2018/01/07

仮想通貨とFXのどちらで投資するべきか? 取引時間を比較してみた | 仮想通貨

金融商品のほとんどは取引できる時間帯が決まっており、仮想通貨とFXも取引できる時間帯があります。

そこで、仮想通貨で投資するか、それともFXで投資するか考える上で、取引時間を比較して決めることができます。

これから仮想通貨を取引してみたいと思っている方は、どうぞ最後までご覧ください。

スポンサーリンク


仮想通貨とFXの取引時間を比較してみた

この記事で考えるのは以下の点です。

  • 仮想通貨が取引できる時間帯
  • FXが取引できる時間帯
  • 仮想通貨取引が向いている人
  • FX取引が向いている人
  • 仮想通貨とFXの両方を取引するおすすめの方法とは

それでは、仮想通貨とFXの取引時間帯を比較してみましょう。

仮想通貨が取引できる時間帯

仮想通貨は、原則24時間365日いつでも取引できます

仮想通貨は基本的に通貨を管理する中央管理機関が存在しませんので、取引する参加者がいればいつでも取引できるのが大きな特徴です。

FXはインターバンク市場(金融機関同士が取引する市場のこと)が動いているときに取引できるわけですが、仮想通貨は全く違う次元での取引となり、取引時間帯に大きな制約は存在しないのです。

ただし、仮想通貨を取引するために利用する仮想通貨口座によっては、メンテナンス時間が設定されており、その時間帯だけは仮想通貨の取引や送金が不可となっています。

たとえば、GMOコインでは毎週水曜日15:00~15:30が定期メンテナンスとなっており、

  • 日本円の入出金
  • 仮想通貨の預入・送付
  • 仮想通貨現物売買
  • 仮想通貨FX

以上のサービスすべてが利用できません。といっても、1週間のうちたったの30分ですから、大きな支障はないでしょうね。

GMOコインで仮想通貨を売買してみる⇒GMOコイン

FXが取引できる時間帯

FXが取引できる時間帯は、原則24時間です。しかし、土曜日と日曜日、その他インターバンクの休日には取引不可となります。

上でも少しふれましたが、FXはインターバンク市場で取引されている為替レートをもとにして取引する金融商品ですので、インターバンク市場がお休みの日は取引ができないのです。

具体的に時間帯を見てみると、例えばわたしが利用するFX口座の一つ「SBIFXトレード」では、月曜のAM7:00~土曜日のAM5:30(夏時間)までが取引できます。

SBIFXトレードに限らず、他のFX口座もほとんど同じ時間帯での取引となっています。

強いていうなら、サクソバンク証券だけは月曜AM3:00~取引できますので、オセアニア市場がオープンした時間帯もFX取引したい方はサクソバンク証券で口座開設すると良いかもしれません。

サクソバンク証券で口座開設する⇒サクソバンク証券

仮想通貨取引が向いている人

仮想通貨とFXの取引時間の違いが分かったところで、次に仮想通貨取引が向いている人はどのような方なのか考えてみます。

仮想通貨取引の大きなメリットは、24時間365日取引できる点です。土日祝日も含め、いつでも取引できるわけですから、

  • 平日昼間は働いている方
  • FXトレードをしている方で土日祝日も投資がしたい方

こんな方は仮想通貨取引をやってみると良いかもしれません。仮想通貨売買ができる口座を開設するだけで簡単にトレードできますから、さっそく口座開設してやってみてください。

おすすめ仮想通貨口座⇒coincheckまたはGMOコイン

FX取引が向いている人

逆に、FX取引が向いている人も少なくないかと思います。

  • 土日祝日は家族サービスしたい方
  • 週末はゆっくり休みたい方
  • キャピタルゲイン(売却益)ではなくインカムゲイン(定期収入)を狙って投資したい方

こんな方にはFX投資がおすすめです。

私も長年FXで資産運用を行い、最近は、いつでも取引できる仮想通貨を保有していますが、これまで投資について考える必要のない時間帯でも仮想通貨のことを考えるようになり、プライベートの時間が少し少なくなった感があります。

投資とプライベートをしっかり分けたい方には、FX投資をおすすめします。

また、FX投資ではスワップポイントというインカムゲインの獲得が可能ですが、仮想通貨はキャピタルゲインのみの収益となります。

定期収入をメインに資産運用を考えている方は、仮想通貨よりもFX取引を選ぶと良いでしょう。

高スワップポイント提供のFX口座を開設する⇒サクソバンク証券

仮想通貨とFXの両方を取引するおすすめの方法とは

仮想通貨とFXのどちらかを選択するのが一つのセオリーですが、両立も可能です。負担を感じずに仮想通貨とFXの両方を取引するおすすめの方法があります。

  • 仮想通貨⇒将来的に値上がりしそうな通貨を仕込んでほったらかし
  • FX⇒半自動取引でほったらかし

仮想通貨やFX取引は、頻繁に取引する必要はありません。対象商品を買ったら、あとはほったらかしておけば良いのです。

では仮想通貨とFXのそれぞれで何を買えば “ほったらかし投資” ができるのでしょうか?

仮想通貨の中で将来値上がりしそうな通貨と言えば、

  • Ripple(リップル)
  • NEM(ネム)

この2通貨がかなり少額で購入でき、将来的に有望視されている暗号通貨です。

2017年末時点で、リップルが120円程度、ネムが110円程度です。価格がどこまで上昇するかは分かりませんし、上昇する保証はありません。

しかし、多くの投資家が買っているには理由があると思いませんか? 比較的安い時に仕込み、値上がりしたところで売ればそれなりの収益を得られると見ています。(投資は自己責任で)

次に、FXのほったらかし投資の方法をお伝えします。

日本国内でのFXサービスは20年ほどの歴史があり、今ではさまざまなFX商品がリリースされています。

その中でも、資産運用に重きを置いた半自動取引が人気を呼んでいるのをご存知ですか?

半自動売買とは、初めの設定は手動で行いますが、稼働後は自動で取引が行われるサービスを指しています。FXでガチの資産運用ができ、かつイチオシの商品は以下の2つです。

私は両方とも運用していますが、どちらの運用も好調です。老後資産形成のためにこれら2商品を活用しています。

どちらもリスクを抑えて投資ができる画期的なFX商品です。関心のある方は、まずは参考記事をご覧ください↓

仮想通貨とFXのどちらで投資するべきか? まとめ

仮想通貨とFXのどちらで投資するべきか、取引時間という角度から考えてみました。結局は、人それぞれのライフスタイルや好みによって決まるのですが、おすすめは、

  • 仮想通貨とFXの両方をほったらかし運用

これです。腰を据えて長期間運用するなら投資に専念しなくともそれ相応のリターンを期待できるはずです。ぜひトライしてみてください。

それでは、また。

仮想通貨ご希望の方は
こちらから口座開設できます↓↓
ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin

GMOコイン