経済を学ぶおすすめ本 | 経済のイロハのイを学びたい人向けの本2冊

   2016/08/17

投資や資産運用をするにあたり、経済とは何かその基本を知りたいと思う人は少なくないようです。

管理人も経済の基礎を学びたいと思いいろいろ本を読みあさりましたが、おすすめできる本があります。特に経済をわかりやすく学びたい、イロハのイを知りたいという方向けのおすすめの本をご紹介したいと思います。

経済を学ぶおすすめ本 経済のイロハのイを学びたい人向けの本2冊

経済のイロハのイを学びたい人向けのおすすめ本2冊

ここで紹介するおすすめ本は2冊です。

  • めちゃくちゃわかるよ!経済学
  • 竹中先生、経済ってなんですか?

1冊ずつ簡単にレビューしていきますね。

めちゃくちゃわかるよ!経済学

最初に紹介するのは「改訂4版 めちゃくちゃわかるよ! 経済学」です。

めちゃくちゃわかるよ経済学

私が買ったときは改訂3版でしたが、すでに改訂4版が出ています。内容は最新の経済ニュースや経済状況に応じたものとなっていますので、買うなら改訂4版をおすすめします。

なぜこの本を買ったのかと言いますと、経済学を学びたかったからです。

経済学と言っても大学で専攻して真面目に学ぶものではなく、あくまでも経済学の概要を簡単に学びたかったのですが、そのニーズに応えてくれたのがこの1冊でした

  • 日本経済の状況とは
  • GDPとは
  • マネーとは
  • 経済理論と政治の関係とは

こんなことをイラストを交えてわかりやすく学ぶことができます。投資をするにあたり経済という枠組み全体を知ることができたので、この本には感謝しています。

ちなみに目次は、

  • 第1講:日本の景気はいい?それとも悪い?
  • 第2講:借金大国 日本の未来はどうなる?
  • 第3講:グローバルな企業価値の争奪戦
  • 第4講:世界は1つの市場になる!?
  • 第5講:3つの経済思想でニュースがわかる!

以上5講を学ぶことができます。個人的には第5講が好きでした。学んだことのない経済思想と経済ニュースの関連を知ることができたので。

竹中先生、経済ってなんですか?

2冊目は「竹中先生、経済ってなんですか?」です。

竹中先生、経済ってなんですか?

著者は小泉元総理の政権時代に経済財政政策担当大臣に就いていた竹中平蔵氏です。やはり経済を知っているな、と思わせる書きっぷりでした。

こちらの本は、経済をよりわかりやすく、より明快に知ることのできる、経済の基礎本になります。上で紹介した「改訂4版 めちゃくちゃわかるよ! 経済学」の内容よりは、さらに基礎的内容となっています。

経済とはなにかという疑問の答えというよりは、マネーとはなにか?の回答が書かれているイメージで。いずれにしろマネーと経済の基礎を知りたい方におすすめです。

目次はというと、

竹中先生、経済ってなんですか? 目次

こんな感じです。投資、資産運用をするにあたり、お金の基本を知ることができると思います。

経済のイロハのイを学びたい人向けのおすすめ本2冊 まとめ

今回紹介したのは、以下の2冊でした。

お金に働いてもらうために、経済とマネーの基礎をしっかり頭にいれておきましょう。

それでは、また。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket