2017/11/26

暗号通貨取引が台頭してきた今考えたいこれからの資産運用方法

ビットコインをはじめとした暗号通貨取引の人気が急上昇中です。

でも私はまだ暗号通貨トレードをしていません。暗号通貨取引所coincheckの取引口座はすでに保有していますが、取引はしていません。

確かに人気はありますが、各取引ツールを拝見しますと、暗号通貨取引はまだまだ投機の域を脱していません。今ビットコイントレードをすると投機取引を行うことになり、私の投資ポリシーに反しますから。

ただし、今後はFX会社がビットコイン取引に参入してくることは間違いないでしょう。きっと今は各社取引ツールのベースを生かしてビットコイン取引の開発・準備を行っているところだと見ています。

しかし、現段階では暗号通貨を取り扱っているFX業者はほぼ皆無に等しいですから、FXトレードと同等のテクニカル取引ができる暗号通貨口座もほとんどないわけです。まともなテクニカル分析ができない状況ではトレードが投機的になるのは間違いありません。

このような状況で投資家は今後どのように資産運用したら良いのでしょうか?

暗号通貨取引が台頭してきた今、今後の資産運用方法について考えてみました。興味のある方は最後までご覧ください。

スポンサーリンク


暗号通貨取引が台頭してきた今考えたいこれからの資産運用方法

どのように資産運用するべきか考える前に、資産運用法を選択するそのベースとなるものを考えておきたいと思います。資産運用の大前提を肝に銘じておいてください。

資産運用の大前提はこれからも変わらない

資産運用の大前提、それは分散投資です。

卵を一つのかごに盛ってはいけません。かごが落ちたときにすべての卵が割れてしまうからです。

同じように投資対象を一つに絞ってはいけません相場が崩れ投資対象価格が急落すると、大損失、最悪の場合運用していた資産を失うことになるからです。

ですから、今後の資産運用法を考えるとき、分散投資ができるのが大前提になります。これは今までと同様の考え方であり、今後も変わることはないでしょう。

では、分散投資ができる資産運用法は? と考えるのが自然な流れですね。ここでは私も実際に運用している分散投資法を3つご紹介します。

  • ETF投資
  • 外貨運用
  • 積立投信運用

以下、3つの資産運用法を詳しくお伝えします。

ETF投資

ETF投資は資産運用の真髄ともいえる投資法です。

ETF投資とは、上場投資信託のことです。一般的に投資信託(略して投信という)は証券会社店舗やオンライン証券会社を介して買うものですが、ETFは上場した投信なので、一般株式と同じようにオンライン証券口座で買えます。

2017年11月現在、東京証券取引所に上場しているETF銘柄数は222です。この中から任意で選択し購入するだけで分散投資ができます。

どんなETF銘柄があるかというと、例えば、

  • 日経225連動型上場投資信託(1321)
  • NEXT FUNDS銀行(TOPIX-17)上場投信(1631)
  • 上場インデックスファンド米国債券(1486)
  • iシェアーズ JリートETF(1476)

などなど。これは222銘柄のほんの一部にすぎません。日本株や国内外債券、REIT(不動産)、商品指数など各テーマETFがあり、お好みで選択し運用可能です。

ETFは一つの株を運用するわけではなく各テーマごとの運用ですから、複数の株を買って投資しているのと同様の働きがあります。つまり、ETF銘柄を一つ買うだけで分散投資ができるのです。

ただし問題は、どの銘柄を買うべきか、という点です。

上場株式数に比べたら上場投信数は少ないですが、それでも200以上の銘柄からどれを選べばよいのか、特に投資初心者は悩むところです。悩んでも選べないかもしれません。

そこでおすすめしたいのは、おまかせセレクトでETFを買えるマネーハッチです。

マネーハッチとは、インヴァスト証券がリリースした元手資金0円からできる投資商品のことで、投入された資金を「トライオートETF」というインヴァスト証券運用のETF口座で運用します。

マネーハッチで選択できるのは3通りのETF運用です。

  1. リスク重視(安全第一で運用したい人向け)
  2. バランス重視(リスクを抑えつつリターンを狙いたい人向け)
  3. リターン重視(リターンを積極的に狙いたい人向け)

現在、わたしはバランス重視型の世界株ETF自動売買(年平均リターン5.60%)を運用しています。参考までに。

以前、マネーハッチの詳細を書きましたので詳しくはそちらをご覧ください。

わたしもマネーハッチでETFを運用しています。コツコツ投資型のマネーハッチ、かなり気に入っていますので、今後の資産運用の柱にしていく予定です。

マネーハッチの詳細を見てみる⇒マネーハッチ

外貨運用

世界の株に分散投資するのも良いですが、外貨への分散投資も魅力的です。株投資よりもリスクは少し高めですがより大きなリターンを期待できるのが外貨運用のメリットですからね。

ただし、FXで積極的に利益を狙うと痛い目にあうことも。外貨運用のコツは如何にリスクを抑えながら運用するかにかかっていると言えます。

ですから、普通にFXでデイトレしたり外貨預金することはおすすめしません。極力リスクを抑えつつ利益獲得狙うなら、少額を定期購入する手法をおすすめします。

わたしも数種類の外貨を定期購入していますが、毎月の購入量は500~1000円程度/1通貨です。

いわゆるワンコイン投資なら負担になりませんし、リスクを抑えながら貯金間隔で投資できます。

具体的な方法ですが、「積立FX」というSBIFXトレード会社の口座を活用します。口座開設後、

  • 購入通貨(9通貨から選択可)
  • 購入量(1円~OK)
  • 購入頻度(毎日or毎週or毎月)

この3点を選択するだけで、あとは自動で外貨を定期的に購入してくれます。現時点で私は4通貨を定期購入していますが、

以上の通り、豪ドル、NZドル、南アフリカランド、トルコリラをお好みの量で、毎週購入しています。しかも定期購入なのでドルコスト平均法のメリットにあずかれるんです。

ドルコスト平均法は、1か月の購入量を定めた上で定期購入しますので、トータルで平均購入価格を抑える効果を期待できます

そして自動取引なので余計な煩わしさもなく、ほったらかしで外貨への分散投資ができるという、これ以上ない資産運用法だと感じています。

外貨運用するなら積立FXがおすすめです。

積立FXの概要はこちらで確認できます⇒SBIFXトレードHP

積立投信運用

最後に紹介する分散投資法は、積立投資信託です。

積立投信とは、毎月定期的に対象の投信ファンドを購入する投資法です。例えば、MW投信ファンドを毎月1000円分購入する、といった方法ですね。上で紹介した積立FXの投信バージョンだと考えられます。

投信ファンド自体が複数の株式や対象商品を購入しますので、一つの投信を購入するだけで分散投資ができるわけですが、ここで紹介しているのは積立投信です。

つまり、商品内容が分散投資の構造になっているだけでなく商品購入方法も分散投資法になっているという、究極の投資法と言えます。

安全第一でリスクを抑え、国内外の株式や債券をちょっとずつ買いたいという方向けの金融商品です。たとえば、

これら積立投信でコツコツ分散投資ができます。

将来的には暗号通貨取引も

以上3つの分散投資法をおすすめしました。これら投資法はこれからも投資のベースとなっていく欠かせない資産運用手法だと見ています。私も継続して運用する予定です。

ただし、その相場によってはFXでデイトレードして短期的な利益を狙いにいくことがありますし、FX会社の取引ツールで暗号通貨売買ができるようになれば、将来的にはビットコインをトレードすることもあると考えています

今はトレード環境が整っておらずどうしても投機的取引になってしまいますのでトレードしていませんが、しっかりテクニカル分析ができるようになれば暗号通貨も投資対象の一つになるかと。

ただし、ベースは上で紹介した3つの分散投資法です。資産運用の柱でリターンを得つつ、FXや暗号通貨の短期売買で副収入を狙う。これが今後の資産運用戦略です。

これからの資産運用方法 まとめ

最後にかんたんにまとめます。暗号通貨取引が台頭してきたこれらからの資産運用は、

  • ETF投資
  • 外貨運用
  • 積立投信運用

この3つの分散投資法を資産運用のメインとし、副収入狙いでFXのデイトレード、将来的には暗号通貨取引をする予定です。

今後の資産運用の参考になれば幸いです。

それでは、また。

分散投資はこの3手法で↓
ETF投資⇒マネーハッチ
外貨運用⇒SBIFXトレード
積立投信⇒セゾン投信またはイオン銀行積立投信

それでも暗号通貨を取引したいなら
ビットコイン取引所のCoincheck↓
ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin