2018/11/20

FXでメンタルが弱いと失敗する理由とメンタル強化方法2つ

FXでメンタルが弱いと失敗します。利益を上げられません。なぜなら、FXで勝つための3条件の一つがメンタルだからです。

メンタルの管理の仕方や強化方法の詳細をお伝えします。強いメンタルをもってFXトレードで収益を上げられるようになりましょう。

スポンサーリンク


FXでメンタルが弱いと失敗する理由

この記事では3つの点をお伝えします。

この記事の要点

  • FXでメンタルが弱いと失敗する理由
  • FXトレードのメンタル管理方法3つ
  • FXトレードのためのメンタル強化方法2つ

まずはFXでメンタルが弱いと失敗する理由から見ていきます。

少額からFX投資を始めてもメンタルが弱いと失敗する理由

FXトレードで勝つための3条件

最初に理解しておきたいのは、FXトレードで勝つための3条件です。この3条件とメンタルは密接な関係があります。その3条件とは、

  • 資金管理
  • 投資手法
  • メンタル

この3つです。これら条件を満たしたときにFXで収益を上げることができます。一つでも欠けると収益を上げることはできません

3条件の中にメンタルがあります。つまり、メンタルが弱いとFXで利益を出すのが難しいというわけですね。

このメンタルが弱くてFXで利益を出せない人が少なくないのです。

1通貨取引でできても1万通貨取引でできるとは限らない

FXの仕組みですが、取引数量とリスクは比例します。取引数量と損益額の関係は以下の通りです。

  • 1通貨単位取引=レート±1円=損益±1円
  • 10通貨単位取引=レート±1円=損益±10円
  • 100通貨単位取引=レート±1円=損益±100円
  • 1,000通貨単位取引=レート±1円=損益±1,000円
  • 10,000通貨単位取引=レート±1円=損益±10,000円

ここから分かるのは、取引数量と獲得利益が綺麗に比例することがわかりますね。

つまり、取引量が多いほど獲得利益が多くなりますが、その分損失を被った取引での損失額が大きくなるわけです。

しかし、このFXの仕組みからいうと、1通貨単位取引で勝てるのであれば、同じように取引すれば取引数量に関係なく勝てるはずです。

それなのに、取引数量を増やして取引すると勝てない人が少なくないのはなぜなのでしょうか? 1通貨取引では勝てるのに1万通貨取引になると勝てないのには、どんな理由があると思いますか?

  • メンタル

です。メンタルが弱いので、取引数量が多くなると勝てないのです。

1通貨単位取引ならほとんどストレスなくトレードできます。

なぜなら、「負けても損失はほんのちょっとだから・・・」という考えが心の奥底にあるからです。

だからストレスなく取引ができて、テクニカル分析もしっかり行い、ルールにそって取引できます。

そして継続して勝てるようになった、少しずつだけど利益がのってきた、となると、人は「取引数量を増やしても大丈夫」と思うわけです。

しかし、そこに大きな落とし穴があるのです

1通貨取引から始め1000通貨取引に挑み、収益はプラスです。

さあ、いよいよ1万通貨取引です。

あれ、思うように勝てません。

少額通貨取引では勝てていたのに、1万通貨単位取引になったとたん、なかなか勝てません。

なぜでしょうか? それは、1万通貨取引におけるストレスと緊張が想像以上だからです。勝てない理由はコレ。

要は、メンタルが弱いんです。

確かに、上述したように、1万通貨取引では±1円で±1万円の差益ですから。勝てれば良いですけど、負けたら-1万円・・・と思ってしまうわけです。

自分では思っていないつもりでも、心の奥底でそれを意識し、ストレスを与えています。

極度のストレスのもと取引すると、判断が鈍ります。ルールにそって買い、売り、様子見のどれかをすれば良いだけなのに、3択すらできない状況です。

3択だけの取引で、なぜFX市場参加者の8~9割の投資家が負けているのでしょうか?

その要因はメンタルが弱いからなのです。

くどいですけど、1通貨単位取引で勝てるのなら、1万通貨取引でも10万通貨取引でも勝てるはずです。

しかし、ストレスと緊張をコントロールできるメンタルを持ち合わせていないのでは、勝てないのです。

メンタルが弱いとFXでは勝てない

メンタル管理方法3つ

FXで利益を上げるためには、1通貨取引で維持できたメンタルを保持することです。ここからはメンタルを管理する方法を3つお伝えします。一つずつ試してみてください。

FXトレードの目的をもつ

FXトレードをする目的があるはずですが、その目的がメンタルにおよぼす影響は大きいですから、具体的な目的を考え直すことがメンタル管理の重要な方法の一つになります。

たとえば、

  • 毎月定期的なお小遣いが欲しい
  • 旅行資金をためる
  • 車を買う頭金をためる
  • 老後資産の足しにしたい

などなど。FXトレードをする明確な目的があるはずです。ただただお金が欲しい、裕福になりたいというような抽象的なものではなく、具体的な目的をもつことでメンタル維持の助けになります。

また目標を明確化することで、今後何をすれば良いのか見えてくるはずです。

FXトレードの収益目標額を決める

FXトレードの目的が具体的なら収益目標額も決められるはずです。上であげた例でいうと、

  • 毎月定期的なお小遣いが欲しい⇒1万円
  • 旅行資金をためる⇒20万円
  • 車を買う頭金をためる⇒100万円
  • 老後資産の足しにしたい⇒500万円

収益目標額はこのようになるかもしれません。この目標額を獲得できるようFX取引を行いますが、どのような手法でどのように資金管理してFXするか具体的に考えてみてください。

目的と方向性が決れば、あとは進むだけですから、メンタルを管理しやすくなります

トレード記録で自分を知り改善する

メンタルを管理するもう一つの重要な方法は、自分を知ることです。

どんな状況でどんな感情を抱くのか、自分を知っていますか?

為替相場とは恐ろしいもので、人を盲目にします。我を忘れてトレードしてしまうことがよくあるんです。

一回損失をだすと、次こそは!って思いませんか?

ポジション保有中にレートが反対方向に動くと、どんな感情を抱きますか? というか、そういう風に考えたことはありますか?

意外にないものですよね。自分を見つめ直すと、想像以上に惨めな自分と向き合うことも。

では、どうしたら自分を知ることができるでしょうか?

ひとつずつメモすることです。トレードをする度に、簡単で良いので以下の項目を記載してみてください。

  • 取引通貨ペア
  • 取引時間帯
  • 取引方法(買or売)
  • 売買時の感情

とりわけ4つ目が肝心です。新規ポジションをもったとき、ポジション保有中、ポジション決済後、どんな気持ちだったか、素直に書いてみます。

そうすると、自分って結構無鉄砲だな、とか、ちょっと消極的思考が強いな、またはルールを無視して取引している自分に気づくこともあると思います。

自分のありのままの姿を考察し、メンタル面で改善点があれば改善する。この作業を行なうことで感情をコントロールする基礎ができあがります。

Twitter上でもトレード記録に関する口コミがありました。その一つを見てみると、

画像元:Twitter

やはりトレード記録をつけることが収益を上げる第一歩であり、メンタルコントロールのかなめなのですね。

メンタル強化方法2つ

メンタルを管理するだけでなく強化することで、鋼のようなメンタルをもつことができます。メンタルを強化する主な方法は2つあります。

FXトレードの通貨量を改善する

先にあげたように、トレード通貨量が増えれば取引リスクが高くなり、緊張も高まります。

ですから、FXトレードの際の取引通貨量を見直すことが先決です。

なかなか利益がだせないならば、まずは取引通貨量を減らしてみましょう。これまで1万通貨取引をしていたなら、思い切って1通貨単位で取引する、どんなに多くても1000通貨単位でトレードしてみます。

どんな状況でも、相場が暴落したときでも冷静に損切りできるようになれば、メンタルは強化されたはずです。そしたらあらためてロット数を増やしトレードしてみましょう。

メンタル強化方法

  • 少数単位(1通貨単位、どんなに多くても1000通貨単位以下)で取引する
  • 冷静に損切りできるようになるまでとことんトレードする

FXトレードの手法を見直す

今は裁量取引でFXトレードをしていると思いますが、その取引手法を見直すことでメンタル強化できます

というのは、裁量取引はFX取引手法の中でもっともメンタルの強さがもとめられる手法です。その手法を見直せばメンタルにあまり左右されず継続して取引できるだけでなく、収益率も安定してくるはずです。

上でもふれましたが、裁量取引は買う、売る、様子見のいずれかを自分で選択する取引手法ですが、それを自動で行うならメンタルが揺さぶられることなくFXトレードができます

裁量取引以外の主な取引手法に、

  • 自動積立
  • 半自動売買(リピート系)
  • 全自動売買

このような取引手法があります。これらのいずれかの手法に変えてみるのはいかがでしょうか。

  • 自動積立のメリット:好きな外貨を定期的に自動で購入するだけなので放っておいても資産運用ができる
  • 半自動売買のメリット:最初に取引の方向性(取引する通貨ペア、通貨量、取引範囲)を決めるだけであとは自動トレードできる
  • 全自動売買:取引システムを選ぶだけであとは全自動トレードできる

この3つの取引手法の共通点は、裁量取引と違って常に取引画面を見ている必要はないので、ちょっとしたレート変動で感情を揺さぶられることがない点です。

わたしも初心者の頃はもっぱら裁量取引でしたが、今は約7割が先にあげた3手法のいずれかで収益を上げています。それぞれの取引手法はこのFX口座を使っています↓

それぞれ特徴が違いますし、取引の仕方が違います。私見ですが、とくに積立FXとトラリピはメンタルの強さ弱さはほとんど関係ないと感じています。シストレ24は少しリスクが高めなので、FX取引に慣れてからやってみても遅くないと思います。

メンタルが弱くてなかなか利益を上げられない人には、積立FXとトラリピがイチオシです。

といっても始め方がよく分からないかもしれませんね。ここで積立FXとトラリピの始め方の記事があるので、そちらを見ながら始めてみてください。

積立FXの始め方

これから積立FXを始める場合、始める前に以下の記事を参考にしてください。とりわけ利用することになるSBIFXトレードのメリットとデメリットをビシッと解説しています。

トラリピの始め方

初心者でも簡単にトラリピは始められます。トラリピを始める前に、トラリピの概要と注文のやり方についてこの記事を参考にしてください↓

FXでメンタルが弱いと失敗する理由とメンタル強化方法2つ まとめ

この記事では、FXでメンタルが弱いと失敗する理由、メンタル管理方法3つ、メンタル強化方法2つお伝えしました。

  • メンタルが弱いと失敗する理由⇒FXで勝つための3条件の一つがメンタルだから
  • メンタル管理方法3つ⇒FXトレードの目的をもつ、FXトレードの収益目標額を決める、トレード記録で自分を知り改善する
  • メンタル強化方法2つ⇒FXトレードの通貨量を改善する、FXトレードの手法を見直す

引き続きメンタル管理行い強化しつづけ、FXトレードで収益を上げていきましょう。

FXの始め方

これから裁量取引でFXを始める、または始めたばかりだけど利益がなかなか増えていかないという方は、こちらの記事も参考になります。

それでは、また。

1通貨単位で取引できる
メンタルコントロールがしやすい積立FX口座
SBIFXトレードの口座開設はこちら↓
数分でサクッと申し込めます
もちろん無料です^^
SBIFXトレード