2018/06/01

資産運用とは? 初心者向けにわかりやすく投資の基本を解説します

老後のためにお金を増やしたい。もう少し資産にゆとりが欲しい。理由は様々ですが、少しでも資産運用してお金を増やしたいと思っている方は少なくありません。

しかし、資産運用とは何でしょうか? 投資をするにしても資産運用とは何か、どうすれば資産運用できるのか、イロハのイを知らない初心者もいらっしゃいます。

そこで、資産運用とは何か初心者向けにわかりやすく解説します。これからの資産運用の基礎を頭にたたきこんでいただければと思います。

スポンサーリンク


資産運用とは? 初心者向けにわかりやすく投資の基本を解説

この記事の主な要点は以下の点になります。

  • 資産運用とは
  • 資産運用とギャンブルの違い
  • 資産運用のメリット
  • 資産運用のデメリット
  • リスクを抑えて資産運用する方法
  • 資産運用の種類7つ

それでは資産運用の基本と概要を一つずつ見ていきましょう。

資産運用とは

そもそも資産運用とは何でしょうか? 平たく言うと、資産を運用することです。投資とも言います。

もう少し詳しく言うと、何らかの投資商品に資産を投じ、その商品から収益を得る行為を資産運用と言います。

一例を挙げると、株式投資は資産運用の一種です。一企業の株式を買い、会社の収益の一部を受け取ることで投資家は利益を得ることになります。

付け加えると、株式投資の主な収益は2種類あります。

  • キャピタルゲイン(売却益)
  • インカムゲイン(定期収入)

株式投資におけるキャピタルゲインを得るには、安い時に株を買い値上がりしたら売ることで利益を獲得できます。

定期収入を意味するインカムゲインは、株式投資の配当金がそれに当たります。年に1、2回、会社から付与される配当金が収益となるわけです。

株式投資は一例に過ぎません。株以外の投資商品においても同じように資産を投じ、その見返りとして利益を得る。これが資産運用の基本になります。

資産運用とギャンブルの違い

資産運用は銀行預金と違い、元本保証がありません。100万円投資し90万円に減ることがありますし、可能性は非常に低いですが、すべての投資金を失うことはないとは言い切れません。

  • 元本保証がない=リスク

このようにとらえることができますが、リスクが潜在する資産運用をギャンブルと同等と考えている方がいます。

それは誤解です。資産運用とギャンブルは別物です。

ギャンブルは胴元が儲かるように組織されています。パチンコであればパチンコ店のオーナーが、競馬であれば競馬主催者が儲かるように “仕組まれて” います。これは知らない人がいない暗黙の了解です。

一方で、資産運用は投資家すべて平等に資産を増やすチャンスが与えられています

株式投資において、株式発行元の株式会社が利益を得れば株主にも利益が還元され収益を得ることができます。そもそも胴元など存在せず、誰でも利益を得るチャンスがあるのです。

また、資産運用におけるリスクは自分でコントロールできます。リスクには外部要因がありますので、リスクそのものは制御できなくてもリスクへの対策を立てることが可能なのです。

ですから、資産運用は元本割れのリスクがあるとはいえ、ギャンブルとは根本的な構造が全く違います。投資=ギャンブルという間違った考えを排除するのが先決です。

資産運用のメリット

資産運用の最大のメリットは、資産を増やせることです。

上述したように、投資商品に資産を投じ収益を得るのが資産運用であり、資産運用を行えばお金を増やすことができます。

執筆時点の銀行普通預金の金利は、0.001%(メガバンク金利参照)です。100万円を1年間銀行口座に入れておいても10円の利息しか受け取れません。(税抜前)

運用方法によって利回りは違いますが、資産運用で年間3%の利回りは可能ですし、投資商品によっては5~10%のものもあります。

利回りが高いほど潜在リスクが高くなる傾向にありますが、それでも銀行預金とは雲泥の差です。年間3%の利回りで100万円を運用すれば1年後に約3万円を利益として獲得できるのです。

銀行預金で10円受取るのと少しのリスクを承知で資産運用を行い3万円手にするのでは、あなたはどちらがお好みでしょうか?

いやいや、リスクは嫌だ。10円の利息で良いから元本保証で銀行預金をしたい。そう思うならば、それは個人の自由です。銀行預金でコツコツお金を増やしたら良いでしょう。ほとんど増えませんが…。

資産運用を上手に行いお金を増やし、お小遣いを増やす、或いは老後に備えたいと思われるなら、これから資産運用を学んでいけば良いと思います。

今は資産運用商品の種類も豊富で、初心者でも気軽に簡単にできるものが増えてきました。資産運用を学ぶと言ってもそんなに時間を割く必要はないはずです。

資産運用のデメリット

ご存知かもしれませんが、資産運用にはデメリットがあります。最大のデメリットは、上述したメリットの反対で、元本割れする可能性がある点です。

資産運用が成功すれば自己資産を増やすことができます。しかし、銀行預金と違い、投資には元本保証がありません。投資商品価格が下落すれば元手資金が減少することになります。

100万円の株を買って90万円に値下がりした時点で売却すれば、元手資金100万円が90万円になる。このような元本割れのリスクがあるのが資産運用なのです。

しかし、上でもふれましたが、元本割れリスクを怖がって貯金だけするなら、資産が増えることはありません。

多少のリスクを承知で資産運用することで資産を増やせるということ、覚えておいてください。

リスクを抑えて資産運用する方法

リスクを抑えて資産運用する大切な方法をお伝えします。投資の基本中の基本ですが、それは、

  • 分散投資

これです。一つの金融商品を買うのではなく、複数の商品に資金を分散させることが非常に重要です。

例えば、運用資金が100万円ならば、50万円でA商品を、さらに50万円でB商品を買う、というように分散投資を行うことです。

分散投資が重要な理由、それは「卵を一つのかごに盛るな」という格言が指し示すように、一つの金融商品に全資金を投入してその商品価格が暴落した場合、大損失を被ることになるからです。

方向性の違う複数の商品で資産運用している場合はいかがでしょうか。50万円のA商品が40万円に値下がりしたものの、同じく50万円で購入したB商品が65万円に値上がりしたならば含み益は+5万円です。

このように分散投資をするなら、リスクを抑えつつ効果的に資産運用ができます。

資産運用の種類7つ

では、実際に資産運用するとしたらどんな方法で投資できるのでしょうか? 私も実際にやってみた資産運用方法の中でおすすめできる方法をを厳選して7つお伝えします。

今後どの方法で運用できるかイメージしながら見てみてください。7つの運用方法は以下の通りです。

  • 外貨投資
  • 株投資
  • 積立投信
  • ETF投資
  • ソーシャルレンディング投資
  • 全自動資産運用
  • ちょっとハイリスクな資産運用

では、どんな資産運用方法なのか、一つずつ見ていきましょう。

外貨投資

誰でも気軽にできるお金に働いてもらう方法の一つが、外貨投資です。

外貨投資と聞いて思い浮かべるのが「外貨預金」や「FXデイトレ」かもしれませんが、ここでお伝えするのはリスクを十分に抑えた優良金融商品です。

SBIFXトレードというFX会社は「積立FX」という外貨商品をサービスしています。簡単に概略すると、

  • 購入通貨
  • 購入頻度
  • 購入量

この3点を選択するだけで、あとは設定内容に応じて自動で外貨を定期購入してくれる、非常に画期的な資産運用方法なんです。

もちろん私も積立FXをやっていますが、経過は非常に順調です。

なぜ順調なの? と言いますと、この積立FXには運用者に大きなメリットがあるからです。

  • ドルコスト平均法で平均購入価格を抑えリスクを抑えて運用できる
  • 9通貨の中からメジャー通貨とマイナー通貨を任意で選択できる

資金を振り分けて時間を分散し対象商品を購入する投資法をドルコスト平均法と言います。

ドルコスト平均法は平均購入価格を抑える効果があるので、トータルでかなりお得な運用法になるんです。

そして、購入できる通貨は9通貨ありますから、リスクが低めのメジャー通貨と高めのマイナー通貨を組み合わせて購入し、リターンとリスクのバランスを鑑みての運用も可能です。

ドルコスト平均法を活用し手動で外貨購入することも不可能ではありませんが、正直面倒です。やったことがありますが、できる限り手動ではやりたいと思いませんし、忙しい方にはストレスになります。

それを自動で定期購入してくれるのが積立FXですから、外貨投資したいならやらない手はないかと。

積立FXで外貨運用、いかがでしょうか?

積立FXの詳細を確認する⇒SBIFXトレード

株投資

根強い人気を誇るのは株投資です。株投資でも分散投資をしながら資産運用することができます。

上述しましたが、株投資はキャピタルゲインかインカムゲインのいずれかを目的に運用するのが基本です。

  • 売却益(キャピタルゲイン)
  • 配当金(インカムゲイン)
  • 株主優待(インカムゲイン)

簡単におさらいですが、売却益は株を売った時に得られる利益のことです。基本は安い時に買い高くなったら売る。これで売却益を手にすることができます。

インカムゲインに当たる配当金は会社からの報酬金みたいなもので、配当金を設定している銘柄を保有することで、1年に1、2回会社から配当金が振り込まれます。

同じくインカムゲインに当たる株主優待は会社からのお礼品みたいなもので、優待商品を設定している銘柄を保有することで1年に1、2回会社から優待商品が贈呈されます。

とりわけ配当金と株主優待狙いの資産運用は長期間の運用になりますが、安定して配当金や株主優待を設定している銘柄を保有することで運用効率が高くなり、運用リスクを抑えての取引ができるでしょう。

株式運用には株式口座の開設が先決です。株式投資でお金に働いてもらいたい方は、まずは株式口座を開設しましょう。

業界最安水準の取引手数料、イチオシの証券口座です⇒DMM株

積立投信

株式運用の延長線上にあるのが積立投信と考えられますが、個別銘柄を買う株式運用よりもさらに精度の高い分散投資法と言えます。

投信とは投資信託の略で、株式や債券などの運用をプロの投資家(ファンド・マネージャーと言う)にお任せするのが投信です。

その投信商品を一度に買い付けることも可能ですが、資金と時間を分散して購入するのが「積立投信」になります。

毎月1000円または5000円と、お好みで毎月の購入金額を設定し投信ファンドを買ってみましょう。貯金感覚で投資ができますよ。

ただし、日本国内だけで投信商品が数千とあるので選別するのは簡単ではありません。

そこでおすすめできる積立投信商品をお伝えしますので、詳細を確認してみてください。もちろん気に入らなければ購入しなければ良いだけの話です。参考までに。

数ある積立投信の中からおすすめできるのは、以下の2商品です。

ETF投資

上述した投資信託には上場したものがあるのですが、それをETF(上場投資信託)と言います。

大きなメリットは、上場しているので個別株式銘柄と同じようにオンライン証券口座で気軽に購入することができる点です。

現在、ETFは約200銘柄上場していますので、一般の投資信託よりは数は少ないです。しかし、200銘柄の中から選択し購入するのは、やはり簡単ではありません。特に投資初心者は何を買ったら良いのかさっぱりわからないと思います。

わたしもETFをオンライン証券で買ったことがありますが、今考えると「ちょっと失敗したなぁ」って思います。

でも今は失敗しません。3通りから選択するだけでETF運用ができています。その理由は、

  • マネーハッチ

インヴァスト証券がリリースした「マネーハッチ」という金融商品は、3つの選択肢から1つを選ぶだけでETF投資ができてしまうんです。

  1. リスク重視型(リスクを抑えた運用)
  2. バランス重視型(リスクとリターンのバランスを考えた運用)
  3. リターン重視型(リターンを追求した運用)

この中からお好みで1つを選択するだけで、ETF運用が始まります。さらにすごいのが、元手資金は0円からOK、という点。

というのも、インヴァストカードというクレジットカードを利用して還元されたポイントをマネーハッチで運用できます。還元ポイントを運用できる投資型クレジットカードを活用し、ETF運用ができます。

私もすでに運用を始めています。マネーハッチでETF運用を始める方法を詳しく解説した記事を参考にしてください。

マネーハッチ、今のイチオシ運用方法です。ぜひ。

ソーシャルレンディング投資

上場はしていない各企業の事業やプロジェクトに投資できるのが、ソーシャルレンディング投資です。

  • 事業を始めるにあたってまとまった運用資金が必要(借り手)
  • 余裕資金を貸したい(投資家)

この借り手と投資家のニーズがマッチし投資が成り立つのがソーシャルレンディングだと理解してください。

ただし、投資先は様々です。各案件内容を確認し、あなたの投資ポリシーやニーズに合った案件に投資しましょう。

ソーシャルレンディングの金利はけっこう高く、案件内容によっては10%を超える商品もあります。

安心・安全の観点から、私は大企業が運営するソーシャルレンディング商品だけを利用しています。ソーシャルレンディング(クラウドファンディングとも呼ばれる)を扱う金融会社は多数ありますが、紹介できるのは片手で数えられるくらいですね。例えば、

特にSBIは国内金融企業の中で大手中の大手、信頼度が高く安心して投資できるのがメリットの一つだと見ています。

全自動資産運用

お金に働いてもらいたいけど、忙しくて資産運用を勉強している時間も暇もないという方、少なくないようですね。

分かります。資産運用の勉強は結構時間かかりますから。

じゃあ、その忙しさはフィンテックに埋めてもらいましょう。この時代、AIを組み込んだ投資商品が多数リリースされ、高性能AIに資産運用をおまかせできるようになりました。

以前のように一から十すべてを自分で理解していなくても大丈夫なんです。資産運用ロボにお任せしてお金に働いてもらいましょう。

その方法の一つがこれです。

WealthNaviは世界水準の金融アルゴリズムを提供する、投資経験者に選ばれているロボアドバイザーです。手数料は1%のみで、国際分散投資を自動運用します。

以前は100万円からの運用が規定となっていましたが、今は10万円からスタートできます。少額からの自動運用が可能になりました。

自動運用ですから、時間も手間もかかりません。何に投資をするか、資産配分や運用方法などすべてロボアドバイザーにお任せできます。

また、ウェルスナビは国際分散投資できるのが大きな特色の一つです。約50カ国11,000銘柄以上に国際分散投資を行うので、リスクとリターンのバランスがとりやすい特徴があります。

運用の質が気になるところですが、心配いらずですね。というのも、ノーベル賞受賞の理論をベースとした世界水準のアルゴリズムで資産運用してくれますので、私たちの理解をはるかに超えたプログラミングで投資してくれます。

聞いたこともないロボットに大切な資産を運用してもらうのは心配で仕方ない、嫌だ、という方。使う必要はないと思います。納得いく方だけ使用してください。

ただ、今では数多くの人が利用し利益をたたき出している最先端のAIとロボアドバイザー。それを受け入れられないというのは、ちょっと寂しい感じがしますけどね。

資産はあなたのものです。利用したい方だけ利用しましょう。

詳細はこちら↓
WealthNavi

ちょっとハイリスクな資産運用

上で6つの資産運用方法をお伝えしました。すべてリスクを十分に抑えた投資法で、分散投資をベースとした運用になります。

それとは別に、ちょっとハイリスクな資産運用法があるんです。おすすめはしません。下手すると投資ではなく投機になりますから、とりわけ投資初心者の方は手を出さないように気を付けてください。

どんな投資法かというと…

  • 仮想通貨取引

です。ビットコインって聞いたことあるのではないでしょうか。今、流行りの仮想通貨の一種ですが、仮想通貨トレードで大きな利益を手にした人が少なくないようです。

ただし、重複しますが、仮想通貨トレードはリスクの高い資産運用になりますので、前知識なしで手を出すのは禁物です。痛い目に遭うことになります。

それでもちょっと取引してみたい、興味があるという方は、各種仮想通貨を取り扱っているGMOコインの取引口座を開設すれば簡単に取引できます。参考までに。

仮想通貨取引口座を開設する↓
GMOコイン

資産運用とは? まとめ

資産運用とは、何らかの投資商品に資産を投じ、その商品から収益を得る行為のことでした。主にキャピタルゲインかインカムゲインのいずれか、または両方を狙うことになります。

主な資産運用方法は、

  • 外貨投資
  • 株投資
  • 積立投信
  • ETF投資
  • ソーシャルレンディング投資
  • 全自動資産運用
  • ちょっとハイリスクな資産運用

これらの中から好みで選択し投資することになります。

個人的には、SBIFXトレードでの外貨投資、株投資、またはウェルスナビ(全自動資産運用)が特に初心者向けだと思っています。

それでは、また。

クレジットカードのポイントで
資産運用を始められます↓
マネーハッチ

全自動資産運用はこちら↓
WealthNavi