日本では絶対にあり得ない! 香港のマックで出くわした思いがけない光景とは

   2015/12/29

主に出張、ときどき趣味で、国外へ脱出します。

最近は香港に行くことが多いです。プライベートでも行くのですが、理由は安いから。格安飛行機が頻繁に飛んでいて、しかも近いんですよ香港は。だんだん香港に詳しくなってきました。(格安航空券を探すならエイチ・アイ・エスがおすすめ。時々利用しています。 )

この前はプライベートで香港に行ってきたのですが、朝はお決まりの朝マックでした。別にマックじゃなくてもよかったのですが、香港の朝マックってものすごい混んでいるんです。ビックリするくらい並んでいるんです。

なぜ香港人は朝マックが好きなのか? 理由はまだわからないのですが、マックに行けば何か分かることがあるかもしれないと思い、それで朝マックに行くことにしたんです。

そしたら、そのマックで思いがけない光景を目にしたんです。

まずは香港の朝マックで雰囲気を楽しむ

混んでいる中、窓際の席が空いていたので同伴者と一緒にそこに座りました。横を見ると、席が空いている理由が分かりました。隣のテーブルに座っているのは、どうやらホームレスの人らしいです。女性です。

香港‐マック‐ホームレス(加工済み)

ホームレス独特の臭いは幸いありませんでした。(朝ごはん中ですから、臭いがあると厳しい…)

こちらに何か害を及ぼす気配はありませんでしたので、特に気にせず、注文したソーセージエッグマフィン&コーヒーを美味しくいただきました。マカオに行ったときも感じたのですが、日本のマックセットより美味しいんです、香港も。

うーん、何と言うか、日本のエッグマフィンよりもジューシーですね。もしかしたら油の量が多いのかもしれません。毎日食べたら、これは太るな…)^o^(

そんな感じで香港の朝マックの雰囲気を楽しんでいるその時。日本では絶対にあり得ない光景を目にしてしまったのです。

日本では絶対にあり得ない光景

世界のどこのマックでもそうですが、テーブル席を専門で掃除するおばさんっていますよね。 (日本にはいませんでしたっけ?)

そのおばさんがプレートにマフィンセットやら大量に載せて、隣の席のホームレスに運んできたのです。

香港の言葉は広東語ですので、お掃除のおばさんが何と言ったかは聞き取れませんでした。しかし、言葉の分かる同伴者が訳してくれました。

「余っていますが、召し上がりますか?」

とのこと。日本では絶対にあり得ないですよね。日本だったら、ホームレスがマックの席に座っている時点で追い出されるかもしれません。

しかし、香港では違いました。香港全土でそうなのか、それとも目にした掃除のおばさんの個人的な優しさなのか。それは分かりません。しかし、目の前にある現実。それは一つの親切でした。

香港で見た親切

ホームレスへの親切を見て考えたこと

ホームレスの方は面子なのか分かりませんが、「大丈夫!」ということで受取りませんでした。そんな状況をみて、自分なりに思ったことがあります。

そういう親切もあり

残飯とはいえ、ホームレスに余ったものを提供する。これも一つの親切なのかと考えました。自分が同じようにするかどうかはわかりませんが、こういう親切もあるんだなと思います。

親切を示すにも理由が必要か

分からないのは、なぜホームレスはホームレスなのか、ということ。情状酌量の余地があってホームレスになってしまったのならば、ある意味仕方ないのかもしれません。

香港の福祉制度がどうなっているのかは分かりませんが、特別な理由があってホームレスになってしまったのでしたら、親切を示す理由があると思います。

逆に、極度の怠惰で仕事を全くしようとしない結果がホームレスなら、親切が仇になる可能性もあるのかな、とも思いました。親切って難しいですね。相手の状況を把握することが親切の第1歩なのかと。

頑張って働こうと思った

一番強く起こった感情は、「自分は頑張って働くぞ」という気持ち。

幸いにも、日本には選ばなければ仕事は何でもあります。幸いにも、今は自分で好きな仕事を選んでさせていただいています。

仕事を与えられたという感謝の気持ちを忘れずに、ベストを尽くして働かなければと、唇を噛みしめながらこの記事をしめさせていただきます。

以上です。

 

格安航空券検索はコチラ↓

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket