トラリピの資金管理術 | ロスカットを避けて安定運用する方法

   2016/07/24

マネースクウェア・ジャパンのトラリピでコツコツ稼ぐには、ロスカットを避けて継続的に運用する必要があります。

そのためには資金管理をしっかり行う必要があるのですが、「資金管理」ときくとなにか難しい話なのでは? と感じるかもしれません。

そんなことはないんですよ。資金管理術の基礎をしっかりマスターすれば、トラリピ初心者の方でも誰でもできます。ここでトラリピの資金管理術を頭に叩き込んで下さい。

トラリピの資金管理術 ロスカットを避けて安定運用する方法

トラリピで安定運用する資金管理術

トラリピで安定運用するための資金管理術、2つのポイントがあります。

  1. ロスカットを避ける運用を意識する
  2. ロスカットを避けるための目安資金

では、以上の2点について詳しく見ていきましょう。

ロスカットを避ける運用を目指す

ロスカットとは、FX会社が定める証拠金維持率を割り込んだとき強制的にポジション決済されることです。M2Jの場合、基本は証拠金維持率100%を割り込んだときにロスカットとなります。

ロスカットになると・・・

  • 損失確定となる
  • 一旦運用を中止しなければならない

・・・このようなデメリットがあります。

トラリピは長期的に安定した運用をすることでコツコツ稼いでいける特徴がありますので、ロスカットに引っかからぬよう如何に取引するかが重要ポイントです。

ですから、ロスカットを避ける運用を目指す必要があり、どうすればロスカットを避けられるか、常に意識することが大切です。

目安資金を見極める方法

ロスカットを避けるために、目安資金を見極める必要があります。自分が保有するポジションに照らし合わせて、どれほどの投資金がトラリピ口座に入っていれば良いのか、その目安を見極めなければならないのです。

では、目安資金はどのように見極めることができるのでしょうか? 実は簡単な計算で目安資金を算出することができます。その計算式は以下の通りです。

  • 目安資金=取引証拠金 + 下落時の損失額

トラリピに限らずFX取引すべてに通じることですが、取引には証拠金が必要になります。その他にトラリピ目安資金の一部として下落時の損失額を組み込む必要があります。

トラリピはレンジ相場での運用が前提であることは以前にもお話しました。

レートの上限と下限を予測し、その範囲内でレートが進む限り収益を上げることができるのがトラリピですが、上限付近で新規ポジションを保有し、その後レートが下がっていけば必ず含み損を抱えることになります。

含み損を抱えるのもトラリピ運用の前提ですが、含み損が大きくなり証拠金維持率100%を割るとロスカットになってしまうので、その分も計算してトラリピ口座内に入金しておくことが不可欠です。

それをふまえ、取引証拠金と下落時の損失額を足した額が目安資金になります。

取引証拠金と下落時の損失額を足した額が目安資金!

ポジション数と含み損額を計算してみる

たとえば、豪ドル円をトラリピで運用するとします。今の豪ドル円のレートは85円、予想レンジ幅を80円~85円の5円と設定し、1円ごとに1,000通貨買うこととします。1,000通貨取引の必要証拠金は3,400円です。

豪ドル円レートが85円から80円まで下がっていくと、最大ポジション数は6,000通貨ですから必要証拠金は、

  • 3,400円×6=20,400円

2万400円が必要証拠金です。

そして、最大含み損は1万5,000円の計算ですから、目安資金額は、

  • 2万400円 + 1万5,000円=3万5,400円

3万5,400円が目安資金額になります。

もちろんこれはロスカットに引っかからないであろうぎりぎりの数字ですし、自分の予想を超えてレートが下落することもあります。

目安資金よりも余裕ある投資金をトラリピ口座に入れておくことで、万全の態勢でトラリピ運用ができると思います。

含み損を抱えてもスワップで稼ぐ

目安資金よりも多めに口座に入れておくメリットの一つは、やはりロスカットに引っかかりにくくなる点です。

また、最大ポジション数に達しさらにレートが下落した場合、それ以上なす術がありません。レートが回復するのを待つしかないのですが、日をまたげばスワップポイントが付与されます。

ですから、最大ポジション数を保有し、予想下限レートを越えて下落していった場合でもロスカットにならぬよう余裕ある資金を口座にいれておくことで、スワップポイントで稼ぐ方法があることを覚えておいてください。

トラリピで安定運用する資金管理術 まとめ

トラリピは含み損を抱えるのが前提の外貨運用です。どんな場合でもロスカットに引っかからないように資金管理を行ない、コツコツ稼ぐ。

これは基本的な運用術ですから、しっかり頭に叩き込みトラリピ運用を行なってくださいね。

それでは、また。

トラリピを公式サイトで確認する↓↓
マネースクウェア・ジャパン

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket