2017/06/15

堀聖人 リアルトレード頂上決戦グランプリに参加決定。その詳細とは

私事ですが、この度インヴァスト証券が主催する【リアルトレード頂上決戦グランプリ】に参加することになりました。

画像元:リアルトレード頂上決戦グランプリ特設サイト

特設サイトに参加者として私も載っているのですが、ひろぴーさんなどこの業界で有名な方が参加しているということで、非常に恐縮です。

では、リアルトレード頂上決戦グランプリの詳細についてお伝えします。

スポンサーリンク


リアルトレード頂上決戦グランプリの詳細

リアルトレード頂上決戦グランプリ特設サイトより

  • グランプリ正式名称:リアルトレード頂上決戦グランプリ
  • 開催期間:2017年6月12日~2018年3月30日
  • 対象金融商品:トライオートFX、トライオートETF

インヴァスト証券は実は2012年からリアルトレードグランプリを開催していますが、今回のグランプリは一味違います。その詳細を以下、ご覧ください。

グランプリの賞金

一番気になるのは、今回のリアルトレードグランプリの賞金ですよね。インヴァスト証券のHPから表をお借りしてきました。以下のランキングと賞金をご覧ください。

インヴァスト証券より

表を見ていただければ分かりますが、3つの部門があります。

  • 総合部門
  • 自動売買部門
  • マニュアル部門

グランプリ中にトライオートFXまたはトライオートETFで取引を行った損益結果によって順位を競うというものです。つまり、

  • トライオートFX
  • トライオートETF

以上のどちらかで参加できますし、両方のサービスを駆使して上位を狙うのもありです。また、

  • 自動売買
  • マニュアル

どちらの取引手法を採用するかは自分次第。投資家によって投資法や狙いが違いますから、併用するかどうかは違ってくると思います。

ちなみに私はというと、まだ決めていません。ただ、トライオートETFを自動売買するコツコツ型投資をベースとしようかなぁと、何となくイメージしています。

取引手法は当サイトで、また特設サイトでも逐一紹介されていきます。乞うご期待。ボロボロに負けたら笑ってください(笑)

賞金および商品獲得条件の詳細

今回のリアルトレードグランプリには月間取引回数が規定されており、その条件を満たさないと賞金および商品獲得対象にはなりません。

またまたインヴァスト証券HPの表をご覧ください。

インヴァスト証券より

トライオートFXとトライオートETFでは取引条件が少々違いますので、各条件を頭に入れながら取引することでランキング上位を狙えます。

口座開設者は自動エントリー

ちなみにグランプリ参加にエントリーは必要ありません。トライオートFXまたはトライオートETFの口座をお持ちの方は自動エントリーです。

興味ある方はちょっと参加してみるのはいかがでしょうか?

口座未開設の方は口座開設が先決です。グランプリは2018年3月までの長期間ですから、今から口座開設手続きしても余裕で間に合いますよ。

トライオートETF口座開設はこちらからできます↓
(トライオートFXも同時開設可)
トライオートETF

ランクインできなくても豪華賞品のチャンス

上述したように、ランクインするには取引条件等を満たす必要があります。仮に条件を満たせなかった、賞金獲得圏内に入れなかったという場合でもWチャンスがあります。

インヴァスト証券より

トライオートFXまたはトライオートETFのどちらかで総合部門にランクインした方には、以上の順位に基づき豪華賞品がプレゼントされます。

  • 合計680人の方に3000円相当の豪華賞品

どんな “豪華賞品” なのかは不明です。届いてからのお楽しみ、といったところでしょうか。

Wチャンスがあると思うと、ちょっと積極的にグランプリに挑戦できますよね。ぜひぜひトライしてみてください。

グランプリで上位を狙う秘訣はあるのか

今回のリアルトレードグランプリで上位を狙うための秘訣はあるのでしょうか?

私もグランプリ参加のため秘訣があったとしても公表は難しいのですが、結構あると見ています^^

トライオートFXならレンジ追尾の使い方が重要ですし、自動売買とマニュアルトレードの使い分けもポイントになるかと。

また、損益額が大きいことが上位ランクインに不可欠ですから、自動売買とマニュアルトレードの “2刀流” で利益を伸ばしていくべきかと考えています。

あとは、ご自分で研究してみてください。

では、トレード手法や途中経過については当サイトで逐一アップしていきます。2018年3月までの長丁場になりますが、どうぞよろしくお願いいたします。

それでは、また。

トライオートFX口座開設はこちら↓↓
(トライオートETF口座も同時開設可)
トライオート