少額投資 | ガチで選んだ「これから主流になる少額投資法」3つ

   2016/10/13

マイナス金利が導入されて随分日が経ちましたが、当面低金利が続くのはほぼ間違いありません。こんな状況が続くと、

「投資したほうが良いのかな・・・?」

と考える人が少なくないようです。

実際に投資を始めるかどうかはあなた次第ですが、「少額なら投資をしてみても良いかも」とお考えでしょうか。それは賢明な選択だと思います。

投資をしたことのない初心者がいきなり大金をつぎ込んで投資をするのは、はっきり言って見当違いというか無謀です

では、どんな「少額投資」をするかという話になりますが、近い将来主流になると思われる少額投資法があります。それら投資法をマスターしておけば、長期的にコツコツ稼ぐことが可能になるはずです。

今回、投資初心者におすすめできる「これから主流になる少額投資法」を3つ、ガチで選んでみました。今後の少額投資の参考にしていただければと思います。

少額投資 | ガチで選んだ「これから主流になる少額投資法」3つ

ガチで選んだ「これから主流になる少額投資法」3つ

ガチで選んだ「これから主流になる少額投資法」は以下の3つです。

  1. 株主優待投資
  2. 積立FX投資
  3. ソーシャルレンディングとクラウドファンディング投資

聞きなれた投資法もあればあまり聞いたことのない投資法もあるでしょうか。では、一つずつ見ていきましょう。

株主優待投資

非常にオーソドックスな少額投資法ですが、今後も株主優待投資は少額投資の主流として活躍すると予想されます。投資初心者が株主優待投資に馴染みやすい理由は、

  • 少額で投資ができる
  • 年に1、2回優待商品が貰える
  • 銘柄によって優待商品が異なり、純粋に楽しい
  • 配当金が貰える(設定されていれば)
  • うまくいけば売却益も獲得できる

などなど。さまざまな理由から、いろいろな年齢層の方が株主優待を狙った少額投資を行っています。

優待商品によっては家計の助けになるもの、たとえばQUOカード、商品券、お買物券、お食事券などが貰えますから、多くの主婦の方が取り組んでいるのもうなずけますね。

管理人もいくつかの銘柄を保有し、株主優待投資を楽しんでいます。興味のある方は「株主優待カテゴリ」をご覧ください。

株主優待カテゴリ
概要:40銘柄以上(2016年9月現在)のおすすめ株主優待を紹介しています。銘柄によっては現場レポートしているものもありますので、どうぞ。

株主優待投資の注意点

銘柄によっては数千円で買えるものもありますが、一つだけ注意点です。

  • 業績が赤字の銘柄は買わないこと

優待商品が魅力的でも業績が芳しくないまたは赤字の企業は、突然優待廃止になる可能性も。優待内容に惑わされず、業績が安定している銘柄を買うことが基本です。

株価が安く優待内容が魅力的! と思っても、業績が悪化しているため株価が低下している可能性があります。

優待内容をチェックするだけでなく、必ず各銘柄の業績をチェックしてからお目当ての銘柄を買うことにしましょう。

ちなみにどこの証券会社を通して株主優待銘柄を買うか考える必要もありますが、多くの個人投資家が利用している証券口座を使うのが一つの手かと。大部分の人が利用しているには理由がありますからね。

証券口座数No.1はSBI証券ですが、管理人は主に楽天証券を利用しています。他におすすめできるのは、取引手数料が業界最安水準のマネックス証券

信頼性が高い、以上3社のいずれかで株主優待投資をすれば間違いありません。イチオシです。

積立FX投資

日本円で定期預金してもほとんど利息が付かないこともあり、外貨建てでの定期預金に注目が集まっています。

しかし、ご存知かもしれませんが、一般の銀行で外貨預金をすると、為替リスク、金利リスクの他に為替手数料詐欺と面しなければなりません。

詐欺というと語弊がありますが、騙された! と思うほど手数料が高いのです。円を外貨に両替し、満期後は外貨を円に戻す。この往復で莫大な為替手数料が詐取され、最悪のケースでは獲得した利息と相殺になることも。

それらデメリットを考えるとどうしても外貨預金を投資法候補から排除したくなってしまうのですが、2015年12月に画期的な「外貨預金」的投資商品が出現したのです。それは、

  • 積立FX

という、FX会社の一つ「SBIFXトレード」のFX商品です。

この商品の概要は、6つの外貨(米ドル、英ポンド、豪ドル、NZドル、南アランド、人民元)から任意でお好みの外貨を選択し、定期的に一定量を購入していく金融商品です。

一度に外貨を購入し預金する外貨預金とは異なり、任意のタイミング(毎日、毎週、毎月)で外貨を購入することから、ドルコスト平均法のメリットにあずかることができるのが特徴です。

ドルコスト平均法のメリットについては、以下の記事を参考にしてください↓

ドルコスト平均法を活用したSBIFXトレードの積立FXとは
記事概要:積立FXが採用するドルコスト平均法とそのメリットや有効性について分析・解説しています。

最低購入量は1通貨~。つまり、米ドルなら約100円分(2016年9月末現在)から買付できますし、南アランドにいたっては約7.3円分(2016年9月末現在)から、任意で購入できます。まさに少額投資と言えるのです。

管理人は以前米ドルを定期購入していましたが、今は南アランドを定期購入しています。

外貨をコツコツと買い付ける少額投資、SBIFXトレードで始めてみませんか?

積立FXの詳細を公式サイトで確認する⇒SBIFXトレード

定期外貨取引で少額投資

ソーシャルレンディングとクラウドファンディング投資

近い将来、主流になるであろう少額投資No.1は、ソーシャルレンディングとクラウドファンディング投資と見ています。

ソーシャルレンディングとクラウドファンディング投資は厳密に言うと多少の違いがありますが、投資方法はほとんど変わりがないので、ここではひとまとめにクラウドファンディング投資としてご紹介します。

クラウドファンディングとは、仲介金融会社を通して各事業主に出資することを指しており、仲介金融会社のことをクラウドファンディング業者と言います

よく「ソーシャルレンディングとどう違うのか?」という質問が寄せられます。

厳密に言うと、ソーシャルレンディングは「お金を貸す・融資する」意味である “レンディング”を投資家が行うのに対し、クラウドファンディングは出資するという意味の “ファンディング” が主体となっており、イメージ的には株式投資とほぼ同じだと考えられます。

「お金を貸す」のと「出資する」違いがあるわけですが、どちらも投資行為であることに変わりはありません。

インターネット経由で仲介業者にて口座開設し事業主にお金を出す。これが基本的スタイルですので、ソーシャルレンディングとクラウドファンディングに大きな違いはないと思っていただいてけっこうです。
引用元:http://money-worker.com/investments-smartequity/ ‎

簡単に要約すると、クラウドファンディング運営会社を介して事業主に投資をする。これがクラウドファンディング投資です。

クラウドファンディング投資の主な特徴を見てみましょう。

  • 10万円前後で投資ができる

クラウドファンディング会社によって多少の違いがありますが、1案件につき約10万円前後で投資ができます

株主優待投資でオリエンタルランド(4661)株を買うのには70万円ほどの投資金が必要であることを考えると、クラウドファンディング投資は少額から始められる投資と言えるのです。

  • 目標利回りが高め(約10%)

各クラウドファンディング会社や各案件によって目標利回りが異なりますが、概ね10%前後がターゲットとなっています。銀行定期預金金利がよくても0.30%ほどですから、この利回りが “異常に高い” ことお分かりいただけると思います。

  • 厳選された事業主だけに投資ができる

気になるのが投資先ですが、投資対象となる事業主は各クラウドファンディング会社が厳正なる審査を行い、審査通過した事業主だけが投資案件として紹介されます

ですから、投資対象の企業は上場してはいないものの、それ相応の信頼度があると考えて間違いありません。

おすすめのクラウドファンディング会社

人気急上昇のクラウドファンディング投資ですが、クラウドファンディング会社も多数存在します。その中で自信を持っておすすめできるのは、以下の4会社です。

4会社の中で甲乙は付けがたく、どの会社にも特徴があります。たとえば、SBIソーシャルレンディングならばその名の通りブランド力が強く、上場企業が故の安心感や信頼性があります

また、4社のうち特に高利回りを期待できそうなのが「みんなのクレジット」で、より高い収益率を狙いたい人におすすめです。

みんなのクレジット | みんクレ投資に関する質問に回答します
記事概要:みんなのクレジットでクラウドファンディング投資をする前に、ぜひ一読を。みんクレ投資に関する様々な質問に回答しています。

いずれにしろ、少額投資を可能にするクラウドファンディング投資。各会社を比較し、あなたのニーズを満たす会社で口座開設して少額投資を始めてください。

各会社を比較しクラウドファンディング投資を始める!

ガチで選んだ「これから主流になる少額投資法」3つ まとめ

今回紹介した、ガチで選んだ「これから主流になる少額投資法」は以下の3つでした。

  1. 株主優待投資
  2. 外貨定期積立投資
  3. ソーシャルレンディングとクラウドファンディング投資

あなたのニーズを満たす投資法、または相性の合いそうな投資法はあったでしょうか? 人気急上昇中の各投資法ですが、今後さらに人気が高まると思われます。

今のうちに少額投資の準備を始めておくのはいかがでしょうか。

それでは、また。

今回紹介した関連会社の公式サイトです↓

クラウドファンディング運営会社はこちら↓

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket