他の人には教えたくないETF(上場投資信託)で少額投資をする方法とは

   2016/05/22

分散投資は資産運用の基本中の基本ですが、手軽に資産運用する方法の一つとして「ETF投資」の人気が集まってきました。

あなたはすでにETFを購入済みですか? まだ買っていない、またはETFを知らないという方、分散投資で且つ少額投資をお望みならETF投資を無視するわけにはいきませんよ。

この記事では、ETFで投資をする方法をお伝えしますので、今後の資産運用の参考にしてください。

他の人には教えたくないETF(上場投資信託)で少額投資をする方法とは

ETF(上場投資信託)で少額投資をする方法

ETFで少額投資をする方法をお伝えする前に、ETFとは何かおさらいをしておきましょう。

ETFとは?

ETFとは上場投資信託のことです。

一般の投資信託は証券会社店頭かネット証券HPで買い付けることになりますよね。そして買付時間はたいてい1日1回が基本です。~時までに申込めば申込当日付で購入できます、というのがほとんど。

また、一般投資信託は販売手数料に加えて信託報酬手数料がかかってきます。この手数料は投信ファンドによって違いますが、けっこう高いのがネックになる場合も。

一方でETF(上場投資信託)は文字通り取引所に上場している投資信託ですので、株と同じように購入することができるのが特長です。

市場がオープンしている時間帯ならいつでも買えますので、一般の投資信託よりも購入における利便性が高いと言えます。また、購入手数料も割安なのが人気の理由の一つです。

2016年5月現在、日本の取引所に上場しているETFは合計196銘柄。どのETFを買えば良いか迷うほどですので、自分の選別基準でじっくりと選ぶ必要があるでしょう。

ETFの最大のメリットは少額で分散投資

ETFで資産運用するメリットは少額で分散投資ができる点です。たとえば・・・

 

NF日経レバレッジETF(1570):約11,000円

NF日経レバレッジETF(1570):約11,000円

また、

TOPIX連動型投信(1306)日足チャート

TOPIX連動型投信(1306):約13,700円(10株で1口)

・・・一例ではありますが、日経平均株価やTOPIXに連動するタイプのETFは、1口がこれくらいの価格です。ETFは1万円ちょっとでできる少額投資なのです。

また、ETFは分散投資効果があるのはご存知だと思います。

たとえば、株投資で個別銘柄を買った場合、その会社が倒産でもしてしまったものなら、最悪投資金はすべてパーになってしまいますよね。しかし、ETFは1銘柄ではあるものの複数の銘柄を買付けているのと同じ効果があります。

先ほど見たNF日経レバレッジETF(1570)は日経平均株価に連動したETF銘柄です。日経平均株価というのは東証1部に上場する銘柄から厳選した225銘柄の平均株価のことですので、要は日経平均株価連動型ETFは225銘柄への株投資と同じことと言えます。

仮に225銘柄の一会社が倒産しても、日経平均連動型ETFでの投資に大きな影響はありません。まして、保有しているETF銘柄の価値がなくなることなどないのです。

これが分散投資の効果ですよね。225種類の株を買うことでも同じ効果が見込まれますが、ETFならたった1口で少額&分散投資ができるのです。魅力あると思いませんか?

では、こうしたETFをどこで買えるのでしょうか? 実はいままでは基本的に1つの方法でしか買付けることができなかったのですが、今はおすすめできるETF投資法が2つあります。

以下、一つずつお伝えしますね。

ネット証券口座でETFを買ってみる

ETF投資の王道は、ネット証券口座で買う方法です。

上述しましたが、株と同じように買えるので株投資の経験が少しでもある人は全く違和感なく買えるでしょうし、株投資経験がゼロの人でも簡単に買えます。

日本の取引所に上場しているETFを買うなら、取引所がオープンしている平日AM9:00~11:30、PM12:30~3:00の間なら基本的にいつでも購入可となっています。

お好みのETFや投資スタイルに適したETFを見つけることができたら、後はネット証券口座で「買い注文」を発注するだけです。

あ、もちろんネット証券口座の開設をしていないと購入はできませんが。

管理人のメイン証券口座の公式サイトを見てみる⇒楽天証券
人気NO.1証券口座をチェックしてみる⇒SBI証券

トライオートETF(インヴァスト証券)で買ってみる

もう一つのETF投資法は、トライオートETFでの投資法です。

トライオートETFとはFX会社のインヴァスト証券会社が新たにサービスを始めた金融商品の一つで、CFD口座(差金決済取引口座)でETF投資ができる投資商品になります。

FXと同じ差金決済取引ではあるものの、レバレッジをかけるのは任意です。レバレッジをかけなければリスクを抑えた取引を、言い換えると証券口座とほぼ同様のETF投資ができますから、「ハイ・リスク?」と敬遠する必要は全くありません。

トライオートETFについての詳細を知りたい方は、こちらの詳細記事をご覧ください↓

トライオートETFとは? 賢く少額&分散投資をしたい人必見の投資術
記事概要:インヴァスト証券の画期的な新サービス「トライオートETF」の概要を徹底解説した記事です。少額&分散投資に関心のある方はぜひ一読を。

トライオートETF口座はインヴァスト証券のトライオートFXと同時に開設することになります。詳細はオフィシャルサイトにて⇒トライオート

ETF(上場投資信託)で少額投資をする方法まとめ

少額&分散投資ができるETF(上場投資信託)。ETF投資法は主に2つありました。

  • ネット証券口座でETF投資
  • トライオートETFでETF投資

もちろんお好みで選択できます。さっそくETFで少額&分散投資を始めるのはいかがでしょうか。

それでは、また。

トライオート

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket