FX初心者がFX口座開設するときに欠かせない3ステップ

   2016/11/08

前回の記事「なぜFX初心者は「FXランキング」という言葉に引き寄せられるのか?」の中で、FX初心者は次の3ステップを経てFX口座を選ぶべきだとお話しました。

ステップ1:FX初心者に大切な要素を学ぶ
ステップ2:大切な要素が組み込まれているFX口座をピックアップ
ステップ3:ピックアップした口座から好みとニーズに応じて開設申請

一つずつ解説していきたいと思います。今回はステップ1について見ていきます。

FX口座開設へのステップ

ステップ1:FX初心者に大切な要素を学ぶ

FX初心者に大切な要素を知る前に、一つ前提が必要です。それはどんな手法でFX取引をしていくか、というもの。大きく分けると、二つの手法に分けることができます。

1)短期トレード

短期間、特に日をまたがずにトレードするデイトレードを指します。小さな利益を積み重ねていく、というイメージです。

2)長期保有

長期間外貨を保有することで得られるスワップポイントを狙った取引手法です。場合によっては数か月~半年以上ポジションを保有することもあります。

どちらの手法でFXを取引していくかによって、選択するFX口座が変わってくるんです。

取引手法でFX口座を選ぶ

短期トレードの場合

短期トレードでFX取引をしていくつもりなら、以下の要素を優先的に考慮しFX口座を開設しなければなりません。

スプレッド

スプレッドはFXトレーダーが負担する取引コストです。スプレッドが狭いほどコスト削減となります。なるべくスプレッドが狭いFX口座を選択することが必要です。

1000通貨単位取引ができるFX口座

口が酸っぱくなるほど言っていますが、FX初心者が最初から1万通貨取引でFXに挑むのは無謀です。どんなに多くても1000通貨単位、できれば100通貨単位か1通貨単位で取引すべきです。

FXや為替相場に不慣れなFX初心者は、できるだけリスクを抑えた取引が必要不可欠です。最低でも1000通貨単位取引ができるFX口座を選びましょう。

関連記事⇒FXで負けないために真面目に選んだ、少数単位で取引できるFX口座7つ

取引ツールの使いやすさ

FX口座が違ければ取引ツールのスペックや構造、すべてが違います。そして、取引ツールの使いやすさも違いますし、他の人が使いやすいと言ってもあなたが使いやすいと感じるかどうかはわかりません。

FX各社には、FXデモ口座という実際の取引ツールと全く同じツールで取引できる口座がサービスされています。仮想マネーを利用して実際の取引を試すことができますので、取引ツールの使いやすさを試してみると良いでしょう。

※中にはデモ口座をサービスしていないFX会社もあります

FXデモ口座サービス

長期保有でFX取引を行なうなら…

FX口座を選別する上で最も重要なのは、スワップポイントが高いかどうかです。

スワップポイント

スワップポイントは同じ通貨ペアでもFX会社によって差が出てきます。A社で取引すると100円貰えるところ、B社では110円貰える、というのは日常茶飯事です。

平均的に高スワップポイントを提供しているか、過去のスワップカレンダーを参考にチェックしてみましょう。高スワップポイントを提供している会社で取引すれば、より効率的に利益を上げることができます

長期保有でスワップポイントを狙う場合、デイトレードに比べて取引回数は圧倒的に少ないです。ですから、スプレッドやツールの使いやすさというのはあまり気にしなくて良いかと。

とにかく高スワップポイント提供のFX口座を利用することが重要です。

高スワップポイント口座が重要

ステップ1:FX初心者に大切な要素を学ぶ まとめ

初めに、どんな手法でFX取引をしていくか考えましょう。そのあと、FX口座選別に大切な要素を考えます。

  1. 短期トレード
    スプレッド
    1000通貨単位取引
    ツールの使いやすさ
  2. 長期保有型取引
    高スワップポイント提供

次回は、「ステップ2:大切な要素が組み込まれているFX口座をピックアップ」についてお伝えしますね。

それでは、また。

FX初心者向けSBIFXトレードの詳細はこちら↓
限定タイアップキャンペーン中!
口座開設+取引でAmazon券3000円分受取れます!!
SBIFXトレード(FXLP)

FXで負けないために真面目に選んだ、少数単位で取引できるFX口座7つ
記事概要:勝てるFX口座というものはありませんが、負けないために活用すべきFX口座はあります。FX初心者が利用すべきFX口座を厳選して紹介した記事です。ぜひ、一読を。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket