日本より数倍発展しているハイテクな香港マックに行ってみた

   2016/02/01

香港のマックは日本のマックと全然違うんです。

何が違うかと言いますと、

  1. メニュー
  2. オーダー方法

この2つの面で違いがあるんです。画像を付けて簡単にご紹介しますね。

香港マック概観

香港マックのメニュー

先日香港マックでいわゆる “朝マック” したんです。それで、広東語は読めないのですが、画像を指さして注文しました。

日本で言うソーセージエッグマフィンセットみたいなものなんですが、ちょっと違うんです。

 

香港マックのエッグマフィンセット

ね、日本にこんなのないですよね。ハンバーグ、マフィン、エッグがお皿に乗って出てくるんです。

しかもエッグはとろとろ~っとしたスクランブルエッグ風です。そのまま食べても美味しいですよ。

もう一つ、パートナーが頼んだのは、マカロニスープみたいなものです。

 

香港マックのマカロニスープセット

ね、これも日本にはないですよね。少なくとも私の知る限りでは、こんなメニューは日本にはないです。

国ごとでメニューが違うのは知っていましたが、香港のはかなり魅力的というかモダン風というか。味もかなり上品で美味しいです。

オーダー方法

日本のマックで注文をする方法って、カウンターにて店員さんとフェイス・トゥ・フェイスで注文、またはドライブスルーで注文の2種類ですよね、基本的に。

香港マックはかなりハイテクを駆使しています。

 

香港マック注文機

タッチパネルで注文できるんです。

私も注文を試みたのですが、広東語はよくわからないので注文できませんでした(泣)

 

香港マック注文機対応クレジットカード

しかもクレジットカードが使えます。VISA、Master、JCBが使えます。日本のマックってカード使えます? 私の調査不足ですが、確か使えないところがほとんではないかと。

そして、香港の交通カード「八達通」でも支払OKです。私も持っています。

 

香港交通カード八達通1

日本でもSuicaやPasmoといった電子マネーでお買物ができますよね。でも、八達通はただの交通電子マネーカードで、クレジットカードではありません。進んでますね。

このカードはマック以外でも色々な店舗で使えるようです。便利ですね、香港。

あ、そういえば、無料でWiFiにもつなげられます。これも便利。

まとめ

色々な国に行ったときにマックに入るとそのお国柄が分かるといいますが、これホントだと思います。

香港は小さな国ですが、かなり発展している国だなあというのが、率直な感想です。

でも海もあって山もある。

面積は狭い国ですけど、非常に興味深い、刺激のある国ですよ。ぜひ、一度行ってみてください。

それでは、また。

 

海外旅行におすすめのクレジットカードは年会費永久無料のエポスカードです。年会費無料で海外旅行保険が自動付帯です。

  • 年会費:無料
  • 還元率:1.0%~
  • 国際ブランド:VISA
  • 海外旅行保険:自動付帯
  • 死亡後遺症傷害:最高500万円
  • ケガ治療:最高200万円
  • 病気治療:最高270万円
  • 救援費用:最高100万円
  • 賠償責任:最高2000万円
  • 携行品:最高20万円
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket