2018/01/25

おすすめクレジットカードは、実はおすすめじゃないんです

「おすすめクレジットカードはコチラ!」という類のフレーズを見たことがありませんか? もし、おすすめクレジットカードを探してこちらに来て下さったのならごめんなさい。ここにはおすすめクレジットカードは記載していません。

むしろ、「おすすめクレジットカード」に気をつけてください、という話なんです。

スポンサーリンク


おすすめクレジットカードがおすすめじゃない理由

クレジットカードの種類は数えきれないほどあって、その中から限定して見知らぬ人におすすめすることって可能なのでしょうか? 不可能ではありません。

ただし、ネット上にあふれる「おすすめクレジットカード」の多くが、あなたのニーズを満たすとは限らないのです。その理由とは?

おすすめカードには気をつけて!

おすすめクレジットカードはアフィリエイトが最大の目的

おすすめクレジットカードをサイトで紹介している方のほとんどは、アフィリエイターかアフィリエイトを主な収益としています。ですから、何らかのクレジットカードをすすめ、かつバナーをクリックしてもらいカード申込をしてもらわないとお金になりません。

三井住友VISAカードは1,000円につき5ポイントも貰えます、イチオシです! というかもしれません。しかし、1,000円で5ポイントは還元率0.5%。いたって普通の還元率です。

還元率で言えば間違いなくリクルートカードプラス(還元率2.0%、年会費2,000円+税)かリクルートカード(還元率1.2%、年会費永年無料)がおすすめのはずです。

しかし、アフィリエイト収入の都合で、三井住友VISAをおすすめしなければならない事情があるということですね。詳しくは言えませんが、三井住友VISAをおすすめしたほうがお金になるということです。

アフィリエイトの都合がからんでいると、一番のおすすめがおすすめできない、というわけです。

クレジットカードの裏事情

あなたと他の人のニーズは違う

アフィリエイト収益にとらわれず、高還元率をうたいリクルートカードプラスをおすすめしているサイトがあるとしましょう。じゃあ、リクルートカードプラスを申込めば良いかというと、そうとは言い切れません。

簡単に言えば、リクルートカードプラスがあなたのニーズを最大限満たすとは限らないからです。

先にふれましたが、リクルートカードプラスの還元率は2.0%。しかし年会費が2,000円+税かかるので、最低でも年間108,000円(税込)利用しないと年会費分のポイントを獲得することができません。

それに加え、年間10万円程度の利用なら、リクルートカードプラスが “おすすめ” とは言えません。還元率1.2%のリクルートカードと比較してみます。

年間利用額に基づいてポイント計算すると、還元率2.0%のリクルートカードプラスを利用するなら年間27万円以上の利用が絶対条件です。

  • 年間利用額27万円を超えるならリクルートカードプラス(還元率2.0%)

(獲得ポイント5400-年会費2,160円(税込)=3240ポイント)

  • 年間利用額27万円以下ならリクルートカード(還元率1.2%)

(27万円×1.2%=獲得ポイント3240ポイント)

要は、あなたの年間利用額次第、というわけです。還元率2.0%だから誰にでも “おすすめ” というのは間違いなのです。

本当にあなたにおすすめのカードは、あなたのライフスタイルに最適のカードです。あなたのライフスタイルが変われば、利用すべきカードも変わります

学生のときに利用すべきカードと卒業後に必要となるカードは違いますし、定年後にふさわしいカードも異なります。

おすすめ! という言葉に引き寄せられて、むやみにカード申請してはいけません。……本当のことを書き綴ってしまい、アフィリエイターの方には申し訳ありません<m(__)m>

アフィリエイターの方、ごめんなさい2

保有するカードはあなたの価値観を示すもの

では、どんなカードがいいかなぁと考えることでしょう。カードを選択する前に、一つだけ覚えておいてください。

保有するカードはあなたの価値観を示すものです。

カード選別の基準がステータス感で、三井住友VISAカードを選んだとしましょう。三井住友VISAは確かにステータスがあります。そのカードを見せるだけで、周りの人は「おっ」と思う魅力的なカード、ステータス感のあるカードですからね。

ただ、逆の角度から見れば、還元率などをあまり意識していないとも言えます。本当の節約家は三井住友VISAカードは持ちません。少しでも還元率の高いカード、または自分が頻繁に利用する場所で還元率がUPするカードを持っているはずです。

たとえば、基本還元率1.0%だけど楽天市場や楽天系列で利用すると、還元率2.0%になる楽天カードとか。

誤解してほしくないのは、三井住友VISAが悪い、楽天カードが良い、ということではありません。どちらのカードを選ぼうとも、それがあなたの価値観を表しているということです。

自分が何を大切にしているのか、見直す瞬間でもあります。

おすすめクレジットカードがおすすめじゃない理由 まとめ

  • おすすめクレジットカードはアフィリエイトが最大の目的
  • あなたと他の人のニーズは違う

おすすめのクレジットカードが本当のおすすめではないこと、お分かりいただけたと思います。あなたの価値観に合っているカードが見つかると良いですね。

それでは、また。

 

国内外に強い年会費無料のカードはリクルートカードです。還元率最高水準で、ショッピング保険も付いています。

  • 年会費:無料
  • 還元率:1.2%~
  • 国際ブランド:VISA
  • 海外旅行保険:利用付帯
  • 死亡後遺症傷害:最高2000万円
  • ケガ治療:最高100万円
  • 病気治療:最高100万円
  • 救援費用:最高100万円
  • 賠償責任:最高2000万円
  • 携行品:最高20万円
  • ショッピング保険:100万円

詳細はこちら↓

 

海外旅行におすすめのクレジットカードは楽天プレミアムカードです。年会費はかかりますが、海外旅行保険が自動付帯、全世界の空港ラウンジが無料で利用できる「プライオリティパス会員」特典付きです。

  • 年会費:1万円(税抜き)
  • 還元率:1.0%~
  • 国際ブランド:VISA,Master,JCB
  • 海外旅行保険:自動付帯、最高5000万円
  • 国内旅行保険:自動付帯、最高5000万円
  • 携行品:最高50万円

詳細はこちら↓
楽天プレミアムカード