2017/05/26

FX取引手法 | 勝つために知っておきたいトレード手法の選び方

FX取引といってもトレード手法はいくつもあって、トレーダーによって選択する取引手法は違います。どんなトレード手法があるかというと、

  • 裁量取引(スキャルピング、デイトレードなど)
  • 半自動取引(トラリピ、積立FXなど)
  • 自動取引(シストレ24など)

大まかに分類しただけでも3通りありまして。この中からあなたに最適のトレード手法を選んで取引する必要があるのです。

選択を間違えれば、効率良く稼げないどころか大損失を被ることも

ここで、FXで勝つためのFXトレード手法の選び方を、ぜひ、頭に入れてください。

スポンサーリンク


FX取引手法-勝つために知っておきたいトレード手法の選び方

FXで勝つために知っておきたいトレード手法の選び方

FXトレード手法を選ぶ上で、3つの要素を考慮する必要があります。

  1. ライフスタイル
  2. 性格
  3. 投資金

以上3つの視点からベストと言えるFX取引手法を探ってみます。あなたにピッタリのトレード手法を見つけてください。

ライフスタイル

ライフスタイルに合ったトレード手法を選択することは非常に重要で、3つのポイントのうち一番大切な要素と言っても過言ではありません

たとえば、サラリーマンの方はどんなに頑張っても平日夜しかトレードできませんよね。

フリーランスの方はある程度自由が利きますが、主婦の方はフリーランスの方とはまた別で、家事をする時間や子供の世話などなど、どうしてもトレードに時間を割けない時間帯というのがあるでしょう。(夫の相手もお忘れなく)

いずれにしろ、自分のライフスタイルを見極めて、トレードできる時間帯を判断した上でトレード手法を選択する必要があります。

これがすべてというわけではありませんが、各ライフスタイルに合わせたトレード手法をご紹介します。

  • サラリーマン⇒メインは半自動取引か自動取引、余裕があれば裁量取引も
  • フリーランス⇒自分の好きな手法なんでもOK
  • 主婦⇒メインは裁量取引、余裕があれば半自動取引か自動取引も

サラリーマン

FX各サイトを閲覧してますと、「サラリーマンは朝の10分だけ、夜のほんのちょっとだけの時間帯を活用して取引するだけで稼げます!」という決まり文句を見かけます。

いや、けっこう無理だと思います。絶対無理とは言いませんが、体力的にも時間的にもけっこう厳しい話でして。

空いた時間を活用してスマホでトレードする、というのは間違っていませんが、空いた時間が稼ぎやすい相場とは限りませんよね

管理人がサラリーマンならば、半自動取引自動取引をメイン手法で収益を狙います。

半自動取引や自動取引に興味のある方は、当サイトの各カテゴリーをご覧ください。

以上3つの取引手法、管理人はすべて運用中です。各カテゴリーで運用結果や運用の仕方を参考にしてください。

フリーランス

フリーランスの方。管理人と同じで、一番自由が利きますね。取引手法はなんでもOK。自分の好きな取引手法でトレードできると思います。

下で紹介する、自分の性格や資金力を鑑みてトレードスタイルを決めることをおすすめします。

ただし、先ずは裁量取引でFXトレードの醍醐味を味わう、というのも一つの手かもしれません。

裁量取引について詳しく見てみる⇒裁量取引・カテゴリー

主婦

主婦の方はフリーランスほど自由な時間は多くないと思いますが、それでもサラリーマンよりはトレードに割ける時間は多いでしょう。

やはりメインは裁量取引で、余裕があれば半自動&自動取引でFX運用を試みると良いと思います。

実際、子持ちの著名ブロガー「ゆきママ」さんは各手法を活用してがっつり稼いでいるようです。一つの目標として見習ってみると良いかもしれませんね。

性格

人の性格は正に十人十色ですから、こういう人はどういう手法に向いている、とは断言し難いのですが、ある取引手法は一部の人に向いていないのは確かです。たとえば、

  • デイトレ⇒感情が豊富でメンタルが弱い人には向いていない
  • トラリピ⇒せっかちな人には向いていない
  • シストレ24⇒何かに頼るのが嫌な人には向いていない

デイトレはルール順守が絶対です。相場に流されやすいメンタルの弱い人は向いていません。

トラリピはコツコツと稼ぐタイプの取引手法です。一度取引をスタートさせたら一定以上の期間運用させて、コツコツと利益を上げていくもの。

せっかちな方にはあまり向いていませんから、短時間高収入をご希望ならばデイトレをおすすめします。もちろんデイトレのほうがハイリターンですが、ハイリスクなことをお忘れなく。

メンタルが弱い人に裁量取引は向いていない

シストレ24は自動売買ですから、自分で「買い・売り・様子見」を判断したいという方には向いていません。それなら裁量取引で利益を狙ったほうが良いでしょう。

ここで挙げたのはほんの一例に過ぎません。要は、自分の性格に一番適した取引手法でトレードしましょうってことです。FXトレードを始める前に、自分をよく知ることが重要なのです。

余談ですが、デイトレもトラリピもシストレ24も自分には向いていないかもという方には、SBIFXトレードでのFX取引をおすすめしています。なぜなら、

  • SBIFXトレードでは裁量取引も積立FXも両方できる

こんなメリットがあるからです。

積立FXはドルコスト平均法を活用した半自動取引とはまた違った取引手法で、リスクを極力抑えることを意識した外貨運用です。

それだけでは物足りないなら、店頭FX口座(一般のFX口座)で裁量取引をすればOK。SBIFXトレードはある意味万能型FX口座、イチオシです。

SBIFXトレードの詳細はこちら↓
SBIFXトレード(FXLP)

投資金

FX投資のためにいくら用意できるかによってもトレード手法は変わってきます

たとえば、裁量取引で “短時間高収入” を狙いたいというなら、ある程度のまとまった資金は必要です。

もちろん、初めから多額の投資金で裁量取引するのはリスクが高すぎますから、初めは少額取引から始め、トレードに慣れてきたら取引量を増やすのが賢明でしょう。

管理人は初めから1万通貨取引して痛い目に遭いました…。当時SBIFXトレードはまだありませんでしたからね。(SBIFXトレードは1通貨~取引可)

FXトレードには投資金の準備が必要

また、自動売買も数万円の投資金ではちょっと物足りなくて、たとえばインヴァスト証券のシストレ24なんかでは、最低でも10万円は用意したいところ。

管理人もシストレ24で自動売買していますが、証拠金として20万円、シストレ24口座に入れてあります。

え~そんなに必要なの? と思うかもしれませんが、これはあくまでも余裕をみた金額でして。

そこまでの投資金は求められていませんが、自動売買は短期売買ではなく長期間運用してトータルで収益を上げるスタンスです。

運用中に含み損が出るのは普通のことです。その含み損に余裕で耐えられるくらいの資金として20万円を運用しているわけですね。

もし10万円も用意できないなら自動売買はあきらめて、裁量取引で少額トレード、または積立FXでコツコツ運用を狙うのが得策です。

積立FX口座開設はこちらからどうぞ↓↓
SBIFXトレード

複数のトレード手法を活用する方法

これは私だけでなく大部分のFXトレーダーが採用している方法ですが、FXトレードは「二刀流」が効率よく収益を上げることができます。

要は、メインとサブの取引手法の組み合わせることです。

私の場合は、

  • 半自動+自動取引がメインで、時々デイトレ

これでコツコツ稼いでいます。

もちろんこれは一例に過ぎず、どんな組み合わせでもかまいません。

  • メインがデイトレ、サブで半自動

これもOK。

  • メインがシストレ24で、サブがトラリピ

こんな組み合わせもありです。

いずれにしろ、自分のライフスタイル、性格や資金力に合わせて組み合わせを考えてみてください。

また、初めから「二刀流」でいこうと考えずに、初めは一本釣りで。慣れてきたら他の取引手法にも取り組むことにしましょう。

さもないと、収益の柱を立てることができず、すべてのトレード手法が中途半端に終わってしまい、結局は収益がマイナスになる可能性があるのです。

健闘を願っています。

それでは、また。

FX初心者向けSBIFXトレードの詳細はこちら↓
SBIFXトレード(FXLP)