おすすめ資産運用 | 教育資金ねん出のために今すぐ始めたい投資法3つ

   2016/10/13

子どもの教育資金のために少しでも多くの資産を作り出したいと思うのは当然です。愛する子供のためですから。我が子により良い教育を受けさせたいと親御さんは思うものです。

問題は、資金源

お金は雨のように降っては来ません。かと言って銀行定期預金で増やそうと思っても、今はマイナス金利時代。銀行預金は超低金利、氷河期時代まっしぐらですから。

100万円預けても1年後は2,000円の利息が付けば良いほうではないでしょうか。しかし、複利運用しても毎年の利息が2,000円では、10年頑張ってもたかが知れているかと。

でも、悲観的になる必要はありません。悲観的になってもマイナス金利がプラスにはなりません。

変わらないといけないのは、親である私たちではないでしょうか?

この時期に如何にお金を増やせるか。愛する子供の教育のためにどうしたら少しでも資金を増やせるか。資産運用を真面目に考える時ではないでしょうか?

大丈夫です。

資産運用法も多様化した時代ですから、少額で無理なくできる投資法が数多くあるんです。

その中から親の皆さんにおすすめできる投資法を3つピックアップしてみました。

好みに合う投資法があれば、今すぐにでも始めましょう。資産運用は早く始めるほど複利運用効果でお得ですから。

おすすめ資産運用 教育資金ねん出のために今すぐ始めたい投資法3つ

教育資金ねん出のためのおすすめ投資法3つ

少額で手堅く、なるべくリスクを抑えてどんな資産運用ができるでしょうか。今回は以下の3つの投資法をおすすめしたいと思います。

  • 積立投資信託
  • 少額不動産投資
  • 少額外貨運用

これらはどんな投資法なのか、一つずつ見てみましょう。

積立投資信託

投資信託といっても種類は数えきれないほどあるんですよね。投資信託協会のデータによると、現在1万本以上の投信ファンドが販売されています。

1万本ですよ、奥さん。

その中からどうやって選べばよいのか、私も良く分からないほどです。

でも、少額でコツコツできる投資信託という一定の基準があれば、自ずと簡単に選べます

1万本以上ある投信ファンドのなかで、ドルコスト平均法を採用した、毎月少額をコツコツと積み立てていける投資ファンドがあるんです。

ドルコスト平均法を簡単に説明すると、平均取得金額を抑える効果のある投資法です。一括で投信ファンド商品を買うわけではないので、仮にファンド基準価格が下がっても対応しやすい商品になります。

積立貯金感覚でその投信ファンドをコツコツと購入していけば、子どもが教育資金を必要とする頃はそれなりの資産形成ができているはず。一見の価値、あると思います。

コツコツ積立型投資信託を公式サイトで確認⇒公式サイト

また、積立投資信託の更なる詳細に関しては、以前の記事も参考になります↓

【少額投資】 投資初心者でもできるおすすめ少額投資 定期積立投信
記事概要:投資が初めての方でもできる少額投資商品として、定期積立投信を紹介しています。なぜおすすめなのか、ドルコスト平均法のメリットなどと合わせて掲載しています。

少額不動産投資

子どものために不動産投資・・・? リスク高過ぎ、初期費用も数百万円かかるんでしょう? って思いますよね。はい、却下。

今は何百万円もかけて不動産投資をする時代ではありません。少額から始められるんです。

不動産事業を主に手掛ける会社に融資を行なう投資法があるのですが、仲介企業は信頼度が非常に高いソーシャルレンディング運営会社になります。

簡単に言うと、事業資金を融資して欲しい企業と融資をしたい投資家の仲介をするのがソーシャルレンディング会社で、この投資法を一般的にソーシャルレンディング投資と言います。

詳細はこちらで↓

今さら聞けないソーシャルレンディングとは? どんな投資法なのか調べてみた
記事概要:次第に火がついてきた新たな投資法「ソーシャルレンディング」の詳細を解説した記事です。基礎記事として参考にしてください。

人気急上昇の投資法ですが、初めて投資をする人、とりわけ子供の将来がかかっているわけですから、前情報もなく大切な投資金を融資できませんよね。少なくともソーシャルレンディング運営会社の信頼度が非常に重要になってきます。

確かに、ソーシャルレンディングを営む会社は多数あるのですが、その中で自信をもっておすすめできるのは「ラッキーバンク」と「みんなのクレジット」の2業者だけです。

ラッキーバンクについて以前記事を書いたことがあり、みんなのクレジットも別の記事で紹介させていただきました。

どちらにも甲乙をつけ難いのですが、より少額から始めたいならばラッキーバンクがおすすめ。一部の案件は約3万円~投資可能です。

新しいスタイルの投資法になりますが、少額で高金利投資法のソーシャルレンディング。将来の教育資金のために積極的に考えて良い投資法だと思っています。

公式サイトで確認する↓
ラッキーバンク /  みんなのクレジット

少額外貨運用

外貨を運用するのも一つの資産運用法です。外貨運用と言うと、外貨預金やMMFなど様々な商品がありますが、自信をもっておすすめできるのはより少額で運用できる商品です。

  • 積立FX

これはFX会社のSBIFXトレードが2015年12月から提供している画期的な外貨運用商品です。

一言でいうと、外貨を定期的にコツコツ購入し、為替差益とスワップポイントの両方を狙った資産運用になります。この商品のメリットは、

  • ドルコスト平均法によって買付額を抑える
  • 長期間運用によるスワップポイント収益
  • 設定すればあとは自動購入

こんなメリットがあるので、ストレスフリーで、かつ腰を据えてコツコツと資産運用できます。

メリットばかり目につく外貨運用商品ですが、人によって好みがあるのも確か。商品の概要や購入方法などすべてを記録したまとめ記事がありますので、興味のある方はそちらをご覧ください⇒積立FXで少額外貨運用 全部まとめてみました

公式サイトで確認もできます⇒SBIFXトレード

教育資金ねん出のためのおすすめ投資法3つ まとめ

子どものために今から資産運用を

数多くある資産運用法ですが、子どもの教育がかかっていますから大きなリスクは取りたくありませんよね。それをふまえ、少額でコツコツできる投資法を3つ紹介しました。

  • 積立投資信託
  • 少額不動産投資
  • 少額外貨運用

どれを選択するかは人によって違うと思いますが、資産運用は運用期間が長いほどお得です。お好みの投資法が見つかったら、早めに運用を始めることをおすすめします。

参考になれば幸いです。

少額で不動産投資↓↓

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket