【少額投資】 投資初心者でもできるおすすめ少額投資 定期積立投信

   2016/12/03

投資初心者でもできる少額投資のおすすめ方法、「定期積立投信」があります。

でも、少額投資が必要なのはなぜ、という話から。

定期積立投信で少額投資

少額投資が必要な理由2つ

株、投資信託、外貨、不動産投資などを活用し、資産運用をしたいと考えるのは正常です。これからの日本で生き抜いていくために、老後資金をまかない老後難民にならないためにも、投資は絶対不可欠です。

でも、投資は初めてだし・・・。投資は損しそうで怖い。リスクが高そう・・・。

そう感じていませんか?

誤解です。投資は恐いものではありません。資産運用はリスクが0ではありませんが、コントロールできるものです。

言い換えると、どのように資産運用するかがポイントなのです。

じゃあ、どうやって資産運用すれば良いの? と思いますよね。

答えは、少額投資です。資産運用が初めてなら、少額から投資を行ない、少しずつ投資に慣れていくことが大切です。

なぜ少額投資が必要なのでしょうか? 理由は2つあります。

  1. 少額なら投資に馴染みやすく簡単にできるから
  2. 少額投資は相対的にリスクが低いから

以上2点の理由により、投資初心者には少額投資をおすすめします。大金をつぎ込む投資ですと、緊張するだけでなく、投資に関する知識と経験の少なさが故に失敗する恐れがあります。

しかし、少額投資なら気持ち的に余裕があり、リラックスして資産運用することができます。結果的に、投資という行為に比較的短期間で馴染むことができるのです。

また、少額投資はリターンは少ない傾向にありますが、比例してリスクも小さいのが特徴です。逆に、大型投資はハイリスク・ハイリターンになりがちですから、投資初心者は少額から投資を始めるべきです。

“本当に”おすすめできるものだけ紹介

ここでは、私がやってみて良かったと思える、本当におすすめできるものだけ紹介します。おすすめの基準は、

  • 少額
  • 馴染みやすくシンプル
  • 低リスク

この3点です。この基準に適っていると思った定期積立投信という少額投資方法を以下、ご覧ください。

定期積立投信で少額投資

今回紹介するのは、定期積立投信です。

投信というのは投資信託の略ですが、投資信託とは投資商品を買うという行為を投資のプロにお任せする資産運用方法です。

投資のプロが運用してくれるのなら損はしない、ということではありません。投資のプロでも運用がうまくいかないことがあります。

しかし、この投信の魅力は投資のプロがあなたの代わりに投資をしてくれるというだけでなく、定期積立型の投信である点に大きなメリットがあると言えます。

ドルコスト平均法による定期積立投資

一般の投信で、一度のタイミングで買い付けるものがあります。しかし、定期積立投資は「毎月一定金額を購入する」という定期積立型で、一般の投信よりも平均買付単価を低く抑えることができるメリットがあります。

なぜならば、定期積立投信はドルコスト平均法を採用しているからです。

ドルコスト平均法とは、指定された期間ごとに一定金額を購入する方法です。毎月なら毎月、毎週なら毎週購入、という感じですね。

ドルコスト平均法は、時間を分散して投資商品を買えるのがメリットで、相場環境が悪いときでも良いときでも一定額分を買い続けるので、結果として平均買付単価が低くなる特徴があるのです。

ドルコスト平均法と言っても、何か外貨運用するわけではありません。あくまでも投資法の名前です。

では、ドルコスト平均法の毎月「一定額購入」するのと、毎月「一定量購入」するのでは、結果はどう違うのでしょうか? 分かりやすいように表を作ってみました。

 

ドルコスト平均法vs一定量購入法

ドルコスト平均法では、10,000口あたり9,103円で対象商品を購入できるのに対し、「一定量購入法」では、当然ながら10,000口あたり10,000円での購入となります。

この比較表から何がわかるかというと、ドルコスト平均法では対象商品の基準価格が高いときは買付数が少なく、基準価格が安いときは買付量が多くなります

結果、「一定量購入」よりも1万口あたりの平均購入額が低くなったというわけです。これがドルコスト平均法の最大のメリットと言えるでしょう。

ドルコスト平均法は万能ではない

ただし、誤解しないでください。ドルコスト平均法による投資が万能というわけではありません。

これはあくまでも結果論になりますが、1度きりの買付で対象商品を買ったとき、そのタイミングが底値だったとしたら、まさに最高のタイミングです。

しかし、ドルコスト平均法は底値を狙って買うのではなく、一定額分を定期的に買いつけます。平均購入価格を抑えられるだけで、底値で対象商品を買えた人よりは買付価格は高くなるわけですね。

要は、ドルコスト平均法でバランスの良い投資をするか、博打的に安値を狙って投資するかの違いがあるということです。

堅実な投資がしたいなら、断然ドルコスト平均法による投資法がおすすめですけどね。

バランスの取れたドルコスト平均法で定期積立投信

「イオン銀行投信」「セゾン投信」で少額投資

ドルコスト平均法で定期的に積み立てて投信を買う。これが有効な少額投資法なこと、お分かりいただけたと思います。

でも、定期積立投信なんてあるの? と思うかもしれません。

あります。

イチオシはイオン銀行投資信託です。

イオン銀行提供の投信自動積立は、まさにドルコスト平均法を活用した投資信託商品で、且つ毎月1,000円~の積立でOKなんです。

詳細は公式サイトで確認できます⇒イオン銀行公式サイト

また、こちらの記事も参考にどうぞ↓

イオン銀行の投資信託 | 毎月1000円~のイオン投信がおすすめの理由
記事概要:毎月1000円から始められるイオン銀行の投資信託を徹底解説した記事です。

他におすすめできる優良商品は、セゾン投信です。

セゾン投信の詳細は公式サイトはコチラ↓

セゾン投信は、リスク分散の見地から見ると、かなりバランスの取れた好商品です。世界30カ国以上の株式と10カ国以上の債権に分散投資。そして、株と債券の割合が50:50とのことですから、バランスが絶妙なんです。

日本を含め世界の株式だけに投資するのは、少しアグレッシブ過ぎですし、かといって債券の比率が大きいと利益率が低すぎるのが目に見えていますからね。

リスクを抑えつつ利益を狙いにいきたいならば、セゾン投信の セゾン・バンガード・グローバルバランスファンドは狙い目です。

セゾン投信口座は9万口座を越えています。セゾン投信を選んだ人がそれほど多いのには理由があるのです。

月5,000円から始められるセゾン投信。一度、公式サイトでどんな商品なのかチェックしてみてください⇒セゾン投信

それでは、また。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket