株式会社の株主とは? 株投資初心者が株を買う前に知っておきたいこと 

   2015/11/28

株投資とは、上場している株式会社に出資すること、というのを以前学びました。

(参考記事:株投資初心者が株を買う前に知っておきたいこと 株投資とは?

では、株式会社の株主とはなんでしょうか?

 

株式会社の株主とは?2

株主とは

株主とは、会社に出資し会社が発行する株券を保有する人すべてを指しています。たとえ1株でも10,000株であっても株を保有しているなら、あなたはその会社の株主です。株主の名前はすべて株主名簿に記載されています。

株主名簿に記載されている株主は、会社が定期的に開催する株主総会に出席する資格があります。

 

株式会社の株主とは?1

 

定時株主総会は年に1回開催され、その他に不定期で臨時株主総会が開かれます。

株主総会開催の1カ月ほど前に、会社側から株主総会の招待通知が届くでしょう。その封筒を手にしたときが、「あ、自分は株主なんだな」と実感できる瞬間です。

株主にはどんな役割があるのか?

株主には議決権というものが付与されます。議決権とは、会社の経営方針や運営指針に対し決議する権利のことです。株主総会での決議において、株主すべては議決権を行使できます

株主の議決権は、1口につき1個の議決権が付与されます。1口というのは、売買単位のことです。100株単位で売買がなされる株式ならば、1口=100株。100株単位の売買ならば、1口=100株です。

100株単位で売買される株式を1000株保有しているなら、議決権は10個持っていることになります。つまり、株をたくさん保有している株主の決議権は、会社経営に大きな影響力があるわけですね。

株主総会で決議されるお題、たとえば役員の選任があります。新しく役員が選任されることに賛成か反対か決議を行使する。これが株主の一つの役割です。

株主として議決権を行使し、役割と責任をしっかり果たしましょう。

 

手数料0円で株取引をする方法があります↓
【保存版】 GMOクリック証券口座で株式売買手数料0円にする株主優待活用術!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket