【少額投資】 初めての方でもできるおすすめの少額投資ランキング

   2016/10/13

マイナス金利の影響で銀行にお金を預けても利息がほぼ0円の今、本気で資産運用をしなければいけないと感じていますよ。

少額でも良いから資産運用を始めて、減額になった利息分を穴埋めしないとまずいですよ、奥さん。

でも、投資って危ないんでしょ?

いえいえ、これからの時代、資産運用などしてられるか!って考えるほうが危険です。

年金構造改革が全く進まない日本。

物価上昇率が一向に上がらない日本。

景気は停滞しているどころか後退しているのでは? と感じる、今日この頃の日本景気。

のほほんとしている暇はありません。今すぐ資産運用をするのは、賢明な選択です。

でも、何に投資したらいいかわかんないし・・・。

それはごもっともですね。少額で良いから資産形成を始めるべきといってもアクション方法は様々ですし、悪徳商法にひっかかってしまうようなことがあれば、それは大変です。

そこで、初めての方でも始められる少額投資ランキングを実施してみました。厳選3つです。

今後の少額投資の参考にしてください。

初心者でもできるおすすめの少額投資ランキング

少額投資第3位:ソーシャルレンディング

まずは第3位から。おすすめ第3位は1口数万円から投資可能なソーシャルレンディングLuckyBank)です。

ソーシャルレンディング・・・?

あんまり聞きなれないので、怪しい投資法だと思ってしまうかもしれませんが、安心してください。大手金融会社のSBIも取り扱っているソーシャルレンディングは、手軽な投資法として注目度が高いんです。

ソーシャルレンディングとは、以下の手順で企業に融資を行なう投資法になります。

  1. ソーシャルレンディング運営会社が案件募集を始める
  2. レンダー(投資家)が融資を行なう
  3. ボロワー(お金を借りる企業)が借りたお金を基に事業拡大を行なう
  4. ボロワーが利息を付けて借りたお金をレンダーに返済する

大まかな流れは以上の通りです。

現在募集している案件の中には1万円単位で、年利6.0~10.0%で企業に貸出し利息を受取ることができます。

一企業に投資を行なうソーシャルレンディングですから、ある意味株式投資とかなり似通った投資法だと言えます。

株式投資は、証券会社を通して一企業の株を買い企業に投資を行なう。それに対しソーシャルレンディングは、ソーシャルレンディング運営会社を通して企業に投資を行なうわけですからね。

どんな企業に金利何パーセントでいくら融資を行なうか。それは案件によって違うのですが、詳しい投資法はこちらの記事を参考にしてください↓

「LuckyBank」で少額から不動産投資を 初期費用に何百万円も必要なし
記事概要:次第に火がついてきた新たな投資法ソーシャルレンディングですが、イチオシの案件「ラック―バンク」を紹介した記事です。1万円単位で不動産投資をしたい方、必見です。

公式サイトで現在募集中の案件を確認できます⇒ラッキーバンク公式サイト

少額投資第2位:定期積立投信

少額で始められる投資として第2位に選出されたのは、毎月5,000円~運用できる定期積立投信です。

定期積立投信を2つに分解して説明すると、

  • 定期積立:毎月/毎週といった間隔で定期的に投資商品を買いつけること
  • 投信:投資信託の略。投資商品を買付け運用する行為を投資ファンド(投資のプロ)にお任せすること

この2つの言葉を繋ぎ合わせたものが「定期積立投信」というわけです。

定期積立投信のメリットを一つ挙げるなら、ドルコスト平均法で資産運用ができる点ですね。

ドルコスト平均法とは、毎回「定額購入」することです。相場環境が良くても悪くても、毎回定額購入するのがポイントなんです。

そうすることで買付時期を分散でき、平均買付価格を抑える効果があります。そうすると、長期間投資する上で、バランスの良い、かつ効率の良い投資が可能になります。

定期積立投信の代表的ファンドと言えば、セゾン投信ですね。人気ファンドで、2015年の時点で9万口座開設の実績があります。

こちらの参考記事をどうぞ↓

【少額投資】 投資初心者でもできるおすすめ少額投資 定期積立投信
記事概要:投資が初めての方でもできる少額投資商品として、定期積立投信を紹介している記事。定期積立の真髄となるドルコスト平均法の意味やメリットなどを、比較表とともに説明。

セゾン投信の詳細はコチラ↓

少額投資第1位:定期外貨積立

少額投資、堂々の第1位に輝いたのは定期外貨積立です。

外貨で資産運用? あり得ない?

いえいえ、騙されたと思って最後までお読みください。

今は1通貨から外貨取引ができる時代なのです。「1通貨」というのは、米ドルなら約115円、豪ドルは約85円、南アフリカランドは約8円~運用できるという意味です。

どこで1通貨から取引できるの?

FX(外国為替証拠金取引)です。

え~、ほんとに? FX取引ってリスクが大きいんでしょう? って思います?

えーとですね、FX取引自体にリスクはありますが、ここで紹介したいのはSBIFXトレードの「積立FX」という商品なんです。

積立FXはレバレッジ1~3倍を選択して取引できるFX商品になります。

つまり、必要証拠金の1~3倍の外貨を運用できるというわけですね。一般のFX取引では最大で25倍のレバレッジをかけられることを考えると、リスクは相当抑えられた外貨運用商品です。

しかも、最大の醍醐味はセゾン投信と同じく、ドルコスト平均法を活用した定期購入方法が採用されている点と言えます。

ドルコスト平均法が採用された外貨運用法が故に、リスクを極力抑え、取得価格にバランスをもたらし、長期的に利息(専門用語でスワップポイントという)を毎日受取ることもできる、画期的な外貨運用商品なんです。

ドルコスト平均法を活用したSBIFXトレードの積立FXとは
記事概要:積立FXが採用するドルコスト平均法とそのメリットや有効性について分析・解説しています。

積立FXは、他の金融機関では取扱われていません。SBIFXトレードだけで運用できる投資商品です。

為替相場が荒れているときでも、落ち着いて資産運用ができるのも魅力。ランキング第1位としたのには、理由があります。今一度、ご検討を。

積立FXはこちらから口座開設できます⇒SBIFXトレード

初めての方でもできるおすすめの少額投資ランキング まとめ

今回のランキングにランクインした少額投資法は以下の3つでした。

  • ソーシャルレンディング
  • 定期積立投信
  • 定期外貨取引

少額投資で良いんです、最初は。

銀行金利がほぼ0になるのを指をくわえて見ている暇はありません。

今すぐ、できることをしましょう。

それでは、また。

この記事で紹介した少額投資商品↓

SBIFXトレード

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket