2019/01/25

南アフリカランドをFXでスイングトレード | 見逃せない取引の秘訣3つ

南アフリカランド通貨をFXでスイングトレードし収益獲得は可能です。しかし、南アフリカランドはくせのある通貨ですから、ただただ取引しただけではなかなか勝てません

そこで、南アフリカランドをスイングトレードするときの秘訣を3つご紹介します。これを実践するだけで利益率が変わるはずです。ぜひ参考にしてください。

スポンサーリンク


南アフリカランドのスイングトレード向け 見逃せない取引の秘訣3つ

この記事で紹介する南アランドスイングトレードの秘訣は、以下の3つです。

覚えるべき秘訣3つ

  1. レンジ相場では手をださない
  2. ZAR/JPYを売らない
  3. スパンモデルを利用する

では、順を追ってみていきます。

レンジ相場では手をださない

レンジ相場とは、高値と安値が一定の範囲で上下を繰り返す相場のことです。レンジ相場でスイングトレードをしようとしても利が乗りにくいデメリットがあり、スイングトレードはトレンド発生のときに有効な取引手法です。

ですから、レンジ相場では手を出さないのがコツです。少しでも利益を出したいという気持ちが先行すると、レンジ相場でも手を出したくなってしまうのですが、その欲望と感情を如何にコントロールするかが重要です。

くどいですがもう一度、レンジ相場では手を出さないこと!

どうしてもレンジ相場で勝負したいなら、思考を変えてトラリピ投資のほうが向いています。

参考記事はこちら↓

トラリピでコツコツ利益を出したいなら「レンジ相場」というシナプスが必要な話

ZAR/JPYを売らない

一般的にスイングトレードは、上昇・下降に関係なくトレンドを活かした取引をします。しかし、南アランドのスイングトレードに限っては、下降トレンドでの取引はおすすめしません

スイングトレードは少なくとも数日はポジションを保有し、長いときは数週間に及びます。南アランドの買いスワップポイントは非常に高い反面、売りポジションでの支払いスワップポイントも高く設定されています

現時点で、みんなのFX(トレイダーズ証券)でのZAR/JPYスワップポイント(買い)は15円となっており、売りスワップは-15円です。(1万通貨ごと)

もし20日間売りポジションを保有したとすると、支払いスワップポイントは300円となり、取引数量が3万通貨なら3倍の900円の支払です。

利益率が低くなるというデメリットがありますので、スイングトレードにおいての「売り」はなるべく避けたいところです。

スパンモデルを利用する

南アランドに限らずどの通貨でもスイングトレードをするなら、スパンモデルの利用を推奨します

スパンモデルとはテクニカル指標の一つで、実は日本人が発明したものです。発明者の柾木利彦氏の簡単なプロフィールをご覧ください。

<柾木利彦氏プロフィール>

  • 1956年生
  • 1980年大学卒業
  • 三和銀行(現三菱東京UFJ銀行)入行
  • ニュー ヨーク支店、東京本部の ドル円チーフディーラー
  • 1992年オランダ銀行東京支店などで外国為替部長
  • 東京市場委員会副議長
  • 東京フォレックスクラブ委員歴任
  • 過去24年に及ぶトレード経験に基づき独自でチャート分析を確立
    スパンモデル(R)
    ・スーパーボリンジャー(R)
    ・アクティベート時間分析(R)

経歴もすごいですが、スパンモデルの実用性も目を引くものがあります。スパンモデルがどんな指標なのか、実際に見てみましょう。

南アランドスイングトレードの参考チャート

画像上に①と②の数字がありますが、その意味は・・・

①青線が赤線の上に切り替わったら買いサイン
②ローソク足が青線を完全に下回ったら売りサイン

・・・このような意味になります。非常にシンプルなテクニカル指標です。

南アランドでは上昇トレンドを主に活用するので、売りトレンドにおけるスパンモデルの利用法は簡潔にお伝えします。

売りトレンドにおいては、上記上昇トレンドのときの全く逆の使い方をします。

①赤線が青色線の上に切り替わったら売りサイン
②ローソク足が青線を完全に上回ったら買いサイン

これだけです。

この2つのサインと使い方を覚えておくだけで、スイングトレードにおける利益率がUPするはずです。ぜひ試してみてください。

また、スパンモデル利用時の注意点も頭に入れておきましょう。

感情を捨てて機械的に取引すること

スパンモデルはしっかりと買い・売りサインを提示してくれます。しかし、そのサインに従わず、感情的に取引してしまうと勝てるものも勝てなくなってしまいます

スパンモデルを利用して取引するなら、徹底して、一貫して利用し続けることが重要です。そしてトータルでの利益をプラスにするのです。

毎回確実に勝つことは難しいですが、トータルで勝つことは可能です。感情を捨てて機械的に取引することを心がけましょう。

レンジ相場ではなくトレンド相場で利用する

スパンモデルの弱点ですが、レンジ相場でもサインがでません。微妙なサインがでることがありますが、無理やり取引しようとするとたいてい負けます。

明らかなレンジ相場ではスパンモデルは利用しない、または取引を休憩することにしましょう。FX取引にもメリハリが重要です。トレンドが発生したらしっかりエントリー、レンジ相場でもしっかり休む。

これだけで利益率は上向くと思います。肝に銘じておいてください。

また、スパンモデルを利用してみて、使い方が良く分からないという場合、

  • スパンモデルをもう少し研究する
  • スパンモデル以外のテクニカル指標を利用する

これらの選択肢があります。スパンモデルはおすすめですが、スパンモデルだけがスイングトレード向きというわけではありません。

自身には合わないと思うなら、他の指標でスイングトレードに挑戦してみてください。

南アフリカランドのスイングトレードにおすすめのFX口座

南アランドをFXでスイングトレード 見逃せない取引の秘訣3つ
南アフリカランドをスイングトレードするときに利用したいFX口座ですが、上で紹介したスパンモデルが搭載されたFX口座を利用するのが理想的です。

ただし、すべてのFX口座でスパンモデルが搭載されているわけではなく、スパンモデルが搭載されていてもスワップポイントが低いFX口座もあります。

そこで、スパンモデルが搭載されていて、且つスワップポイントが高いFX口座をご紹介します。おすすめはこの口座です。

このFX口座は両方ともトレイダーズ証券がサービスするFX口座になります。

  • スワップポイントが高い
  • 取引ツールが使いやすい

など特徴あるFX口座です。詳細はこちらの記事にビシーッとまとめていますので、参考にしてください↓

また、スワップポイントは日々変動します。南アフリカランドの最新スワップランキングはこちらの記事の中で確認できます↓

それでは、また。

みんなのFXは初心者向けです↓
取引ツールが使いやすく
スワップポイントが高いFX口座です
数分でサクッと申し込めます
もちろん無料です^^
トレイダーズ証券[みんなのFX]

LIGHT FXもおすすめです↓
南アフリカランドスワップポイント
業界最高水準!
レイダーズ証券【LIGHT FX】