資金100万円の資産運用 難しく考えずにほったらかしておけば良い話

   2016/06/30

100万円で資産運用。ポートフォリオを組んで分散投資、株式、国債、外貨、ETF・・・。

なんだか複雑だなぁと感じることがありませんか? もっと簡単に、シンプルに資産運用できないの? って思いますよね。

資産運用は複雑になるとかえって効率が悪くなることがあります。だから、難しく考えずに、できることなら放って置いても資産が増えていくような資産運用ができたら最高ですよね。

できます。

今回は、ほったらかし資産運用の方法をご紹介します。

資金100万円でほったらかし資産運用 初心者でもできる運用方法とは

ほったらかし資産運用 初心者でもできる運用方法3つ

ここで紹介するほったらかし資産運用の方法は3つです。

  1. 高配当利回り株をほったらかし
  2. 投信を定期積立でほったらかし
  3. 外貨を定期積立でほったらかし

ほったらかし資産運用、一つずつ見ていきましょう。

高配当利回り株をほったらかし

配当とは、年に1~2回、会社側から定期的に付与される株主へのお礼金のようなものです。稀ですが、年に4回配当金を配分する銘柄もあります。

当然、この配当金が高ければ高いほどお得なので、配当利回りの高い会社を探し、その株を買って放置しておけばほったらかし資産運用ができます

  • 配当利回り:(年間配当金÷株価)×100

この計算式で高配当利回り銘柄を探せば良いのですが、一銘柄ずつ確認していくのは大変です。証券会社提供のスクリーニングサービスを利用すれば、ほんの数秒で高配当利回りランキングを確認できます。

管理人のメイン証券口座、楽天証券のランキング情報画面をちょっと見てみます。

配当利回り上位ランキング(楽天証券)

楽天証券マーケットスピードより(2016年4月7日)

こんな感じでランキングをクリックすれば、高配当順に銘柄が表示されるんです。便利ですよね。

楽天証券口座開設がまだの方はコチラ↓

現時点で、東証1部の高配当銘柄ランキング第1位は、丸三証券(8613)で、配当利回りは7.16%になっています。

当たり前の話ですが、株価が変動すればこのランキングも変動します。では、スクリーニングしたとき最も高配当利回りの銘柄を買えば良い・・・というわけではありません。

配当だけでなく、安定して配当を供給できるか、会社のファンダメンタル(財政・経営状況)も鑑みる必要があります。

管理人が基準とするのは、

  • 配当利回り3.0%以上
  • 東証1部上場銘柄
  • 時価総額ランキング上位銘柄

この基準に適った銘柄のみ購入することにしています。この条件に適合する銘柄なら、不景気時でもたいていは配当廃止にはならず安定して配当を設定するからです。

ちなみに今の時点で保有している銘柄の中に、みずほFG(8411)があります。配当利回りは4.91%となっています。株主優待はありませんが、ここ数年ずっとお世話になっている高配当利回り銘柄です。

こんな感じで高配当利回り銘柄を継続保有し、ほったらかし資産運用で資産増を狙えます。

投信を定期積立でほったらかし

投資信託を購入することでも、ほったらかし資産運用が可能です。ただし、どの投信でも良いというわけではありません。

ほったらかし資産運用に適する投信は、定期積立投信です。つまり、毎月少額を貯金するかのように積立て、対象投資信託を買い続ける運用方法です。

この定期積立投信ならドルコスト平均法での買付けになりますから、平均購入価格を抑える効果があり、平均して安く対象商品を買いつけられるメリットがあります。

ドルコスト平均法? 定期積立投信? さらに詳しい情報が必要だと思いますので、以下参考記事を添付します。そちらで確認してください↓

【少額投資】 投資初心者でもできるおすすめ少額投資 定期積立投信
記事概要:投資が初めての方でもできる少額投資商品として、定期積立投信を紹介しています。なぜおすすめなのか、ドルコスト平均法のメリットなどと合わせて掲載しています。

外貨を定期積立でほったらかし

外貨を定期積立でほったらかし

外貨運用でほったらかし資産運用ができます。

外貨運用にはいくつか方法がありますが、たとえば・・・

  • 銀行での外貨預金
  • FX口座での外貨運用
  • 外貨現金購入
  • 為替関連投資信託

・・・などなど。しかし、外貨運用のネックは為替手数料で、方法と取引場所の選択を間違えると、外貨運用の利益分と相殺になるくらい為替手数料がかかってしまいます

そこで、手数料が安く、且つ資産運用初心者でも外貨運用できるおすすめの方法を提案します。

FX口座で1通貨コツコツ投資

FX(外国為替証拠金取引)専用口座で、1通貨単位で外貨を運用すれば、リスクを抑えて無理なく外貨運用できます。その名も「1通貨コツコツ運用」です。

FXは自分でコントロールすればリスクを抑えて取引できますから、悪いイメージがあるとしたらオープンマインドでFX口座を活用した外貨運用法を知っていただければと思います。

1通貨コツコツ運用がどんな投資法かというと、お目当ての為替レートが安くなったら(円に対して通貨高になったら)、1通貨買付ける運用方法です。

たとえば、米ドルが投資対象なら、米ドルが円に対し高くなったら1米ドル買う。ドル円レートは常に変動しますが、そのレートの波の中でドル安のときに狙いを定めてコツコツと買付けていくのです。

管理人は手動でドルを買い進めるのが面倒なので、自動でコツコツと米ドルを買っています。「1通貨コツコツ運用」の詳細はこちらで解説していますので、参考にご覧ください↓

FX初心者で資金が少ない人向けの「1通貨コツコツ投資手法」とは
記事概要:1通貨単位でコツコツと外貨を買いつけていく外貨運用「1通貨コツコツ投資」について詳しく解説しています。数円から投資できる資産運用法、必見です。

FX口座で自動外貨運用

こちらもFX口座を活用した外貨運用方法です。

FX取引は自分で「買い」や「売り」を選択し取引する方法の他に、半自動で外貨運用できるFX口座や完全自動で外貨運用できるFX口座もあります。

いずれにしろ、それら特殊なFX口座を活用することで、時間を奪われずにまさに “ほったらかし” で資産運用できる外貨運用方法なのです。

ほったらかし外貨運用できる代表的な半自動取引には、インヴァスト証券のトライオートアイネット証券のループ・イフダンがあります。

自分で運用の方向性を決め、取引自体はFX口座が自動で遂行してくれる半自動取引。自分で相場観をつかむ必要はありますが、面倒なくコツコツと外貨運用できるので人気の高い外貨運用法となっています。

半自動取引の先駆者としてマネースクウェア・ジャパンのトラリピがありますが、取引手数料の観点から比較すると確かにアイネット証券のループイフダンが若干有利。しかし、総合力はM2Jのほうが上と考えているので、今でもトラリピ運用中です。

トラリピとは | 少額でコツコツ稼ぎたい人見逃し厳禁
記事概要:マネースクウェア・ジャパンがサービスするFX商品のトラリピを徹底解説した記事です。トラリピでどうやってコツコツ稼げるのか、その基本をお伝えしています。

いずれにしろ、ほったらかし外貨運用で活用できる各半自動取引、ぜひ一度試してみてください。

まずは各社公式サイトで詳細を確認↓

トライオート↓
トライオート

ループイフダン↓
シストレi-NET

トラリピ↓
株式会社マネースクウェア・ジャパン

また、完全にほったらかしで外貨運用したいという方は、上の半自動での運用よりも完全自動売買によるほったらかし外貨運用が向いているかもしれません。

世界中のトレーダーの取引手法を採用した外貨運用が人気を呼んでいる、インヴァスト証券のシストレ24

忙しくて資産運用に時間を割けない方におすすめの外貨運用方法です。一度、オフィシャルサイトをのぞいてみてください。結構気に入ると思います。

シストレ24のオフィシャルサイト↓
インヴァスト証券

ほったらかし資産運用方法 まとめ

長文をご覧下さりありがとうございます。最後にほったらかし資産運用方法をまとめてみます。

おすすめのほったらかし資産運用方法は以下の3つでした。

  1. 高配当利回り株をほったらかし
  2. 投信を定期積立でほったらかし
  3. 外貨を定期積立でほったらかし

そして外貨運用では、

  • FX口座で1通貨コツコツ投資
  • FX口座で自動外貨運用

この2つの運用方法がおすすめです。あなたに一番合っていると思う方法で資産UPを狙ってみてください。

それでは、また。

インヴァスト証券

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket