2018/07/27

投資初心者がほったらかしでもできる資産運用法BEST5

投資をするといっても千差万別でして、いろいろな運用法があるのは確か。その中で忙しい人や投資に時間を割けない人に人気の投資法が、ほったらかし資産運用です。

つまり、パソコンに向かう時間を極力少なくする、或いは一度金融商品を買ってしまえばあとは何もする必要がない投資法というわけですね。

  • ほったらかし資産運用

実は注目度の高い投資法で、無駄とも思える時間を省きながらできる資産運用。今回はずばり、ランキング形式で5つ紹介します。

スポンサーリンク


投資初心者がほったらかしでもできる資産運用法BEST5

投資初心者でもほったらかしでできる資産運用法、初めにBEST5を。

  • 第5位:トラリピ運用(FX)
  • 第4位:積立投資信託(株)
  • 第3位:積立外貨投資(FX)
  • 第2位:株主優待投資(株)
  • 第1位:全自動資産運用(AIロボ)

以上のほったらかし投資法を一つずつ、くわしくお伝えします。あなたにピッタリの運用法を見つけてください。

第5位:トラリピ運用

初めに紹介したいのは、トラリピ運用です。

トラリピ運用とは、FX会社のマネースクウェアが提供するトラップリピートイフダンを利用した投資のことで、そのトラリピ自体は特許も取得している画期的な金融商品になります。

トラリピを一言で説明するのは難しいので、トラリピがどんな資産運用法なのかを説明したこちらの記事を参考にしてください⇒トラリピとは| 少額でコツコツ利益を出したい人見逃し厳禁

投資初心者はFX取引を敬遠しがちで、しかも聞いたことのないような取引方法で外貨を運用するというのは相当抵抗を感じるかもしれません。

しかし、管理人もトラリピ運用を継続して行っていますが、初心者でも気軽に手がけられる投資法だと感じており、実際の利益率は非常に高いです。

特に注目したいのが、2017年3月からリリースされているトラリピプロモデル。このトラリピプロモデルの価値を管理人は非常に高く評価しています。

実際にトラリピプロモデルを参照しながらトラリピ運用をして利益率は7.92%でしたから。1か月間という短期間での運用でこの利益率。

試してみる価値はあると思います。ガチでおすすめです。

トラリピ運用の基礎と応用を知りたい方は、当サイトのトラリピカテゴリが参考になります⇒トラリピ・カテゴリ

第4位:積立投資信託

ほったらかし資産運用第4位は、積立投資信託です。

ご存知かもしれませんが、投資信託とは投資商品を買うという行為を投資のプロにお任せする資産運用方法です。

もちろん、投資のプロが運用してくれるのなら損はしないというわけではありませんが、積立投信には大きなメリットがあります。

それは、ドルコスト平均法が活かされた金融商品である、という点です。後述する積立FXもドルコスト平均法ですが、こちらも同様の投資法になります。ただ投資対象が違うだけですね。

一般的に投資信託には2種類あって、

  1. 一度に買い付けるタイプの投信
  2. 毎月一定金額分購入するタイプの投信

大きく分けると、以上2つのタイプがあるのですが、ほったらかし資産運用としておすすめなのが後者の毎月一定金額分購入するタイプの投信です。

その主な理由は、上述したようにドルコスト平均法という大きなメリットがあるからです。

ドルコスト平均法とは、指定された期間ごとに一定金額を購入する方法です。毎月なら毎月、毎週なら毎週購入、という感じですね。

ドルコスト平均法は、時間を分散して投資商品を買えるのがメリットで、相場環境が悪いときでも良いときでも一定額分を買い続けるので、結果として平均買付単価が低くなる特徴があるのです。

ドルコスト? ドル?

いやいや、米ドルは全く関係ありません。米ドル購入においてドルコスト平均法での買付けも可能ですが、あくまでも投資法の一つであることを覚えておいてください。

また誤解のないようにお伝えしておきますが、ドルコスト平均法による資産運用が万能というわけではありません。平均購入価格を抑えられるだけで、底値で対象商品を買えた人よりは買付価格が高くなる可能性があること、肝に銘じておいてください。

堅実な投資がしたいなら、ドルコスト平均法による投資法はイチオシですけどね。

投資初心者でも少額から買付できる定期積立投信はいくつかありますが、おすすめできる商品はそんなに多くありません。おすすめの一つは、

です。というのは、イオン銀行は毎月積立型の投資信託が購入できるだけでなく、少額の1000円~買い付けられるのが大きなメリットなんです。

投資初心者でも毎月1000円~なら大きな負担にはならないかと。

また、同じく人気の積立投信は、これです。

こちらは毎月5000円~の積立ですから、イオン銀行投資信託よりは少々負担額が大きいですが、人気があるのには理由があります。

管理人の感想を一言で表すと、商品内容の質の高さやバランスが絶妙、ですね。

詳細はセゾン投信公式サイトで確認してください⇒セゾン投信HP

第3位:積立外貨投資

次は第3位ですが、ランクインしたのは積立外貨投資です。正式名称は「積立FX」(SBIFXトレード)と言います。

こちらの運用法は非常に簡単・シンプルです。9通貨の中からお好みの通貨を選択し、毎月の購入量を設定したら、定期的に選択した通貨を購入していく資産運用方法になります。

ちなみに9通貨は、

  • 米ドル
  • 英ポンド
  • 豪ドル
  • NZドル
  • 人民元
  • 南アフリカランド
  • トルコリラ
  • カナダドル
  • 香港ドル

以上の9通貨です。管理人も運用中ですが、運用中の通貨は、米ドル、豪ドル、NZドル、人民元、南アフリカランド、トルコリラ、香港ドル(2018年5月現在)の7通貨に。

買付方法や設定の仕方については、過去記事でいやというほど説明しています。たとえばトルコリラの買付け方はこちらの記事を参考にどうぞ。

毎月外貨を少しずつ、コツコツと購入していくと、リスクを分散する効果があります。また、大きな特色としてドルコスト平均法を活かした資産運用である点が挙げられます。

外貨運用でコツコツ利益を狙っていきたいという方におすすめの資産運用法です。詳細は積立FXのカテゴリをご覧ください⇒積立FX・カテゴリ

第2位:株主優待投資

さて、第2位のおすすめほったらかし資産運用法になります。

  • 株主優待投資

ありきたりの投資法になりますが、楽しく、気軽に、ほったらかしでできる人気の資産運用法です。

ご存知かと思いますが、株主優待投資とは、上場企業の株を買い、優待権利を獲得。その後その企業が指定する優待商品が贈呈されるというものです。

企業によって指定する優待商品は全く違うので、当然のことですが、株を買う前に対象企業がどんな優待商品を設定しているのか調べる必要があります。

また、投資金に対してその優待商品は見合ったものかどうかも調査してください。

たとえば、投資金が10万円で優待商品が1000円の商品だとすると、優待利回りは1.0%の計算です。

その利回りが高いか低いかは各人が判断するものですが、管理人が目安としているのは…

  • 配当利回り+優待利回り=総利回り4%以上

以上の通り、総利回りが4%を超えれば「お得な優待株」と判断しています。

株主優待を設定している株は、たいてい配当も設定していますから、総利回りを計算して4%以上なら積極的に狙ってみてください。

もちろん4%というのは目安で、

  • 対象会社が大好き
  • 対象優待商品がどうしても欲しい

このような理由があるなら総利回りにこだわらずに狙うのもありかと。

管理人はいろいろな株主優待をもらったことがありますが、“おいしかった” のはこちらの株主優待です⇒ステーキ

少し話がそれましたが、株を保有する限り、そして対象企業が株主優待を設定している限り、定期的に株主優待を受取ることができます。

こんなほったらかし資産運用がしたいというかたは、ぜひ。

ちなみに、株主優待投資は株式口座の開設が必須です。

イチオシの証券口座です⇒DMM株

全自動資産運用

お金に働いてもらいたいけど、忙しくて資産運用を勉強している時間も暇もないという方、少なくないようですね。

分かります。資産運用の勉強は結構時間かかりますから。

じゃあ、その忙しさはフィンテックに埋めてもらいましょう。この時代、AIを組み込んだ投資商品が多数リリースされ、高性能AIに資産運用をおまかせできるようになりました。

以前のように一から十すべてを自分で理解していなくても大丈夫なんです。資産運用ロボにお任せしてお金に働いてもらいましょう。

その方法の一つがこれです。

WealthNaviは世界水準の金融アルゴリズムを提供する、投資経験者に選ばれているロボアドバイザーです。手数料は1%のみで、国際分散投資を自動運用します。

初回入金は10万円~ですが、毎月の積立入金は1万円~できます。ある程度まとまったお金を運用することでリターンの期待値も高くなりますので、初回入金10万円は高くないと見ています。

自動運用ですから、時間も手間もかかりません。何に投資をするか、資産配分や運用方法などすべてロボアドバイザーにお任せできます。

また、ウェルスナビは国際分散投資できるのが大きな特色の一つです。約50カ国11,000銘柄以上に国際分散投資を行うので、リスクとリターンのバランスがとりやすい特徴があります。

運用の質が気になるところですが、心配ご無用です。というのも、ノーベル賞受賞の理論をベースとした世界水準のアルゴリズムで資産運用してくれますので、私たちの理解をはるかに超えたプログラミングで投資してくれます。

聞いたこともないロボットに大切な資産を運用してもらうのは心配で仕方ない、嫌だ、という方は、使う必要はないと思います。納得いく方だけ使用してください。

ただ、今では数多くの人が利用し利益をたたき出している最先端のAIとロボアドバイザー。今後の資産運用の主流になっていくと思われる投資法に、ぜひともついていきたいところですが。

資産はあなたのものです。利用したい方だけ利用しましょう。

ウェルスナビの詳細はこちらの記事を参考にしてください↓

投資初心者がほったらかしでもできる資産運用法BEST5 まとめ

さて、ランキング形式でほったらかし資産運用BEST5をお伝えしました。

  • 第5位:トラリピ運用(FX)
  • 第4位:積立投資信託(株)
  • 第3位:積立外貨投資(FX)
  • 第2位:株主優待投資(株)
  • 第1位:全自動資産運用(AIロボ)

めぼしい投資法がありましたか?

ランキング形式でお伝えしたものの、おすすめはあなたが合っていると思える資産運用法です。

お気に入りの投資商品を “ほったらかし” で運用してみてください。

それでは、また。

管理人はこれをほったらかしています↓↓
SBIFXトレード

これもほったらかしで↓↓
WealthNavi