株投資ではこうやって儲ける(2) 配当金でコツコツ稼ぐ!

   2015/11/28

前回、株投資の儲け方の一つとして売却益についてお話しました。

(記事:株投資ではこうやって儲ける(1) 売却益を狙う!

今回は株投資の儲け方として、配当金をご紹介です。

株投資の配当金

株の配当金とは

株の配当金とは、年に1、2回、会社側から付与される謝礼金のようなものです。

そもそも株投資とは会社へ出資することです。会社は獲得した出資金を活用し事業経営を行なうわけですね。そして、経営がうまくいくとそれなりの利益を上げることができます。

その利益からほんの少し、「出資してくれてありがとう」の気持ちを込めて、謝礼金を株主に配分する。これが配当金の主旨になります。

残念なことに、すべての会社が配当金を設定しているわけではありません。会社理念や会社の財務状況を鑑みて配当の有無を決定します。株主目線で言うと、できるだけ配当をくれる会社の株を買いたいというのが本音です。

出資に対する感謝の気持ち。大切ですよね。

会社からの配当金

配当金を狙って株投資する場合、基本的には対象となる株を保有し続ける必要があります。売却益を狙うときは数日~数週間で数万円の利益も可能なのですが、配当金は投資金額の2~3%が相場です。

どちらかというと、コツコツと稼ぐ投資スタイルです。せっかちな人には向いていないかもしれません^^

配当利回りを覚える

上で「配当金は投資金額の2~3%が相場」と言いました。この投資金額に対する配当金額の割合を配当利回りと言います。

(配当金÷投資金額)×100=配当利回り

この数値が高ければ高いほど貰える配当金が多いということです。

相場は2~3%ですが、可能なら3%以上の配当利回り銘柄を狙いたいですね。3%以上なら「高配当利回り」と言えると思います。

株投資で配当金

配当利回り4%の銘柄をピックアップ

私が利用する証券会社のスクリーニング機能を使って、配当利回り3.0%以上、東証1部上場で、かつ10万円以内で買える銘柄 (お手頃~) を探してみました。

すると、数十銘柄がヒットしましたよ。その中からこの銘柄をピックアップです。

ワコム (6727) 市況情報

ワコム (6727) 市況情報

  • ワコム (6727) 東証1部
    会社概要:ペン入力のタブレット製造会社、世界首位。サムソンスマホにも商品提供する実力派。
    配当:18円
    単位株数:100株
    株価:451円 (2015年7月2日終値)

東証1部の実力企業が5万円以下で買えるのですが、現時点で配当利回りは3.99%です。ほぼ4%の配当利回り、これは魅力的だと思いました。

記事に載せるをやめて、こっそり自分で買ったほうが良いかと本気で考えちゃいました。(反省!)

ただ、配当利回りの数値は、基本的に年利です。1年間株を保有した場合の配当利回りですので、ご注意を。

ネットバンクの1年もの預金金利は、高金利のものでも0.2~0.3%がやっとです。もちろん、銀行預金は1000万円以下なら元本保証なので、株投資と比較するのはどうかと思いますが。

それでも、5万円ほどの投資で年間1800円ほど配当として受取れるのは、魅力。配当を狙う株投資、悪くないですよね。

 

取引手数料が格安、イチオシの証券口座です↓

手数料0円で株取引をする方法があります↓
【保存版】 GMOクリック証券口座で株式売買手数料0円にする株主優待活用術!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket