2019/05/11

みんなのFXのメリットとデメリットまとめ | みんなのFXまだ使ってないの?

トレイダーズ証券株式会社が運営するFX口座「みんなのFX」は、数あるFX会社の中でもどちらかと言えば老舗のFX口座です。

私はスワップ生活のためにみんなのFXを利用しているのですが、決して無作為に選んだわけではありません。明確な理由があるんです。

【用語解説:スワップ生活とは

  • スワップポイントを収入として生活すること。保有通貨や通貨量によって獲得できるスワップポイントは変動します。

メキシコペソスワップ生活 | 必要資金額・投資法・注意点を徹底解説

この記事では私がスワップ生活のために利用しているみんなのFXのメリットとデメリットをまとめます。今後のFX口座選別の参考にして下さい。

みんなのFXのメリットとデメリット

  • 高金利通貨のスワップポイント業界最高水準
  • スプレッドが業界最高水準
  • 1,000通貨取引ができる
  • 毎月実施されるグルメキャンペーン
  • 当日出金可能な迅速対応
  • 常に改善される取引システム取扱
  • 取扱い通貨ペアが23種類と少ない
  • 自己資本比率が低め

スポンサーリンク


みんなのFXのメリット6つ

はじめに、みんなのFXのメリット6つをひとつずつ見ていきます。

高金利通貨のスワップポイント業界最高水準

みんなのFXのメリットの一つは、高金利3大通貨すべてにおいてスワップポイントが業界最高水準の点です。

高金利3大通貨とは、

  • メキシコペソ
  • トルコリラ
  • 南アフリカランド

この3通貨です。

現時点の各国政策金利を確認してみましょう。

2019年1月末の各国政策金利一覧(画像元:外為どっとコム)

ご覧の通り、トルコ、メキシコ、南アフリカの3か国は群を抜いて高金利となっています。

この3通貨を保有するなら高スワップポイントを定期的に受け取ることができます。

同じ通貨でもFX口座が違うと付与されるスワップポイントに差があるのですが、みんなのFXのスワップポイントは平均的に高いのがメリットです。

毎週この記事でスワップポイント週間ランキングを掲載しています↓

これら5通貨ペアにおいて、トレイダーズ証券(みんなのFXとLIGHT FX)は常に上位にランクインしています。

メキシコペソ、トルコリラ、南アフリカランドを保有してスワップポイントをもらいたいという方は、みんなのFXがおすすめです。

みんなのFXの詳細を確認する⇒みんなのFX公式サイト

スプレッドが業界最高水準

みんなのFXのスプレッドは業界最狭水準です。メジャー通貨のスプレッドはこちらです↓

現在、ドル円スプレッド最狭はSBIFXトレード0.27銭(1万通貨以下の取引限定)です。

みんなのFXを含めその他のFX会社の多くは、ドル円スプレッドを0.3銭としていますので、みんなのFXのスプレッドは業界最狭水準と断定できます。

その他の通貨ペアのスプレッドはこちらです↓

FX口座のほとんどは取引手数料を0円にしていますが、スプレッドという形で手数料を徴収しているのが一般的です。みんなのFXも例外ではありません。

【用語解説:スプレッドとは
買値と売値の差のこと。その差がFX会社側の収益となるのがFXのしくみです。

要するに、スプレッドの狭いみんなのFXで取引すればコスト負担をおさえられます

1,000通貨取引ができる

FX初心者が「買う・売る・様子見」を適時的確に判断するのは非常に難しく、取引量が多ければさらに損失リスクが高まります。ですから、取引量をなるべく抑えて取引を始めるのが絶対条件なんです。

取引量をなるべく抑える。どの程度抑えれば良いのか? という話になりますが、具体的に言えば1,000通貨以下の取引が必須です。FX初心者は、どんなに多くても1,000通貨以下で取引を始めるべきなんです。

ご存知かと思いますが、レートが±1円動く場合、取引量に応じた損益額は以下の通りです。

  • 1,000通貨取引⇒損益額±1,000円
  • 1万通貨取引⇒損益額±1万円

ご覧の通り1万通貨取引のほうがハイリスクの取引になりますから、FX取引に不慣れな初心者は1,000通貨以下で取引を始めるのが最善です。

しかし、FX口座の規定で最低取引量が1万通貨だとしたら、その口座での取引は少なくともFX初心者には相応しいとは言えません。

ですから、最低条件である1,000通貨単位取引を取扱うみんなのFXがおすすめなのです。

初心者向け口座のみんなのFXを解説する⇒みんなのFX公式サイト

毎月実施されるグルメキャンペーン

みんなのFXで裁量取引をすると、取引量が必然と多くなってきます

みんなのFXでは、ほぼ毎月取引量に応じてグルメ商品が贈呈となるグルメキャンペーンが実施されています。

取引量がどうしても多くなる裁量取引ですので、毎月グルメキャンペーンを実施しているみんなのFXがおすすめなんです。どうせ取引するなら何かもらえたほうが嬉しいですからね。

当日出金可能な迅速対応

FX取引で稼いだお金を利用するには、必ず自分名義の銀行へ出金しなければなりません。

この出金手続きが厄介で、あるFX口座は銀行に着金まで3~4日かかるんです。3~4日ってあまりにも遅くないですか!? 必要だから出金するのに、さっさと振り込まれないと困りますよね。

その点みんなのFXの出金は非常に優秀で、午前11時までに出金手続きを行なえば当日に着金となります。当日出金OKのFX口座は、実はそんなに多くないんです。

関連記事↓

即日出金ならストレスフリー! 出金タイミングが早いおすすめFX口座5つ

当日出金可能なみんなのFX口座。迅速対応のトレイダーズ証券がイチオシです。

その他詳細は公式サイトでも確認できます。みんなのFX公式サイト

常に改善される取引システム

FX会社に限らず企業の発展のポイントは、顧客の意見をどれだけ受け止められるか、という点だと思っています。

ある会社の社長は、「クレームは顧客獲得のチャンス」と仰っていました。そう、クレームを聞くのは心地良いものではありませんが、その対応次第で企業は改善もすれば後退にもなるというわけです。

みんなのFX運営のトレイダーズ証券は、みんなのFX利用者の意見や要望を取引ツールに反映してくれる優良企業なのです。

先日ツイッターでもこんなコメントが。

Twitterより

お客から「ここをこうして欲しい」と言われれば、期待に応えられるよう最善を尽くすトレイダーズ証券。好印象ですよね。この精神態度がみんなのFX利用者を満足させ、心をつかんでいるのでしょう。

このトレイダーズ証券の絶え間なく進歩しようとする姿勢と実践力が気に入っています。

みんなのFXでさっそく口座開設する⇒みんなのFX公式サイト

みんなのFXのデメリット2つ

みんなのFXは非常にバランスの取れているFX口座だと思っています。

しかし、完ぺきというわけでなく、改善の余地はあると見ています。

取扱い通貨ペアが23種類と少ない

みんなのFXの取扱い通貨ペアは23種類とちょっと少なめです。

みんなのFX取扱い通貨ペア一覧(画像元:みんなのFXホームページ)

取扱い通貨ペア数が23種類で、たとえばヒロセ通商の約50通貨ペアよりも少ないですから、その点は改善の余地があるかと見ています。

しかし、裁量取引に必要な通貨ペア、たとえば米ドル円、ユーロ円、ユーロドル、英ポンド円などはすべて取扱われていますし、高金利通貨のメキシコペソ、南アフリカランド、トルコリラも取引できます。

また、最近までは20通貨ペアでしたが、

  • 人民元/円
  • 香港ドル/円
  • シンガポールドル/円

この3通貨ペアが追加されました。

ですから取引で不便を感じることはありません。それどころか、私はスワップポイント生活のメイン口座です。

自己資本規制比率が低め

みんなのFXの運営会社「トレイダーズ証券」の自己資本規制比率が少し低めです。

財務の健全性をはかる指標となる自己資本規制比率です。法律で120%以上維持することが義務付けられています。

トレイダーズ証券は300%オーバーなのでまったく問題ありません。しかし、比率1000%以上のFX会社(たとえば外為どっとコム。近年、1200%以上)があることを考えると、もう少し高いほうが安心度も上がりますね

これはトレイダーズ証券に頑張ってもらいましょう。

みんなのFXのメリットとデメリットまとめ

私がスワップポイント生活でみんなのFX(トレイダーズ証券)を利用する主な理由は、スワップポイント業界最高水準だからです。

最後に、この記事の要点をおさらいです。

みんなのFXのメリットとデメリット

  • 高金利通貨のスワップポイント業界最高水準
  • スプレッドが業界最高水準
  • 1,000通貨取引ができる
  • 毎月実施されるグルメキャンペーン
  • 当日出金可能な迅速対応
  • 常に改善される取引システム取扱
  • 取扱い通貨ペアが23種類と少ない
  • 自己資本比率が低め

通貨ペア数は少し物足りませんが、バランスの取れたFX口座です。FXこれから始めようと思っている初心者の方におすすめです。

それでは、また。

スワップポイント高いです
FX初心者向けみんなのFX
イチオシです↓↓
(5分ほどで口座開設できます)
トレイダーズ証券[みんなのFX]

口座開設のやり方はこちらで開設しています(超簡単です)

みんなのFX | 初めての人でもわかるFX口座開設手順を画像11枚で解説