2018/08/16

サクソバンク証券で口座開設する方法 | 初回ログインできない事例と共にご紹介

この記事では、外資系証券会社のサクソバンク証券でFX口座を開設する方法をご紹介します。

というのも、口座開設までの手順と初回ログイン方法が純国内会社のそれと少し違うのです。これまでFX口座を開設したことがある方でも手間取る可能性があります。

口座開設と初回ログインをスムーズに行うための参考になれば幸いです。

スポンサーリンク


サクソバンク証券で口座開設する方法

まず、サクソバンク証券で口座開設する手順を画像付きでご紹介します。

申込ページで必要事項を入力

初めに、以下のような口座開設バナーをクリックします。

サクソバンクFX

そして、申込ページにいきましょう。

口座開設ページで、基本事項を理解した上で同意し、チェック欄を埋めていきます。

 

次に、名前や住所、その他記入必須事項など、申込フォームを入力します。

注意点ですが、ここで入力する住所は、後ほどアップロードするマイナンバーカードなど身分証明書に記載されている住所と同一のものでなければなりません

すべて入力したら確認後、送信します。すると、登録したメールアドレスに確認メールが届きます。

マイナンバーカードをアップロード

メール内の指示に沿って、マイナンバーカードの画像(表と裏の両面)をアップロードしましょう。

アップロードする画像は鮮明なものを。鮮明出ないと、再度提出がリクエストされることがあり、二度手間になります。

口座開設がスムーズでないとストレスがたまります。ストレスフリーで開設するために、ここは非常に重要です。

画像をアップロードしてから、約1週間で登録住所宛にIDが届きます。

私の場合は週末をはさんで8日かかりました。純国内FX会社よりも少し遅い気がしますが、それはご愛嬌ということで。

また、IDは簡易書留でなく本人限定受取郵便で郵送されます。自身でIDを受け取る必要があるので、自宅に長期不在の場合は申込を避け、帰宅前或いは帰宅後に申込するのが賢明でしょう。

IDを受け取ったら、ログイン用パスワードを自身で設定する必要があります。パスワード設定を行わないと取引ツールにログインできません

詳細は下で説明します。

サクソバンク証券で初回ログインできない理由と解決法

国内FX口座のほとんどは、口座開設が承認されるとIDとともにパスワードが簡易書留で送付されます。しかし、サクソバンク証券はここに違いがあります。

ログインできないと取引を始められません。重要なポイントですので、しっかりと覚えておいてください。

他FX口座と違うサクソバンク証券の初回ログイン方法

サクソバンク証券で口座開設申込が終わると、約1週間でIDが送付されます。こんな感じで封書が届くでしょう。

中を開けるとIDが記載された「総合口座開設通知書」が入っています。

 

そのIDを見ながら、まずはサクソバンク証券のホームページ(https://www.home.saxo/ja-jp)にいきます。

そして、以下の手順で設定が必要です。

  1. ホームページの「ログイン」をクリック
  2. 「パスワード新規作成/再設定」をクリック
  3. 登録メールアドレスとユーザーIDを入力し、送信
  4. 登録メールアドレスにパスワード設定用のURLが届く
  5. パスワード設定完了
  6. 入金手続き(初回入金最低限度額10万円~
  7. 入金完了後、取引ツールにログイン可

他社FX口座と取引までの手順が違うので戸惑うことがあるかもしれませんね。実際、私も少々戸惑いました。ただし、IDとともに送られてきた「お取引までの流れ」を見れば、全く問題ありません。

入金後、さっそくFX取引を始めましょう!

サクソバンク証券で口座開設する⇒サクソバンク証券

サクソバンク証券で口座開設 まとめ

サクソバンク証券の口座開設手順は、他社FX口座のそれと少々違うものでした。

簡単にまとめると、サクソバンク証券からパスワードは送付されません受け取ったIDを利用して、まずパスワードを設定し、FX口座に入金をしてから取引できるようになります

サクソバンク口座開設と初回ログインにおける重要ポイントです。しっかり銘記していただければと思います。

それでは、また。

約150種類の通貨ペアが取引OK
サクソバンク証券口座開設はこちら↓↓
サクソバンクFX