2017/06/23

リアルトレードGPに参戦してみて気づいた意外なメリット3つ

2017年6月からインヴァスト証券によって開催されているリアルトレードGP。当サイトの管理人も参加させていただいていますが、リアルトレードGPの意外なメリットに参戦して初めて気づかされました。

このメリットはGPに参加してみたい人やトライオートに興味のある人に大切な情報と思いましたので、ここにて紹介させていただきます。今後の参考にしていただければ幸いです。

スポンサーリンク


リアルトレードGPに参戦してみて気づいた意外なメリット3つ

リアルトレードGPに参戦してみて気づいた意外なメリットは、以下の3点です。

  1. レンジ相場で稼ぐ方法を真面目に考える
  2. 資産運用力の向上
  3. 賞金が貰える

これらメリットについて一つずつ見ていきましょう。

レンジ相場で稼ぐ方法を真面目に考える

現時点で私はトライオートFXでグランプリに参戦中ですが、トライオートFXの醍醐味の一つは自動売買取引です。

簡単に言えば、レンジ相場の範囲内にいくつもの買いと売り注文を仕掛け、レート変動による売買を自動で繰り返すことでコツコツと利益を得ていくのが、トライオートFXの仕組みです。

もちろんマニュアル取引(裁量取引のこと、自分で新規・決済注文すべてを行う取引)も可能ですが、忙しい時でも自動でお金に働いてもらえるのが自動売買の大きなメリットですからね。

わたしはトライオートFXでは自動売買による参戦と決めています。トライオートETFも少し売買するつもりでいますが、やはり自動売買で取引することになると思います。

それた話を戻しましょう。トライオートFXの自動売買はレンジ相場で如何に稼ぐかが大きなポイントです。つまり、レンジ相場で稼ぐ方法を真面目に研究しなければ勝てません

幸いなことに私は元々トラリピ運用(M2J)を手掛けていますので、レンジ相場での取引はそれなりに分かっているつもりです。

ただし、トラリピとトライオートFXでは設定方法や取引手法が異なりますから、同じレンジ相場での利益を狙うものの、やはりトライオートFXではどうやって稼げるかを学ぶ必要があります。

  • レンジ相場×トライオートFX

これで如何に勝てるかを真面目に考えるようになるというのは、大きなメリットだなと思いまして。

もしこれでそれなりに利益を上げることができれば、資産運用の一手段として自分のものになるわけですから、あなたにとって大きなメリットになりますよ。

トライオート口座を開設してリアルトレードGPに参戦する⇒トライオート・公式サイト

資産運用力の向上

2番目のメリットは、資産運用力の向上です。

上述した1番目のメリットと少し重複しますが、レンジ相場で利益を上げる方法を真面目に考えるわけですから、自分の資産運用力が向上することに間違いありません。

  • レンジ相場で使えるテクニカルチャート
  • レンジ相場でのエントリーとイグジットのタイミング
  • レンジ相場で稼ぐためのシナプス
  • トライオートFXのスペックと他社のスペックの比較

などなど。リアルトレードを行う上で学習すべき点がたくさんあります。

結果は別として、資産運用手法を学ぶわけですから、間違いなく資産運用力がUPします。今後の投資に大いに役立つことが期待できます。

今回のリアルトレードGP参戦の2番目に大きい醍醐味と言えるかと。

んんっ?? 2番目に大きい醍醐味ということは、1番目は何なのよ?と思いますよね。それは…次の項目を見れば一目瞭然です。

賞金が貰える

リアルトレードGPの最大のメリットは、これでしょ。賞金です。

なんだかんだ言っても、賞金が貰えて悲しい人はいません。賞金がグランプリ参戦の大きな動機付けとなっている方も少なくないかと思いますしね。

ちなみに私のリアルトレードGP参戦の主な理由は、前回の記事で説明させていただきました。

  • 投資初心者へ「少額取引ができる」というメッセージを伝える
  • ランキングではなく投資スタイルに重点を置いて参戦

はい、賞金は度外視して参戦させていただいております。

賞金は目指しませんが、少額でもトライオートで利益を得られる、資産運用法として有効であることをお伝えする、この点に的を絞って参戦しています。

ちょっとアウトロー的な理由ですが、マネーライターとしての本分を忘れずにトレードしたいと思っています。何卒ご理解のほどをお願いいたします。

リアルトレードGPのメリット3つ まとめ

リアルトレードGP参戦のメリットを簡単にまとめます。

  1. レンジ相場で稼ぐ方法を真面目に考える
  2. 資産運用力の向上
  3. 賞金が貰える

グランプリは2018年3月まで開催されます。時間はまだまだありますから、興味のある人はさっそく参戦を。

それでは、また。

リアルトレードGP参戦は
インヴァスト証券口座保有が条件です↓↓
トライオート