【シストレ24】インヴァスト証券FX自動売買の概要を徹底解説!

   2016/10/25

FX取引は「買い」「売り」「様子見」を自分で選択する裁量取引の他に、自動売買と半自動売買取引手法があります。

その中で、裁量取引をしている暇や時間がなかなか取れない、または自分の裁量で取引してもなかなか勝てないと悩んではいないでしょうか?

そんな方におすすめしたいのが、インヴァスト証券の「シストレ24」です。

シストレ24とはどんな自動売買取引なのでしょうか? シストレ24の概要を徹底解説しますので、どうぞ最後までご覧ください。

インヴァスト証券

シストレ24(インヴァスト証券)の概要

では、さっそくシストレ24の概要を見ていきましょう。シストレ24とはどんなFX商品なのか、一つずつ項目に分けてチェックしていきます。

シストレ24とは

シストレ24とは、FX自動売買取引の一種で、インヴァスト証券が提供しているFX商品です。「ストラテジー」という自動売買プログラムを選択し、そのストラテジーに沿って自動でFX取引が行なわれます。

たとえば、裁量取引において、「ドル円110円を切ったら売り、移動平均89日線にタッチしたら買い戻す」と決めて取引するとします。しかし、人は感情があるので、自分で決めたルール通りに取引できない傾向があるのがデメリットです。

シストレ24では、「ストラデジー」があなたの代わりにFX取引戦略を決定してくれます。正確に言うと、あなた好みのストラテジーまたは今の相場にあっているストラテジーを選択し、あとは自動売買取引してくれるのがシストレ24です。

ですから、冒頭で述べたように、忙しくて裁量取引ができないという方だけでなく、メンタルをコントロールしてFX取引ができないという方にも、是非、試していただきたいFX商品です。

ストラテジーを作成したのは外貨運用のプロ

でも、誰がストラテジーを作ったの? そこら辺の素人が作ったのでは信用できないのでは? と思うかもしれませんね。ご心配なく。

シストレ24のストラテジーを作成したのは、世界中の外貨運用のプロと呼ばれる強者が作成しています。たとえば、

  • 物理学(科学計算)の学者
  • 元ファンドマネージャー
  • 専業トレーダーチーム

などなど。私たち凡人が考えても考え付かない確率性の高いストラテジーを、為替相場の経験者たちが作成してくれているというのは大きな強みではないでしょうか。

ちょっと考えてみてください。

裁量取引は3択です。

  1. 買い
  2. 売り
  3. 様子見

買いか売りのどちらかを選択するなら少なくとも50%の確率でFXトレードで勝てますし、様子見を選択すれば負けることはありません。それでも負ける人のほうが勝ち続けているトレーダーのよりも多いのには理由があるのです。

理由を一言で言えば、メンタルの弱さです。ルール通りに取引出来れば50%の確率で利益を獲得できるところ、感情に揺さぶられて取引しているため、結果として利益がマイナスになってしまっているのが大部分の人の現状になります。

そのメンタルの弱さをカバーできる一つの方法は、自動売買でFX取引を行なうことです。自動売買は、基本的にストラテジー通りに取引を行ないます。

ですから、裁量取引をする時間がない人に加え、FXでなかなか勝てないという人は、世界のプロたちが作成したストラテジーでのFX自動売買を試す価値があるのです。

勝てるストラテジーは本当に存在するのか?

シストレ24を試す価値があることはお分かりいただけたと思います。しかし、自動売買における重要な疑問が一つ。

  • 勝てるストラテジーは本当に存在するのか?

という疑問です。ストラテジーに取引を委ねて外貨運用を行なうわけですが、利益率UPを期待できるストラテジーがほとんどないのでは、シストレ24を利用する意味がありませんよね。

結論から言いますと、“勝てるストラテジー” は必ずあります。これはシストレ24で必ず勝てるという意味ではありませんので、ご注意を。勝てるストラテジーを自分で選択する必要があります

継続して利益を出せているストラテジーがあるという証拠を、ストラテジーランキングで確認してみましょう。

このランキングは2016年4月10日現在のものですから、ご覧になったときの為替相場に最適のストラテジーかどうかは不明です。ただし、過去6カ月間で損益が約90万円のストラテジーが第1位、第2位は+70万円以上の損益となっています。

ですから結論付けられるのは、勝てるストラテジーを選択すれば利益率UPを狙えるということです。

今の為替相場に合っているストラテジーの選び方

勝てるストラテジーを選択すると言っても簡単ではないように思えますよね。しかし、今の為替相場に合っているストラテジーの選び方をマスターしてしまえば、それほど難しいものではありません。

上のストラテジーランキング画像にステータスという項目がありました。そのステータスの意味は以下の通りです。

特に注目したいのは、下の2項目、「得意な相場がわかるもの」と「トレードスタイルがわかるもの」です。

得意な相場がわかるもの

得意な相場がわかるステータスに3種類あるのがお分かりいただけると思います。

ブル

ブルとは、直訳すると雄牛(Bull)のことで、強気相場のことを指しています。つまり、ブル相場に強いストラテジーだということです。

ベア

ベアとは、直訳すると熊(Bear)のことで、弱気相場を意味します。つまり、ベア相場に強いストラテジーということです。

ブル・ベア

ブル・ベア相場のどちらにも対応可、という意味のステータスです。

ブル、ベア、またはブルベアの意味を知り、これからの為替相場に適したストラテジーを選択することが基本となります。

過去から将来にかけてブル相場なのかそれともベア相場なのか判断するための指標として、ブル・ベアテクニカル指標(Bull and Bear Balance Indicator)が有効です。

ブル・ベア指標を搭載しているFX口座は少数で、その中で優良企業として紹介できるのは、東証1部上場のマネーパートナーズです。

シストレ24と併用がおすすめ↓
外国為替証拠金取引のマネーパートナーズ

ブル・ベア指標を鑑みながらストラテジーを選別することで、為替相場により適合したストラテジーを選択できるはずです。

トレードスタイルがわかるもの

トレードスタイルには、

  1. コツコツ
  2. バランス
  3. 一発

の3種類がありました。

  • コツコツ⇒地道に小さな利益をコツコツと重ねていくストラテジー
  • バランス⇒バランスの取れたストラテジー
  • 一発⇒大きな値幅を狙いにいくストラテジー

どれを選択するかは為替相場によるものではなく、あなた自身の好みによります。どれかを推奨することはありませんが、管理人はコツコツ投資が好きですので、「コツコツ」ステータスのストラテジーを好んで選択しています。

注意点:調子の良し悪しはあまり気にしないこと

ストラテジーのステータスに、「調子が良い」と「調子が悪い」がありますが、過去において調子が良い悪いはあまり気にしないのがコツです。

過去に調子の良いストラテジーが、これからもガッツリ稼げるとは限らないからです。

これまでのストラテジーの調子よりも、これからの為替相場動向を予測し、今後の見通しに適したストラテジーを選択することが最重要となりますので、覚えておいてください。

シストレ24の極意

そして忘れていけないのが、定期的に選択したストラテジーの結果検証を行い、今後の為替相場動向において稼いでいくことができそうか考察することです。

為替相場は常に変動し、日本の景気だけではなく世界の景気動向が関係しているのが為替相場であり、シストレ24です。

もし、選別したストラテジーがこれからの相場に適さないと判断したなら、すぐにストラテジーを変更するのがシストレ24の極意になります。肝に銘じておいてくださいね。

シストレ24のストラテジーを作成しているのは外貨運用のプロですが、いつでもどの相場でも勝てるストラテジーはないのです。

シストレ24取扱通貨ペア

シストレ24で取引できる通貨ペアは、全部で26通貨ペアあります。

  • 米ドル/円
  • ユーロ/円
  • 英ポンド/円
  • 豪ドル/円
  • カナダドル/円
  • ユーロ/米ドル
  • スイスフラン/円
  • NZドル/円
  • 南アランド/円
  • 豪ドル/米ドル
  • 英ポンド/米ドル
  • 米ドル/スイスフラン
  • NZドル/米ドル
  • ユーロ/英ポンド
  • ユーロ/豪ドル
  • ユーロ/カナダドル
  • ユーロ/スイスフラン
  • ユーロ/NZドル
  • 英ポンド/豪ドル
  • 英ポンド/スイスフラン
  • ポンド/NZドル
  • 豪ドル/カナダドル
  • 豪ドル/スイスフラン
  • 豪ドル/NZドル
  • カナダドル/スイスフラン
  • NZドル/スイスフラン

以上26通貨ペアが採用されています。

取引単位

シストレ24の取引単位は1000通貨単位です

しかし、最低取引数量が5000通貨と設定されていますので、5000通貨以上から1000通貨単位取引が可能となります。

ちなみに、1回の注文での最大取引量は100万通貨です。つまり、取引数量は5000通貨~100万通貨の範囲で、1000通貨単位で選択することになります。

各手数料

取引手数料、口座開設・維持手数料すべて無料です。

ロスカット

証拠金維持率100%を切った時点。ちなみに、証拠金維持率は以下のように計算できます。

  • (シストレ24口座内金額÷必要証拠金額)×100=証拠金維持率

証拠金維持率をなるべく高く維持して取引することで、ロスカットを避けながら安定した自動売買ができます。

注文方法

注文方法は以下の4種類あります。

  • ストラテジーによる成行注文
  • 裁量での成行注文
  • 裁量での指値注文
  • 裁量での逆指値注文

すべてが自動売買による成行注文ではないので、相場によって使い分けるのがコツです。

スプレッド

取引手数料は0円ですが、スプレッドという形でインヴァスト証券に手数料を支払うことになります。スプレッドの内訳は以下の通りです。

  • 実質手数料にあたるスプレッド分(取引通貨や為替相場の実情で変動)
  • 投資助言報酬1000通貨あたり1円(税込)

ストラテジーを利用すると投資助言報酬がかかりますので、一般のFX口座のスプレッドよりは若干高めになります。

リアルタイム入金

リアルタイム入金とは、自分のシストレ24口座にリアルタイムで入金できるサービスのことです。

インヴァスト証券では、指定のネットバンク口座をお持ちならば、24時間いつでもリアルタイム入金が可能です。リアルタイム入金ができるネットバンク口座は、以下7行になります。

  • 三菱東京UFJ銀行
  • みずほ銀行
  • 三井住友銀行
  • 楽天銀行
  • ジャパンネット銀行
  • 住信SBIネット銀行
  • ゆうちょ銀行

これらネットバンクのいずれかをお持ちならあらためてネットバンク口座を開設する必要はありません。

もし、上7行のどの口座もお持ちでないならば、シストレ24口座と同時にネットバンクも開設すると入出金がスムーズです。

管理人メインバンクは楽天銀行↓
楽天銀行

インヴァスト証券【シストレ24】の概要 まとめ

最後に、シストレ24の概要をまとめてみます。

  • シストレ24とは、インヴァスト証券のFX自動売買取引商品
  • ストラテジー作成は外貨運用のプロ
  • これからの為替相場に適合するストラテジーを利用するのがコツ
  • 為替変動などにより必要が生じればトラテジーをすぐに入れ替えること
  • 取扱われているのは26通貨ペア
  • 取引単位は1000通貨単位、最低取引量は5000通貨
  • スプレッドには投資助言報酬(1000通貨ごとに1円)が含まれる

重要な点をまとめてみました。基本を振り返りたいときはこのページを見直してくださいね。

シストレ24のさらなる詳細はインヴァスト証券HPで確認を⇒インヴァスト証券

それでは、また。

シストレ24の口座開設はこちらから↓
通常よりも+3000円の限定タイアップ中!
インヴァスト証券

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket