資金100万円で資産運用するときに忘れずに準備すべきもの5つ

   2016/04/14

資金100万円で資産運用を始めるとき、「これがないと投資が始められない!」という、忘れずに準備すべきものが5つあります。

これから資産運用を始めるあなた、本当に準備は万端ですか? この記事をチェックシートとして、忘れ物がないか確認してみてください。意外な忘れ物が見つかるかもしれません。

資産運用するときに忘れずに準備すべきもの5つ

資金100万円で資産運用するときに忘れずに準備すべきもの5つ

時間をかけて抜かりない準備があってこそ美味しい料理をいただけるというもの。資産運用も同様にしっかりとした “下準備” が必要なのです。

以下の5つの準備すべきものをチェックしてください。

投資金

投資をするにあたって必ず準備すべきもの、それは投資金です。・・・当然ですね。投資金がないと投資はできません。

これまでの「100万円で資産運用」シリーズでは、100万円またはそれ以下の投資金で如何に資産運用するかをお話してきました。

それら過去記事を参考に、用意した投資金をどのように振り分けて投資するか、銀行預金を含めて自分で運用の仕方を決める必要があります。

証券口座やFX口座

資産運用の方法にもよりますが、適切な運用口座を開設する必要があります。

株式投資をするなら証券口座、外貨運用を含めるならFX口座、投資信託をするなら投資信託口座の開設が必須となります。

それに加え、開設する口座と相性の良いネットバンク口座を保有しておくと便利で、スムーズな資金移動が可能になります。

管理人のメイン証券口座は楽天証券です。ご存知かもしれませんが、楽天証券口座と相性の良いネットバンクは楽天銀行になります。

マネーブリッジというサービスを活用すれば、リアルタイムで入出金ができますし、利用することで楽天スーパーポイントをためていくことができます。

これは一例ですが、利用口座と互換性の良いネットバンク口座を保有することが資産運用における意外なコツですので、覚えておいてください。

楽天スーパーポイントが貯まる楽天銀行!無料口座開設

本人確認書類とマイナンバー

証券口座やFX口座、ネットバンク口座を開設するときに必ず必要になるのが、本人確認書類とマイナンバーです。

一般的に本人確認書類として有効なのは、

  • マイナンバーカード
  • 自動車運転免許証
  • 各種健康保険証
  • パスポート

などです。

2016年からマイナンバー制度が始まり、各種金融口座を開設するとき、必ずマイナンバーを提出することになります。

このマイナンバーについての注意点ですが、マイナンバー通知カードを受取り、その後役所等でマイナンバーカードを申請した方は、マイナンバーカードの両面コピーを提出するだけで金融口座の申請が可能です。

しかし、通知カードのみ保有しマイナンバーカードの申請をしていないならば、本人確認書類1点とマイナンバー通知カードの両方の提出が求められます。

マイナンバー通知カードを受取っていない人はいないと信じたいところですが、制度が始まったときトラブルが続発したようです。

システム障害でマイナンバー発券進まず FX口座開設に多大な影響か
記事概要:マイナンバー通知カードが届かない、マイナンバーカードが発行されないなどのトラブルが続発。関連記事を参考にしてください。

万が一、まだ通知カードを手にしていない方は役所へ連絡を。マイナンバーカード発行がまだの方は発券申請するか、通知カードのコピーを添えて本人確認書類を提出するかのいずれかで対処できます。

ポートフォリオ

資産運用のポートフォリオを組む

金融口座の開設がすんだらさっそく資産運用を始めたいところですが、大切なポートフォリオの作成が先決です。

ポートフォリオとは、資産運用テーブルのことで、投資金の何割をどの投資商品で運用するかを決める計画表と言い換えられます。

資産運用の基本は分散投資で、どのように分散投資を行なうかを決めるのがポートフォリオです。ポートフォリオができていないなら資産運用の準備は未完成。まずはポートフォリオの作成から取り掛かりましょう。

資金100万円以下の資産運用向け おすすめのポートフォリオの作り方
記事概要: 資産運用においてどのようにポートフォリオを組むべきか、その基本を紹介しています。ポートフォリオの組み方における基礎はどのタイプの資産運用にもあてはまりますので、初めに一読を。

資産運用の目的

意外と忘れがちな準備が、資産運用の明確な目的を定めることです。

  • あなたは自己資金を用いてなぜ資産運用をするのでしょうか?
  • 資産運用のターゲットは何でしょうか?
  • 獲得した利息は単利運用ですか? それとも複利運用ですか?

これら質問にはっきり回答できるなら、資産運用の準備はOKです。

逆に、なぜ資産運用するのか、その動機づけを得られていないなら、今一度資産運用の目的を吟味することをおすすめします。

たとえば「とりあえず稼ぎたいから」や「お金持ちになりたいから」といった曖昧な目的は、運用の王道を外れる危険性が潜んでいるのです。

  • 老後資金
  • マイホーム資金
  • 旅行に行くため
  • お小遣い稼ぎ

・・・などなど運用目的は様々ですが、目的が違えば資産運用方法が違います。

また資産運用の明確な目的があれば、危険な投機的資産運用に走らぬようガードレールを構築することにもなるのです。

資産運用するときに忘れずに準備すべきもの5つ まとめ

資産運用するときに必ず準備すべきもの5つ、最後にまとめてみます。

  1. 投資金
  2. 金融口座(証券口座、FX口座、ネットバンク口座など)
  3. 本人確認書類とマイナンバー
  4. ポートフォリオ
  5. 資産運用の明確な目的

これらすべてが準備できたなら、資産運用開始です!

それでは、また。

少額で定期積立投信するなら↓

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket