート機能
  3. コントリビューション機能

新機能それぞれを分かりやすく説明していきますので、どうぞ最後までご覧ください。

トライオートETF新機能1 マルチ機能とは

トライオートETFの新機能「マルチ機能」とは、複数のETF自動売買を組み合わせ選択できる機能です。

これまでは3つのセレクトそれぞれから単体でETF自動売買を選択することしかできませんでした。

  1. リスク重視
  2. バランス重視
  3. リターン重視

この3つの投資スタイルから一つの自動売買を選ぶ機能しかなかったわけです。

例えば、わたしはマネーハッチで「バランス重視」セレクトから「世界株ETF自動売買1.5倍」というETF自動売買を選択し運用しています。

極端に言えば、気に入ったETF自動売買が見つからなければ、トライオートETFではカスタムで自動売買を作成するしか選択がありませんでした。しかし、それはトライオートETF初心者にはちょっとハードルが高いイメージでしたよね。

しかし、今回加わったマルチ機能によって、ベースとなる自動売買から任意で選択し組み合わせることができるようになったのです。

この画像にあるように、自動売買セレクト一覧からニーズに適した自動売買を複数選択し組み合わせるだけです。

組み合わせのやり方は複雑ではなく至ってシンプルかと。初めてトライオートETFをやる方でも迷うことなくできるという印象です。(わたしも実際に利用してみましたが、詳細は後述します)

トライオートETF新機能2 カート機能とは

トライオートETFの新機能「カート機能」とは、組み合わせたETF自動売買のシミュレーションや保存ができる機能です。

上でも紹介したように、セレクト一覧から複数の自動売買を選択しカートに入れます。すると、

この画像にあるように、一定期間のシミュレーションを自動で行うことができるのが新機能の特徴です。

過去の相場におけるシミュレーションですから、今後シミュレーション通りに利益を得られるとは限りませんが、ある程度の動きは予測できるかと思います。

また、カートに入っている各自動売買の取引量を調整も可能です。3つの自動売買のうち1つを多めに取引し残り2つは少なめに運用、というような任意で選択できるのがカート機能の特徴になります。

取引量によっては推奨証拠金も変動します。推奨証拠金と自己投資金を比較し、推奨証拠金が投資金上限を超えないように設定すれば、リスクを抑えた資産運用ができるでしょう。

トライオートETF新機能3 コントリビューション機能とは

トライオートETFの新機能「コントリビューション機能」とは、自分が作成したETF自動売買設定を他のトライオーターにシェアする機能です。

優秀なETF自動売買を採用して自分で取引することも可能ですから、利益を上げられそうな自動売買を積極的に利用してみるのも一つの手です。

コントリビューション・キャンペーン開催中!

2018年1月現在、コントリビューション・キャンペーン実施中です。

  • キャンペーン概要:キャンペーン期間中に自動売買セレクトの「コントリビュート機能」使用して自分の設定を応募。判定日時の人気設定上位100位に入った方に賞品をプレゼント。
  • 応募期間:2018年1月13日~2018年3月31日
  • 判定日時:2018年4月5日(木)AM10:00
  • 賞品:以下の3つのコースから選択
    Aコース:モバイル充電器コース
    Bコース:カタログギフトコース
    Cコース:JVAギフトカードコース
    (いずれも3000円相当)

1人最大5個まで応募できます。コンセプトを変えたりしてみて応募してみましょう。もちろん応募は無料ですし、実際に運用する前に応募ができます。

個人的には、5個の違ったオリジナル自動売買を作成する過程が非常に勉強になると思っています

  • 既存の自動売買各銘柄の特徴は何か
  • どの組み合わせがより効率よく稼げるか
  • 今後半年、1年間、または長期間の相場動向はどうなるか

などなど。コントリビューション・キャンペーン参加によってETF投資に詳しくなれるのが、実は一番の醍醐味なのかもしれません。

いずれにしろキャンペーンに参加して損はありませんから、さっそく応募してみてください。

ちなみに応募できるのはトライオートETF口座保有者限定です。未開設の方は応募期間が終わる前に開設しましょう。

こちらから開設できます↓
トライオートETF

コントリビューション機能を使ってみました

せっかくのキャンペーンですので、私もコントリビュート機能を使用してキャンペーンに参加してみました。

カート機能を利用してオリジナル自動売買を作成後、コントリビューションバナーをクリックすると、

この画面が出てきます。

 

名前と簡単な説明、欲しい商品を選択したら「コントリビュートする」バナーをクリックです。

 

コントリビュート一覧に、今作成したばかりのコントリビュートが表示されています。コントリビュートの名前は、

  • Money-Worker

です。当サイトURLそのまんまですね。べたなネーミングですいません。今後、どれだけ利益を重ねていけるか不透明な部分がありますが、2018年の相場動向を意識して作成しました。

上でも紹介した画像ですが、

2017年1月~のシミュレーション結果は異常の通りです。

  • 推奨証拠金:190万9,680円
  • 期間実現損益:149万1,604円
  • 期間収益率:78.11%
  • リスクリターン評価:Excellent!

ちなみにリスクリターン評価は4段階あり、Bad>Good>Very Good>Excellentの順に高評価となっています。

私のコントリビュートはExcellent評価です。参考までですが、もし良かったら使ってみてください。

トライオートETFの3つの新機能 まとめ

スポンサーリンク


トライオートETFの3つの新機能、お分かりいただけたと思います。

  1. マルチ機能
  2. カート機能
  3. コントリビューション機能

キャンペーンも開催中です。せっかくの機会、お見逃しなく。投資の真髄「分散投資」を可能にするETF投資で資産倍増を狙っていきましょう。

それでは、また。

トライオートETF口座開設はこちら↓
トライオートETF