2018/11/28

LIGHT FXを使いこなす方法 | メリットとデメリット、みんなのFXとの違いを徹底解説

トレイダーズ証券は2018年10月末、【LIGHT FX】をリリースしました。LIGHT FXとはどんなFX口座なのでしょうか? 同じくトレイダーズ証券のみんなのFXと何が違うのでしょうか?

LIGHT FXについて調べましたので、詳細をお伝えします。これからFXをやってみたい方、あらたにFX口座開設を検討の方、必読です。

この記事でお伝えするのはこの点です。

この記事でお伝えする要点

  • LIGHT FXのメリットとデメリット
  • みんなのFXとの違いを比較
  • LIGHT FXを使いこなす方法3つ

この記事を読めばLIGHT FXの概要がわかるだけでなく、自身がLIGHT FXを利用すべきかどうか、どのようにLIGHT FXを使いこなせば良いのかわかります。

スポンサーリンク


LIGHT FXのメリットとデメリット

はじめに、LIGHT FXの口座概要をお伝えしてからLIGHT FXのメリットとデメリットをビシッとお伝えします。

LIGHT FXの口座概要

LIGHT FXリリースが公式発表されたときの書面(一部抜粋)を見てみましょう。

ここから分かるLIGHT FXのコンセプトは、

  • LIGHT FXはFXに特化した取引システム
  • 気軽(LIGHT)に取引するためのFX口座
  • これまで投資に興味のなかったユーザー層向けのFX口座

この3点です。要約すると、FXをしたことがない人が気軽にトレードするためのFX口座、と言えます。

ですから、LIGHT FXはとりわけFX初心者向けのFX口座です。これからFXで資産運用がしたいという人は、LIGHT FXが登竜門口座になるでしょう。

でもLIGHT FXってどんなFX口座なの? 使える口座なの?って思うかもしれませんね。

では、LIGHT FXの取引スペックを概観してみましょう。一覧表はこちらです。

LIGHT FXスペック表

LIGHT FXが気軽に取引できるようになっている特色の一つが、取引単位です。

DMMFXやGMOクリック証券というFX口座は1万通貨単位でしかFXができないのですが、LIGHT FXでは1000通貨単位で取引できます

たとえば米ドル/円レートが100円のとき取引すると、

  • 1万通貨取引⇒100万円分のドル円取引
  • 1000通貨取引⇒10万円分のドル円取引

このように取引通貨量が文字通りゼロが一つ違うので取引リスクが異なり、当然1万通貨取引のほうがハイリスクな取引になります。

  • 1万通貨取引⇒為替レート±1円⇒損益±1万円
  • 1000通貨取引⇒為替レート±1円⇒損益±1000円

このように取引通貨量が多いほどハイリスク・ハイリターンになるので、LIGHT FXはFX初心者でも “気軽” に取引できるFX口座といえるのです。

また、初回入金額の規定はないので、自身の準備投資金に応じて入金可能です。

一部のFX会社は初回入金額を1万円以上とか10万円以上と規定しているので、LIGHT FXはFXを始めるにあたりやさしい口座だと思います。

LIGHT FXのメリット

では、LIGHT FXの取引スペックをふまえ、主なメリットを見てみましょう。

LIGHT FXのメリット

  • 高金利通貨のスワップポイントが業界最高水準
  • スプレッドが業界最狭水準
  • FXチャートが高機能で使いやすい
  • 初めての方向けの基礎記事が分かりやすい

高金利通貨のスワップポイントが業界最高水準

LIGHT FXのメリットの一つは、高金利3大通貨すべてにおいてスワップポイントが業界最高水準の点です。

高金利3大通貨とは、

  • メキシコペソ
  • トルコリラ
  • 南アフリカランド

この3通貨です。

現時点の各国政策金利を確認してみましょう。

各国政策金利一覧(2018年10月末)
画像元:外為どっとコム

ご覧の通り、トルコ、メキシコ、南アフリカの3か国は群を抜いて高金利となっています。

この3通貨を保有するなら高スワップポイントを定期的に受け取ることができます。

同じ通貨でもFX口座が違うと付与されるスワップポイントが違うのですが、LIGHT FXのスワップポイントは高いのがメリットです。

メキシコペソ、トルコリラ、南アフリカランドを保有してスワップポイントをもらいたいという方は、LIGHT FXがおすすめです。

LIGHT FX口座を開設する⇒LIGHT FX公式サイト(トレイダーズ証券)

スプレッドが業界最狭水準

LIGHT FXのスプレッドは業界最狭水準です。メジャー通貨のスプレッドはこちらです↓

LIGHT FXメジャー通貨スプレッド

現在、ドル円スプレッド最狭はSBIFXトレード0.27銭(1万通貨以下の取引限定)です。

LIGHT FXを含めその他のFX会社の多くは、ドル円スプレッドを0.3銭としていますので、LIGHT FXのスプレッドは業界最狭水準と断定できます。

その他の通貨ペアのスプレッドはこちらです↓

LIGHT FXその他通貨のスプレッド

FX口座のほとんどは取引手数料を0円にしていますが、スプレッドという形で手数料を徴収しているのが一般的です。LIGHT FXも例外ではありません。

【用語解説:スプレッドとは】
買値と売値の差のこと。その差がFX会社側の収益となるのがFXのしくみです。

要するに、スプレッドの狭いLIGHT FXで取引すればコスト負担をおさえられます

FXチャートが高機能で使いやすい

LIGHT FXのPCやスマホアプリのチャートは高機能で使いやすいです。

  • パソコン用取引ツールで利用できるテクニカル指標⇒20種類(トレンド系10種類、オシレーター系10種類)
  • スマホアプリ⇒8種類(トレンド系4種類、オシレーター系4種類)

普段はスマホでトレードし、本格的にトレードしたいときはパソコンで、という選択もできます。

個人的にはスマホで合計8種類のテクニカルチャートがあれば十分だと思っています。

また、チャートはスマホ画面を縦にしても横にしても使えますので、機能性は高いです。

 

一部のFX会社のスマホアプリはチャート画面を横にできないので、使いにくいんですよね…。その面で比較してもLIGHT FXは使いやすいと感じます。

LIGHT FXで口座開設してチャート画面を見てみる⇒LIGHT FX公式サイト

初めての方向けの基礎記事が分かりやすい

FX取引をする前に欠かせないのがFXに関する基礎知識ですが、基本的な仕組みや取引の仕方はLIGHT FXのホームページが参考になります。

全部のページを見てみましたが、初心者でも分かりやすいと思える基礎講座でした。

これは口座未開設の方でも閲覧できるので、まずはFXとは何か概要を見れば「FXで投資するぞ!」という気になるでしょうね。

LIGHT FXのデメリット

当然ですが、完ぺきなFX口座はありません。LIGHT FXにもいくらかのデメリットがあります。

LIGHT FXのデメリット

  • 売買比率の信頼度が少し低い
  • 自己資本規制比率が低め
  • イメージモデルもキャラクターもいない

売買比率の信頼度が少し低い

LIGHT FXの取引ツールで売買比率情報が見られるのですが、信頼度は少し低いです。

というのは、LIGHT FXは新サービスで利用者がまだまだ少ないのが現状です。利用者の売買比率を表示する情報ですが、その情報のもととなる利用者が少ないですから、かなり偏りが出てしまうと思っています。

「LIGHT FX」では、FX口座における売買比率や価格分布を表示することができます。
「LIGHT FX」で取引しているお客様のポジションの片寄りや、どの価格帯でポジションを保有しているかが一目でわかります。ぜひお取引にご活用ください。(参照元:LIGHT FXホームページ)

わたしもよく売買比率情報を見て、「あ、今は多くのトレーダーがドル円を売っているからレートが下がるかもなぁ」などなど、情報から今後のレートの動きを予想することがあります。でも信頼度が低いとあまり使えませんね。

これは時間が解決するでしょう。LIGHT FX利用者が多くなれば売買比率情報もより信頼できるものになると思います。

また、トレイダーズ証券のみんなのFXも売買比率情報をサービスしています。

みんなのFX売買比率情報画像

売買比率情報がみたいときは、みんなのFX取引ツールを開けるだけですぐに確認できますので、大きな問題にはなりません。

売買比率情報は口座開設者のみ閲覧できる特別なサービスです。さっそく口座開設してFX取引に必要な情報をゲットしましょう⇒LIGHT FX / みんなのFX

自己資本規制比率が低め

LIGHT FXとみんなのFXの運営会社「トレイダーズ証券」の自己資本規制比率が少し低めです。

トレイダーズ証券の自己資本規制比率(2018年9月末)

財務の健全性をはかる指標となる自己資本規制比率です。法律で120%以上維持することが義務付けられています。

トレイダーズ証券は約250%なのでまったく問題ありません。しかし、比率1000%以上のFX会社(たとえば外為どっとコム。近年、1200%以上)があることを考えると、もう少し高いほうが安心度も上がりますね

これはトレイダーズ証券に頑張ってもらいましょう。

イメージモデルもキャラクターもいない

LIGHT FXにはイメージモデルやキャラクターがいません。FXには関係ないのですが、華がありませんね…。

外為どっとコム

セントラル短資FX
FXダイレクトプラス

みんなのFX
トレイダーズ証券[みんなのFX]

どこもイメージガールいるのですが、LIGHT FXにはいません、今のところ。

シンプルがモットーとは言え、ちょっとシンプルすぎるのが気になります^^;

みんなのFXとどっちが良いか徹底比較

ご存知の通り、LIGHT FXとみんなのFXを運営するのはトレイダーズ証券です。

すでに多くのトレーダーが利用するみんなのFXとLIGHT FXでは何が違うのでしょうか? 利用するならどっちがおすすめなのでしょうか?

2つのFX口座を比較してみますので、どっちを使おうかなという観点で比較検討してみてください。

まずは、LIGHT FXとみんなのFXのスペック比較表を。

LIGHT FXとみんなのFX比較表

比較表いるの? って感じですね。基本的なスペックはすべて同じです。

ただし、細かな点で違いもありますので、ここから比較分析していきます。

スプレッド

上でLIGHT FXのスプレッドを紹介しましたが、みんなのFXとまったく同じスプレッドとなっています。ですから、甲乙はつけられません。

取引ツール

取引ツールで比較したいのは、テクニカルチャート。上でも紹介したようにLIGHT FXの取引ツールで利用できるテクニカル指標は、

  • パソコン用取引ツールで利用できるテクニカル指標⇒20種類(トレンド系10種類、オシレーター系10種類)
  • スマホアプリ⇒8種類(トレンド系4種類、オシレーター系4種類)

この通りでしたが、実はこれに関してみんなのFXも全く同じスペックです。何も変わらないんですよね。取引ツールで違う部分は、ここだけ↓

LIGHT FXアプリ

 

みんなのFXアプリ

何が違うか気づいたかもしれませんが、背景の色が違うんです。はい、それだけです。FXトレードにはあまり関係ないですね。お好みで好きな色のほうをどうぞ、という感じです。

スプレッドも取引ツールスペックも全く同じLIGHT FXとみんなのFXですから、一つ結論として言えるのは、

  • 裁量取引(デイトレードなど、自己判断で為替売買をする取引のこと)をするならLIGHT FXとみんなのFXどちらでもOK

ですね。

スワップポイント

日をまたいで外貨を保有すると付与されるスワップポイントですが、同じ通貨ペアでもFX口座が違うと受け取れるポイント量が違うんですよね。

ではLIGHT FXとみんなのFXではスワップポイントに差があるのでしょうか?

結論をいいますと、差はまったくありません。どの通貨ペアのスワップポイントも同額に設定されています。

ですから、スワップポイントを狙ったトレードをするなら、LIGHT FXとみんなのFXのどちらを利用しても良いでしょう。

FXの勉強をするならみんなのFX

デイトレードもスワップトレードもどちらのFX口座でも良いということですが、FXの勉強に関してはいかがでしょうか? 濃い内容のFXの学習、たとえばオンラインセミナーや会場セミナーでFXを勉強したいなら、どちらのFX口座を利用すべきでしょうか?

みんなのFXは各種セミナーを随時開催していますので、FXの勉強を本気でしたいならみんなのFXがおすすめです。

FXをかじる程度の基礎講座ならLIGHT FXのホームページにありますが、それ以上の知識をもとめるならみんなのFX口座が不可欠になります。

みんなのFXには4タイプのセミナーがあり、

誰でも参加できるものもあれば、FX口座開設や取引条件を満たした人のみ参加できるセミナーもあります。

 

みんなのFXオンラインセミナーの一部

FXをがっつり学んでみたいという方は、みんなのFX口座の開設がおすすめです。

FX以外にシストレやバイナリーオプションしたいならみんなのFX

冒頭でもお伝えしましたが、LIGHT FXのコンセプトは気軽にFXしたい人のためのFX口座です。言い換えると、その他のFX取引関連口座はありません。

裁量取引だけでなく、シストレバイナリーオプションもやってみたいという方は、みんなのFXの口座開設が選択肢になります。

みんなのFXには3種類の取引口座があります。

  • みんなのFX(FX取引口座)
  • シストレ口座(FX自動売買)
  • バイナリーオプション口座(今後のレートが円高か円安になるかを予想する取引)

FX取引だけでなくいろいろなFXをやってみたいならみんなのFXがイチオシです。

口座開設はこちらからできます⇒みんなのFX

LIGHT FXを使いこなす方法3つ

LIGHT FXは裁量取引しかできないからみんなのFXのほうが有利なのでは…? と思うかもしれませんね。

個人的な意見ですが、LIGHT FXとみんなのFXは使い方が大切です。要は、自身のニーズに合わせた使い方をすればLIGHT FXを使いこなせます。

ここからはLIGHT FXを使いこなす方法をお伝えしますので、参考にしてください。

FXの登竜門口座として利用する

初めてFXをするという方はLIGHT FXでFXを始めることをおすすめします

というのもLIGHT FXのコンセプトはFX初心者向け口座です。初心者が使いやすく、FXになじみやすいFX口座とも言えます。

まずはLIGHT FX口座で少額取引を行い、FX取引の感覚をつかみましょう。FXに慣れてきてからみんなのFXのシストレやバイナリーオプションの利用を考えても遅くはありません。

取引手法によってみんなのFXと使い分ける

取引手法によってみんなのFXと使い分けることで、LIGHT FX口座を使いこなせます。

FXの裁量取引には、

  • 短期トレード(デイトレード、スキャルピング)
  • スワップトレード(スワップポイントを狙った取引)

このように時間軸の全く違う取引手法があります。

同じスペックの2つの口座ですが、片方を短期トレード用口座、もう片方をスワップトレード口座というように、取引手法によって使い分けるのがおすすめです。

取引手法でLIGHT FX口座とみんなのFX口座を使い分けるのが賢明な理由は、取引手法によって証拠金維持率の目安が違うからです。一般的に言われている維持率の目安は、

  • 短期トレード:300%以上
  • スワップトレード:1000%以上

このように違いがあります。

1つの口座で短期トレードとスワップトレードの両方をすると維持率が変動し、混乱してしまうデメリットがあるのです。

短期トレードとスワップトレードをするなら、LIGHT FXとみんなのFXを使い分けてトレードしましょう。

取引通貨によってみんなのFXと使い分ける

取引する通貨によってLIGHT FXとみんなのFXを使い分けるのも一つの方法です。

通貨によって使い分けるのがおすすめの理由は、一つのFX口座で複数の通貨ペアを保有しロスカットになると、すべての保有通貨が強制的に決済されてしまうからです

たとえば、メキシコペソ円とトルコリラ円の2通貨ペアを保有しているとします。

メキシコペソ円が順調に利益がプラスになってきたあるとき、トルコリラ円が暴落しロスカットが発動してしまいました。そうすると含み益だったメキシコペソ円も強制的にロスカットになってしまうのです。

ロスカットになるとただでさえ不利なのに、ものすごく損した気分になりますよね…。

でも、メキシコペソ円とトルコリラ円をLIGHT FXとみんなのFXで別々に保有していたならば、運用が順調だったペソ円のロスカットはまぬがれたはずです。

ですから、運用通貨によって口座を分けるならリスク分散になるだけでなく、LIGHT FXを使いこなすことができるのです。

とりわけ3大高金利通貨(メキシコペソ、トルコリラ、南アフリカランド)をスワップトレードするならば、スワップ最高水準のLIGHT FXとみんなのFXを利用することで効率よく利益を上げていけるはずです。

取引通貨ごとにFX口座を使い分けて資産増を狙いましょう。

LIGHT FXのメリットとデメリット まとめ

この記事ではLIGHT FXのメリットとデメリット、みんなのFXとの違い、そしてLIGHT FXを使いこなす方法をお伝えしました。

簡単にまとめると、

この方向性で口座開設するのがおすすめです。また、LIGHT FXを使いこなす方法は、

  • 取引手法と取引通貨によってみんなのFXと使い分ける

これでいきましょう。これからのFX投資の成功を願っています。

LIGHT FXの口座開設の手順や注意点に関してまとめておきました。口座開設前に確認してくださいね↓

LIGHT FX口座開設方法とログインまでの手順、注意点を解説【画像20枚】

それでは、また。

これからFXを始めるなら
初心者向けFX口座の
LIGHT FXがおすすめです↓
数分でサクッと申し込めます
もちろん無料です^^
レイダーズ証券【LIGHT FX】

FXで資産運用がしたい人は
みんなのFX口座を同時開設がおすすめ↓
トレイダーズ証券[みんなのFX]