2018/06/01

投資と投機の違いとは? 本当の“投資”をする方法 | 資産運用

将来の老後のために。少し余分なお小遣いが欲しいから。お金持ちになりたいから、などなど。理由は様々ですが、自己資産を増やすために投資をしようと考えだした方が少なくありません。

ただし、どんな理由であったとしても正しい方法で資産運用を行わないと、いつの日か痛い目にあうことになるでしょう。

とりわけ注意したいのが、投資と投機の違いです。

自分では投資をしているつもりでも、実は投機をしていた…というのはよくある話で、投機は危険な行為で限りなくギャンブルに近いとも言われています。

あなたは投資と投機の違い、分かっていますか?

ここで投資と投機の違いをはっきり理解し、本当の投資を始めることにしましょう。

スポンサーリンク


投資と投機の違いとは? 本当の“投資”をする方法

この記事では、以下の点についてお伝えします。

  • 投資とは
  • 投機とは
  • 投資と投機の違いとは
  • 投機の一例
  • 本当の“投資”をする方法

それでは一つずつ見ていきましょう。

投資とは

投資とは、「資(資本)」に資金を投じることです。

株式投資を一例に考えてみます。

数多くある企業の中で将来成長しそうな会社の株を買います。すると、対象企業から配当金株主優待という形で還元を受けることができますし、実際に会社が成長し株価が上がったときに株を売却すれば売却益を得ることも可能です。

ただし、会社の成長は短期間では難しいですから、成長期待による株式保有は必然的に長期間になります。

これが、いわゆる投資です。ポイントをおさらいしておきます。投資とは…

  • 将来性を見込んで対象商品(株、不動産など)に資金を投ずる行為
  • 基本的に長期間、資金を投じる

投機とは

では、投機とは何でしょうか?

投機とは、「機(機会)」に資金を投じることです。

上と同じく株式売買を例に考えてみます。

ある企業の株価が値上がりする前に買い、値上がりしたら売る。この行為を一日内、または早い時では数時間或いは数十分で売買行為を繰り返します。

いわゆるデイトレードという株式売買方法で、主にテクニカル分析に基づいて株を買ったり売ったりするわけです。

デイトレードの場合、資金を投じる対象企業が将来的に成長するかどうかはあまり関係ありません。あくまでもこれから短期間で値上がりするか否か、という観点で考えますので、資本に資金を投じるのではなく、機会に資金を投じる行為なのです。

簡単にポイントをまとめます。

  • 対象商品が短期間内で値上がりするのを見込んで資金を投じる行為
  • 短期間での売買が主要な取引

投資と投機の違いとは

では、投資と投機の違いを明確にしておきましょう。上述した通りですので、簡単にお分かりいただけると思いますが、

  • 投資⇒資本に資金を投じる行為
  • 投機⇒機会に資金を投じる行為

ですから、同じ株を買うにしても目的が異なれば投資にもなれば投機にもなります。例えば、

  • ○▽企業の株主優待が欲しいので株を買う⇒投資
  • ○▽企業の株価が上がりそうだから買ってみる⇒投機

前者の場合、「株主優待」という利益を見込んで○▽企業という資本へ資金を投じていますので、これは投資行為です。

逆に、後者のケースでは、株価が上がる「機会」に資金を投じていますので、投機行為になります。

投資が良い悪い、あるいは投機が良い悪いという物差しはなく、すべて自己判断&自己責任です。しかし、投機はギャンブルに近い行為と言われており気を付けないと簡単に損失を被ることになります

本当の投資がしたいなら、自分は資本に資金を投じているのか、それとも機会に資金を投入したのか、よく考える必要があります。

投機の一例~仮想通貨取引~

今ブームになっているビットコインなどの仮想通貨取引は投資でしょうか? それとも投機でしょうか?

これは投機行為にあたります。

仮想通貨自体に生産性はありませんし、現時点ではまともなファンダメンタル&テクニカル分析もできません。(仮想通貨取引提供会社は、十分なテクニカル分析ができるツールを提供していないことが主な要因です)

近いうちにFX各社が暗号通貨取引をリリースすれば、まともなトレードができるようにはなるとは思いますが…。

現段階では無知な投資初心者が短期間で莫大な利益を得られるという誘惑に引き寄せられ、無謀な投機行為を始めているのが現状です。

これまでFX取引でトレードしていたトレーダーたちの多くが仮想通貨取引に流れているようです。Twitterを見ていると…

Twitterより

さな株さんの声は今のFX界の声を代表していると思われます。

投機行為である仮想通貨トレードには十分注意しなければなりません。なぜならまともな情報収集もできず、今後の通貨レート予測が極めて困難だからです。

たとえば、日本経済新聞で記事を書く著名な方でも少しずれた情報を発している模様です。

Twitterより

経済界の権威において、仮想通貨に関する正確ではないと思われる情報が発信される状況です。ファンダメンタル分析が非常に難しい仮想通貨取引が如何に投機的か。お分かりいただけると思います。

本当の投資をしたいなら、少なくとも効果的なテクニカル&ファンダメンタル分析ができる状況が整うまで、仮想通貨取引に手を出さないのが賢明です。

もちろん、投機行為でも構わないという方は自己責任になりますが、GMOコインなどの取引ツールを活用して取引可能です。

自己資金が短時間で逝かないよう十分に注意してください。

本当の“投資”をする方法

ここからは投機ではなく本当の投資をする方法についてお伝えします。俺は投機がしたい、一獲千金を狙いたいという方はスルーしてください。

投資の定義を今一度おさらいしておきましょう。

  • 将来性を見込んで対象商品(株、不動産など)に資金を投ずる行為
  • 基本的に長期間、資金を投じる

これに加え、投資を行う上での秘訣を明記しておいてください。それは、

  • 分散投資

これが投資の秘訣であり前提になります。

分散投資とは、元手となる資金を一つではなく複数の対象商品に投じることです。なぜ分散投資が重要なのでしょうか?

それは、一つのかごに卵を盛ると、万が一のケースですべての卵が割れてしまうからです。つまり、一つの投資商品に全資産をつぎ込んだものの相場変動で商品価格が下落してしまうと、損失を被るか最悪のケースでは投資資金すべてを失うことになってしまいます

ですから、必ず “複数のかごに卵を盛ること” を肝に銘じてください。相反関係にある複数の商品に資金を投ずるのです。

例えば、株式投資においては、ディフェンシング株(不景気に強い銘柄)とアグレッシブ株(好景気で威力を発揮する銘柄)の両方を買うことで資産を分散して投資できます。

また、外貨投資では、メジャー通貨(米ドル、ユーロなど)とマイナー通貨(トルコリラやメキシコペソ、南アフリカランドなど)の相反関係にある通貨を買うことで分散投資が成立します。

どの商品に資金を投じるかは個人の好みやニーズで選択しますが、以上の大原則に基づいて資産運用を始めましょう。

では、どんな金融商品で分散投資ができるでしょうか?

答えは一つではありませんし、正解はありません。ただし、投資初心者がなじみやすい投資法というものがありますので、その中から一つピックアップしてお伝えします。

それは、ETF投資です。

ETF投資

ETFとは、上場投資信託のことです。

一般の投資信託は証券会社窓口またはオンライン証券を通して買い付けますが、上場投資信託は文字通り上場していますので、一般株式と同じようにオンラインで気軽に購入できます。

投資初心者が分散投資をする上でETFはなぜなじみやすいのでしょうか?

それは、一つのETFを買うだけで、それだけで分散投資になるからです。

投信商品は複数の株式を買い付ける、または一つの分野に属する各銘柄や商品を購入します。ですから、買い付ける投信ファンドは1つであっても、その投信商品には複数の商品が含まれていると考えられるのです。

ETF投資は分散投資の真髄です。投資初心者が簡単に、且つ気軽に投資を始めるのに最適な金融商品の一つと言えます。

ETF投資をするのにはいくつか方法がありますが、投資初心者にやさしい一つの方法をお伝えします。それは、インヴァスト証券の「マネーハッチ」を通してETF投資をする方法です。

なぜマネーハッチは投資初心者にとりわけおすすめなのか、それはシンプルで簡単にETF投資ができるからです。

インヴァスト証券のマネーハッチ口座を開設後、3通りから投資法を選ぶだけでETF投資を始めることができます。

  1. リスク重視(極力リスクを抑えたETF投資)
  2. バランス重視(リスクとリターンのバランスに注視したETF投資)
  3. リターン重視(リターンに重きを置いたETF投資)

お好みで3つのうちから一つを選択しETF投資を始められます。細かい点については以前の記事を参照してください。

このマネーハッチはETF投資の一つの方法に過ぎませんが、私が実際に利用してみて、これは簡単! と思ったので、投資初心者にぜひおすすめしたいと思いました。

マネーハッチ経由でのETF運用は少額投資ですが、少額からで良いと思っています。大切なのは、本当の投資をすること、そして分散投資をすることですから。

マネーハッチの詳細を見てみる⇒マネーハッチ

投資と投機の違いとは? 本当の“投資”をする方法 まとめ

さて、投資と投機の違いを最後に簡単にまとめます。

  • 投資⇒資本に資金を投じる行為
  • 投機⇒機会に資金を投じる行為

株式投資で見ると、

  • ○▽企業の株主優待が欲しいので株を買う⇒投資
  • ○▽企業の株価が上がりそうだから買ってみる⇒投機

以上の通りでした。

私たちの周りではいつの間にか投機がブームとなっています。でも気を付けてください。取引している本人でさえ投資をしていると思っているのです。

でも、本当の投資をしたいと思っているあなた。将来のためにコツコツと資産運用したいと思っているあなた。投機ではなく本当の投資を始めてみてください。

数年後または数十年後に “投資” をして良かったと思えるはずです。

それでは、また。

本当の投資がここにあります↓
マネーハッチ