【不動産投資】 お金に働いてもらえる現実的な方法なのか分析してみた

   2016/09/07

お金に働いてもらう方法の一つに、不動産投資があります。

何らかの不動産を運用して不労所得収入を狙う方法ですね。アパートやマンションを買って賃貸するなどなど、不動産という形でお金に働いてもらうわけです。

しかし、不動産投資はお金に働いてもらえる現実的な方法なのでしょうか。筆者も資産運用の手段の一つとして不動産投資を考慮していますので、真面目に分析してみました。

不動産投資というお金に働いてもらう方法

不動産投資の一例を考えてみた

どうすれば不動産投資ができるか、参考資料を見ながら考えてみました。たとえば、こんな不動産投資法があります。

激安中古物件投資法

激安の中古物件(アパートではなく一戸建て)を現金で購入し、リフォームしてから賃貸することで利回り20~30%は狙えます

メリットは、不動産投資の中でも初期費用が少なく、地方物件なら200~300万円で良質の中古物件が買える点です。

また、リフォーム代金をなるべく抑えるために、セルフでリフォームするのがコツ。つまり、自分で修繕できるところは自分で直しちゃいましょうってことですね。

仮定ではありますが、物件が200万円、リフォームが50万円だとして、年間利回り20%なら、年間収入が50万円5年間で元が取れる計算です。

激安中古物件投資法のデメリット

年間収入50万円で、5年で元が取れる。これは皮算用です。冷静になって考えてみましょう。

まず、初期費用。高すぎます。

200万円? 300万円?

いくらなんでも高すぎでしょう。不動産投資をしたこともないのに、不動産投資初心者がそんな大金をつぎ込んで投資できません。現実的ではありません。

また、年間利回り20%の保証はどこにもありません

賃貸として貸し出したとしても、地方に入居者が必ずいるという保証はありません。空室期間は株投資でいう塩漬け期間となり、投資として失敗です。

また、リフォーム代金も怪しいですね。

50万円で、自分でリフォームしましょうと言うものの、家の状態によっては自分で直せない部分がたくさんあるかもしれません。直せないから人を雇うとなれば出費がかさみ、初期費用がさらに高くなるわけです。

この不動産投資はあくまでも一例ですが、他の不動産投資にも同じことが言えます。

要は、投資を始めるにあたり、リスクと不安定要素が大きすぎます。手軽に不動産投資が始められます、なんていう決まり文句がありますが、ほとんどの不動産投資は相当な覚悟が必要ですね。

筆者も一戸建てかあるいはアパートなどの不動産投資を真面目に考えましたが、今のところ現実的ではなさそうです。

初期費用が高すぎる不動産投資は非現実的!

手軽にできる不動産投資

今の時代、投資の主流は少額投資です。

ただでさえ自分で投資の敷居を高くしている日本人ですから、少額で始められる投資でなければ、誰も見向きもしませんよね。

そんな人気のない不動産投資に一石を投じた投資法を見つけました。これなら不動産投資を始めたいと思えたんですよね。

それがソーシャルレンディングです。

今さら聞けないソーシャルレンディングとは? どんな投資法なのか調べてみた
記事概要:次第に火がついてきた新たな投資法「ソーシャルレンディング」の詳細を解説した記事です。基礎記事として参考にしてください。

ソーシャルレンディング投資を簡単に一言でいうと、投資家がソーシャルレンディング運営会社を通して事業主にお金を貸すことです。そして毎季ごとまたは一括で利息が償還されます。

でも、そんなうまい話があるのかって疑っちゃいますよね。手軽に少額から不動産投資がしたいのは山々ですが、そう簡単にはいかない現実があるのは素人の私たちでも重々承知しているわけですから。

それにソーシャルレンディング投資って、あまり聞きなれない投資法ですよね。管理人はずいぶん前からしていますが、初めて聞く人も少なくないのではないかと。なんだかよくわからない投資法に手を出すのは怖いって思ってしまうのが本音ではないでしょうか。

でもですね、はなっから拒絶してしまうのも違うし、実際に不動産投資をしなくともどんな投資術なのか調べてみるのはただです。損失は一切ありません。

ソーシャルレンディング運営のラッキーバンクについての紹介記事↓

「LuckyBank」で少額から不動産投資を 初期費用に何百万円も必要なし
記事概要:次第に火がついてきた新たな投資法ソーシャルレンディングですが、イチオシの案件「ラッキーバンク」を紹介した記事です。1万円単位で不動産投資をしたい方、必見です。

みんなのクレジットについてはこちら↓↓

銀行預金氷河期にお金を冬眠させたくないなら貸して増やせば良い話
記事概要:貸して増やすみんなのクレジット投資(ソーシャルレンディング投資)について紹介しています。低金利の今、銀行預金でお金を眠らせるよりは、リスクの低い投資法で少額投資を行なうほうが賢明ですから、是非参考にしてください。

初期費用200万円、300万円もかけて不動産投資をする時代ではありません。ソーシャルレンディングを活用して少額不動産投資をしましょう。

それでは、また。

ラッキーバンク公式サイトで口座開設↓↓

みんなのクレジット公式サイトで口座開設↓↓
みんなのクレジット

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket