2017/06/01

おすすめの資産運用 | 初心者向けの投資法はコレでしょ【2017年版】

2017年に入り、さっそく資産運用を始め老後資金を作りたい、またはちょっとお小遣いが欲しいと感じているところでしょうか。

複利運用の投資なら、とりわけ早い段階で始めるほうが有利ですから、相応しい資産運用法を探し出し少しでも早く始めたいところですよね。

あります。投資初心者向けの資産運用法を詳しくお伝えしますので、参考にしてください。

おすすめの資産運用 初心者向けの投資法はコレでしょ【2017年版】

スポンサーリンク


投資初心者におすすめできる資産運用法【2017年版】

実際に投資をしたことがある人は、一体どんな資産運用をしたことがあるのでしょうか? 現在の人気動向を探ったアンケート調査を見てみましょう。

以下の条件に基づいて行われたアンケート調査をご紹介します。

まずはFX投資から。

データ:スマートアンサー

データ:スマートアンサー

FXを今までに投資した方、今も利用している方。次に紹介する投資信託や株式投資と比べて少なめですね。

やはりFX投資はリスクが高いという先入観が影響しているのかもしれません。リスクを抑えた「積立FX」(SBIFXトレード)という画期的な外貨商品もあるのですが、まだまだ浸透していない実情が浮かび上がってきます。

これまでと視点を変えて、ドルコスト平均法で外貨をコツコツ定期購入してもいいかなぁと思う方は、SBIFXトレードのHPを参考に、どうぞ⇒SBIFXトレード・公式サイト

次に投資信託について見てみます。

データ:スマートアンサー

データ:スマートアンサー

先ほどのFX投資と比べると投資信託の利用率が高いこと、特に50代から好まれていることが分かります。

投資未経験でも手軽に投資できますから、注目が集まるのも当然です。

最後に、株式投資に関するデータです。

データ:スマートアンサー

データ:スマートアンサー

FXや投資信託と比べて利用率が非常に高いことが分かりますね。

個別銘柄を買うのは投資信託よりもパンチ力があるためか、特に30、40代の方が好んでいるようです。

以上のアンケート調査で分かったのは、“投資” と言えば投資信託や株式投資が人気があることですね。

では、今回はFX投資を除いた投資信託と株式投資をメインとして、初心者でもできる資産運用法をご紹介します。

積立投資信託

投資信託とは、プロの投資家(一般にファンドマネージャーと言う)にお願いして資産運用をしてもらうことです。

金融機関が投信ファンドと呼ばれる、様々な投資信託商品を提供していますので、その商品をお好みで選択し、ファンドマネージャーが顧客(あなた)の代わりにその商品を運用します。

信託報酬手数料や販売手数料といった取引手数料がかかりますが、運用自体はプロにお任せですので、一定の安心感や利便性があるのがメリットです。

ただし、一括で投信ファンドを買うのには一定のデメリットがあり、リスク分散を鑑みて投資信託をするなら、積立型の投資信託がおすすめです。

毎月少額を自動積立し投信ファンドを購入するのは、専門用語で「ドルコスト平均法」と言います。

このメリット積立投資信託の運用法に関しては、以下の記事を参考にしてください。ドルコスト平均法での資産運用の特徴やメリットがよく分かると思います↓

http://money-worker.com/investments-regular-funding/
【少額投資】 投資初心者でもできるおすすめ少額投資 定期積立投信
記事概要:投資が初めての方でもできる少額投資商品として、定期積立投信を紹介しています。なぜおすすめなのか、ドルコスト平均法のメリットなどと合わせて掲載しています。

ちなみに、ドルコスト平均法で資産運用できるおすすめの投資信託は、イオン投信です。詳細は以下の記事を参考にしてください。

イオン投信、ガチでおすすめです。

株式投資

どの年代からも人気の高い株式投資ですが、株式投資を行う上で重要なポイントがあります。それは、

  • 個別銘柄を買う目的を定めること

これが非常に重要で、目的に合っている株を買わないとスムーズな資産運用ができない可能性があるのです。

個別銘柄を買う目的は主に3つあります。

  1. 売却益
  2. 配当金
  3. 株主優待

どれを目的に株式売買をするのかで、選別する銘柄や株の買い方が変わってきます。

株を買う前に、なぜ自分は株を買うのか、よく考えてみてください。目的を定めてから個別銘柄の選別を行いましょう。

ちなみに各目的の参考記事は以下の通りです。

その他、株投資の始め方を総合的に学びたい方は、当サイトの株投資の始め方カテゴリーをご覧ください⇒株投資の始め方カテゴリー

おすすめ証券口座

これは余談ですが、株式投資を行うには証券口座の開設が必須です。まだ開設していない方は、いずれかの証券会社で口座開設する必要があります。

でも、どこの証券口座が良いの? と思うかもしれません。

マイボイスコム株式会社のアンケート調査(ネット証券に関するアンケート調査)を見ると、

◆インターネット取引をしたことがある証券会社、満足度
インターネット取引をしたことがある証券会社は「SBI証券」(38.7%)がトップ、「楽天証券」「マネックス証券」「野村證券」が2割前後で続きます。「SBI証券」は、男性20・30代で比率が高くなっています。

このような調査結果が出ていますので、

この3社のいずれかで口座開設すれば間違いないでしょう。

以上3社は管理人も利用中です。

おすすめの資産運用は積立投信と株式投資

投資初心者におすすめできる資産運用法 まとめ

最近のアンケート調査をもとに考えると、投資初心者におすすめできるのは

  1. 積立投資信託
  2. 株式投資

以上の2つでした。

気に入ったようでしたら、さっそく資産運用を始めてみましょう。

それでは、また。

ガチでおすすめの投信ファンドです↓↓