2017/08/16

投資初心者がドルコスト平均法を活用して資産運用する方法3つ

リスクの全くない資産運用方法はありませんが、少しでもリスクを抑えて投資したいというのが投資家すべての願いですよね。

そこで注目したいのが、リスクを抑えてコツコツ投資できるドルコスト平均法。投資初心者でも気軽にできる、ドルコスト平均法を活用した資産運用法を3つ紹介します。

スポンサーリンク


投資初心者がドルコスト平均法を活用して資産運用する方法3つ

ドルコスト平均法を活用した資産運用法を紹介する前に、まずはドルコスト平均法とはどんな投資手法なのか見てみたいと思います。

ドルコスト平均法とは

ドルコスト平均法とは、金融商品を投資する方法の一つで、資金と時間を分散し定期的に対象の金融商品を購入する手法です。定額購入法とも言います。

たとえば、1万円の金融商品を10回に分けて毎週1回購入するとします。対象の金融商品の値段は常に変動しますので、あるときは1000円で5個買えるときもあれば6個買えるときがあるかもしれません。

つまり、分散購入することでトータルの平均購入金額を抑え、対象金融商品をより多く買い付けられる効果を期待できるというわけです

ただし、商品価格が継続して上昇していても定期購入しますので平均購入金額が高くなる場合がある、という点に注意です。

長期的観点から見るとメリットのほうが大きいようですが、短期間でがっつり稼ぎたいという方にはおすすめできない投資法です。

長期間コツコツ資産運用したいという方に向いている投資法であること、覚えておいてください。

では、このドルコスト平均法の概要が分かったところで、ドルコスト平均法を活用したおすすめの資産運用法を3つご紹介です。

  1. 積立投信
  2. 積立FX
  3. マネーハッチ

どんな投資法なのか、以下一つずつ見ていきます。

積立投信

一つ目のおすすめは、積立投信です。

投信とは投資信託の略で、個人の投資家が金融商品を運用する代わりにプロの投資家(ファンドマネージャーと言う)が各金融商品を運用します。

この投信に自動で定期的に投資する商品、それが積立投信です。

積立と言っても、投信ファンドによって毎月1000円~OKのものもあれば、毎月5000円の投信もあり、投資対象も様々です。

積立投信も数えきれないほどありますので、とりわけ投資初心者はどの積立投信で資産運用すれば良いのか悩むところです。

管理人はこれまで各積立投信を研究してきましたが、中にはあまりお勧めできないものがあるのは確か。

ここで堂々とおすすめ! と言えるのは、よく調べるとそんなに多くないのが現状でして。

毎月1000円くらいからほんの少額で積立投信をしたいというなら、イオン銀行の投資信託をおすすめします。

毎月1000円~投資できますし、実店舗もネット銀行も充実しているイオン銀行ですから、信頼性が非常に高い金融機関の投信と言えます。

どんな投信ファンドなのか、詳細はイオン銀行HPで確かめてみてください⇒イオン銀行公式サイト

また、毎月5000円からの積立投信にセゾン投信があります。

毎月の投資額はちょっと多めと感じる方がいるかもしれませんが、実は当サイトでも人気の投信ファンドなんです。

人気の理由は、ドルコスト平均法によるリスク軽減だけでなく、商品自体も非常にバランスの取れたものだからだと見ています。

  • 国内と国外への投資が50:50

このバランスが絶妙で、人気の理由の一つです。

将来の資産を形成するために毎月5000円という投資額が高いか安いか。これはあなたが判断すべきことです。

しかし、すでに9万人以上が運用中なのには理由があるかと。おすすめです。

公式サイトで詳細を確認する⇒セゾン投信公式サイト

積立FX

上で紹介したのは積立投信ですが、ここで紹介するのは積立FXです。

FXとは外国為替証拠金取引のことですが、FXという差金決済取引に定期的に資金を投じて外貨へ積立投資をするのが積立FXになります。

簡単に言うと、SBIFXトレードというFX会社の専用FX口座(積立FX口座)にて、自動で定期外貨積立を行うことができます。

  • 購入外貨(9通貨から選択可)
  • 購入頻度(毎日・毎週・毎月の中から任意で選択)
  • 購入額(1円/月~購入可)

これらを自分で選択し、設定が完了すればあとは半永久的に積立してくれます。

もちろん積立FXもドルコスト平均法による投資法ですが、管理人も1年以上外貨積立をしています。最近はワンコイン積立がメインでした。

当サイトでは積立FXの基礎記事~実践編まで事細かに運用法を紹介しています。もし良かったら積立FXカテゴリを参考にどうぞ⇒積立FXカテゴリ

マネーハッチ

最後に紹介するのは、インヴァスト証券がリリースしたマネーハッチによるドルコスト平均法です。

マネーハッチとは、

  • クレジットカードの還元ポイント
  • インヴァスト証券での取引によるキャッシュバック
  • 銀行引き落とし
  • トライオートETF口座からの定期積立

これらの方法で投資金をねん出し、資金をインヴァスト証券のトライオートETF口座で運用する投資法になります。

日銀も定期的に国内ETFを購入していることは有名ですが、トライオートETFもETF商品を買い付ける口座です。

とりわけ海外のETFを主に取引し、リスクとリターンのバランスを鑑みながら利益獲得を狙う投資法になります。FXよりも安定運用できるというのが一般的な見方ですので、腰を据えて分散投資がしたいという方には最適の投資法かと。

マネーハッチでドルコスト平均法の資産運用をするには、トライオートETFの口座保有が必須になります。口座開設はこちらからできます⇒トライオートETF

管理人も実際にマネーハッチ投資を始めてみました。関心のある方は参考にどうぞ。

参考記事⇒運用資金0円からできる投資法マネーハッチ さっそく始めてみた

投資初心者がドルコスト平均法を活用して資産運用する方法 まとめ

ドルコスト平均法を活用した資産運用法を3つ紹介しました。

  1. 積立投信
  2. 積立FX
  3. マネーハッチ

資産運用の基本は分散投資になります。時間とリスクを分散するのが基本ですから、今回紹介した3つの投資法はガチでおすすめです。

それでは、また。

今回紹介したドルコスト平均法の投資法↓