少額からFX投資を始めてもメンタルが弱いと失敗する理由

   2016/11/08

FX投資で利益を得るために少額から始めるのが基本ということは、これまでに口が酸っぱくなるほどお伝えしています。

しかし、少額でFX取引を始めても、メンタルが弱いと失敗します。損失の可能性が非常に高くなるのです。

FX投資とメンタルの関係、以下、お伝えします。

少額からFX投資を始めてもメンタルが弱いと失敗する理由

FXでの取引数量と獲得利益は比例する

おさらい的な話になりますが、FX投資を始めるときはなるべく少額から、可能な限り1通貨単位~取引を始めるのがコツです。

というのは、取引数量とリスクは比例するからです。取引数量と損益額の関係は以下の通りです。

  • 1通貨単位取引=レート±1円=損益±1円
  • 100通貨単位取引=レート±1円=損益±100円
  • 1,000通貨単位取引=レート±1円=損益±1,000円
  • 10,000通貨単位取引=レート±1円=損益±10,000円

難しい話でも何でもなく、取引数量と獲得利益が綺麗に比例することがわかりますね。

つまり、取引量が多いほど獲得利益が多くなりますが、その分損失を被った取引での損失額が大きくなるわけです。

1通貨単位取引でできることは1万通貨単位取引でもできるはず

FX初心者がリスクをかえりみない取引は無謀で、どぶにお金を捨てるようなものです。

必ず少額取引から始め、少額取引で勝てるようになったら少しずつ取引数量を増やしていくのがセオリーです。

言い換えると、1通貨単位取引で勝てるのであれば、同じように取引すれば取引数量に関係なく勝てるはずですよね。

取引数量が1万通貨でも10万通貨でも勝てるはず、というのが道理です。

しかし、取引数量を増やして取引すると勝てない人がほとんど。なぜなのでしょうか?

1通貨取引では勝てるのに1万通貨取引になると勝てないのには、どんな理由があると思いますか?

FX投資にメンタルの強さが不可欠の理由

ずばり、メンタルです。メンタルが弱いので、取引数量が多くなると勝てないのです。

1通貨単位取引ならほとんどストレスなくトレードできます。

なぜなら、「負けても損失はほんのちょっとだから・・・」という考えが心の奥底にあるからです。

だからストレスなく取引ができて、テクニカル分析もしっかり行い、ルールにそって取引できます。

そして連続で勝てるようになった、少しずつだけど利益がのってきた、となると、人は「取引数量を増やしても大丈夫」と思うわけです。

しかし、そこに大きな落とし穴があるのです。

取引数量を増やすとストレスと緊張が想像以上

1通貨取引から始め1000通貨取引に挑み、収益はプラスです。

さあ、いよいよ1万通貨取引です。

あれ、思うように勝てません。

少額通貨取引では勝てていたのに、1万通貨単位取引になったとたん、なかなか勝てません。

なぜでしょうか? それは、1万通貨取引におけるストレスと緊張が想像以上だからです。勝てない理由はコレ。

要は、メンタルが弱いんです。

確かに、上述したように、1万通貨取引では±1円で±1万円の差益ですから。勝てれば良いですけど、負けたら-1万円・・・と思ってしまうわけです。

自分では思っていないつもりでも、心の奥底でそれを意識し、ストレスを与えています。

極度のストレスのもと取引すると、判断が鈍ります。ルールにそって買い、売り、様子見のどれかをすれば良いだけなのに、3択すらできない状況です。

3択だけの取引で、なぜFX市場参加者の8~9割の投資家が負けているのでしょうか?

それはメンタルが弱いから。

くどいですけど、1通貨単位取引で勝てるのなら、1万通貨取引でも10万通貨取引でも勝てるんです。

しかし、ストレスと緊張をコントロールできるメンタルを持ち合わせていないのでは、勝てるわけがありません。

メンタルが弱いとFXでは勝てない

メンタルを強化する方法2つ

メンタルを強化する方法は大きく分けて2つあります。

  1. トレード記録で自分を知り、改善する

トレード記録で自分を知り、改善する

一つは、自分を知ることです。

どんな状況でどんな感情を抱くのか、自分を知っていますか?

為替相場とは恐ろしいもので、人を盲目にします。我を忘れてトレードしてしまうことがよくあるんです。

一回損失をだすと、次こそは!って思いますか?

ポジション保有中にレートが反対方向に動くと、どんな感情を抱きますか? というか、そういう風に考えたことはありますか?

意外にないものですよね。自分を見つめ直すと、想像以上に惨めな自分と向き合うことも。

では、どうしたら自分を知ることができるでしょうか?

逐一メモすることです。トレードをする度に、簡単で良いので以下の項目を記載してみてください。

  • 取引通貨ペア
  • 取引時間帯
  • 取引方法(買or売)
  • 売買時の感情

とりわけ4つ目が肝心です。新規ポジションをもったとき、ポジション保有中、ポジション決済後、どんな気持ちだったか、素直に書いてみます。

そうすると、自分って結構無鉄砲だな、とか、ちょっと消極的思考が強いな、またはルールを無視して取引している自分に気づくこともあると思います。

自分のありのままの姿を考察し、メンタル面で改善点があれば改善する。この作業を行なうことで感情をコントロールする基礎ができあがります。

改善点が分かっても改善は難しい

感情をコントロールできていない自分に気づいたら、どうするか。実は、ここからが難しいんですよね。

メンタルをコントロールできていないことに気づいても、メンタルを強化するのは簡単ではありません。

私も経験済みなんですけど、頭の中では何をすべきで何をすべきでないか、分かっているんです。

取引ルールも紙に書いて、パソコンモニターの脇に貼ってあるんです。

でも、いざとなると、どうしても誘惑が・・・。たとえば、

  • 「もう少し利が乗りそうだから、ここで利確せずにもう少し様子見しよう」
  • 「損切ラインを越えたけど、これからレートは回復するだろう」

というように、・・・だろうと、空想してしまうのです。幻想の世界ですね。FXファンタジー、FXディズニーランドですよ。

FXで勝てると思う幻想

そのうち自分に腹が立ってきます。負ければ尚更ですよ。そのたびに「メンタル強化だ~!」って気合をいれるんですけどね。

FXは気合いだけで利益は上げられない。これが現実です。

有料でメンタル強化

1通貨からFX取引を始め、今では1万通貨単位取引ができるようになったのなら、それは相当な成長ぶりですよね。

でも、メンタルに問題があってなかなか利益が伸びていかないのであれば、有料でメンタル強化するのも一つの手です。

トレード日記をつけるのは無料、自分を知るのも無料。そこで、簡単で、かつ優良な自己投資をすれば、FX投資の改善が図れるはずです。

メンタル強化を徹底的に行いFX投資が成功するなら、有料でも正に「プライスレス」ですよね。

といっても、有料で有用なメンタル強化商品はほとんどありません

私も徹底的に探したんですけど、どれも胡散臭い商品ばかり。あなたはどなた?という人物がFXを語っていても、あまり説得力がないですから。

でも、一人だけ。メンタル強化に強い、本物のトレーダーがいます。私は “師” と仰いでいる方なんですけど。

  • 柾木利彦 (まさき としひこ)氏

愛称はマーフィーです。

この方の履歴がすごい。本物です。

  • 柾木利彦氏プロフィール
  • 1956年生
  • 1980年大学卒業
  • 三和銀行(現三菱東京UFJ銀行)入行
  • ニュー ヨーク支店、東京本部の ドル円チーフディーラー
  • 1992年オランダ銀行東京支店などで外国為替部長
  • 東京市場委員会副議長
  • 東京フォレックスクラブ委員歴任
  • 過去24年に及ぶトレード経験に基づき独自でチャート分析を確立
    ・スパンモデル(R)
    ・スーパーボリンジャー(R)
    ・アクティベート時間分析(R)

私はテクニカル分析が苦手なので、マーフィー氏の存在は大きいです。

そして、この人が推奨するメンタル強化方法もすごい。

FX取引技術があってもメンタルがついてこない人、メンタルを強化したい人、マーフィー氏の教えに注目です。

マーフィーのメンタルトレードEブック・DVD
FXにおける正しいメンタルコントロールを伝授
マーフィーメンタルトレードEブック・DVD

メンタル強化なしで、FX投資の成功はあり得ません。

何としてもメンタルを改善し、利益率UPを狙いましょう。

それでは、また。

FX初心者向けSBIFXトレードの詳細はこちら↓
限定タイアップキャンペーン中!
口座開設+取引でAmazon券3000円分受取れます!!
SBIFXトレード(FXLP)

FXで負けないために真面目に選んだ、少数単位で取引できるFX口座7つ
記事概要:FX初心者は少額から取引を始めるべきです。どのFX口座で少額取引ができるか、ランキング形式でお伝えしています。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket