2019/01/22

FXで南アフリカランドのスワップトレードするなら知っておきたいコツ4つ

南アフリカランドをFX口座にてスワップトレードするからには、取引のコツが重要です。

主にスワップポイントを狙っての取引となりますが、南アフリカランド運用にはどんなコツがあるかご存知ですか?

スワップトレードに欠かせない大切なコツを4つご紹介します。

南アフリカランドのスワップトレードのコツ

  • FX口座内に十二分な資金を入れておく
  • 平均して高スワップポイント提供のFX会社を利用する
  • EUR/ZARを売ってスワップポイントを貯める
  • ドルコスト平均法によるリスク分散を図る

以上の点をしっかり把握し、収益率を上げていきましょう。

スポンサーリンク


南アランドFXスワップ運用のコツ4つ

南アフリカランドは少しくせのある通貨です。

2019年1月現在、南アフリカの政策金利は6.75%と、新興国の中でも非常に高金利通貨となっていますので、スワップ運用に向いている通貨と言えます。

しかし、インフレ率が高く国内経済状況が思わしくないため、ある程度の為替リスクと金利リスクを想定しての運用が必要です。

では、南アフリカランドのスワップトレードのコツを一つずつ見ていきましょう。

南アランドFX長期運用派要チェック! スワップ運用のコツ4つ

1.FX口座内に十二分な資金を入れておく

メジャー通貨を運用するときでもFX口座内の入金額が重要ですが、南アランドを取引するときには更に意識したい点です。

なぜFX口座内に十二分な資金を入れておく必要があるのでしょうか?

南アランドは高金利のため多くの投資家は南アフリカランドをロング、つまり買いポジションとして保有しています。買いポジションが多いと、通貨が下落したとき爆下げする傾向にあるわけです。

メジャー通貨であれば買いと売りの両方の需要があるのが通常ですが、高金利通貨であるランドはほとんどが「買い」。ですから、通貨が激しく変動しやすいわけです。

また、南アフリカランドの流動性は非常に低く、当通貨を必要としている人が相対的に少ないことも通貨変動が荒くなる要因の一つです。

いずれにしろ、通貨が下げ始めると、切れ味鋭いナイフが下一直線に落ちていくかのようなレート変動が起きますので、強制ロスカットにひっかからないよう口座内に十二分な入金額が必要なのです。

どの程度FX口座内入金額が必要か明確なラインはありませんが、証拠金維持率1000%以上が目安になります。

証拠金維持率を1000%以上維持するということはFX口座内の実効レバレッジが2.5倍以下ですから、相場急変時にも比較的容易にロスカットを避けることができる水準です。

詳細はこちらの記事で詳しく説明しています↓

FXの証拠金維持率は何%なら安心してトレードできますか? | FX初心者

以前、わたしは証拠金維持率300%ほどでスワップトレードしていたとき、ロスカットラインである証拠金維持率50%に抵触しポジション決済となってしまった経験があります

300%ほどの維持率ではあっさりロスカットになってしまう可能性があること、肝に銘じておいてください。

2.平均して高スワップ金利提供のFX会社を利用する

FXスワップ運用の絶対条件ですが、平均して高スワップポイントを提供するFX会社を利用しましょう。

南アフリカランドのスワップトレードにおけるセオリーは、ZAR/JPY通貨ペアを「買い」でスワップポイントをためていく取引です。

FX各社のスワップポイントは時期によって多少なりとも変動しますが、平均的に高スワップポイントのFX口座に大きな変化はありません。

ZAR/JPY通貨ペアのスワップポイントが平均的に高いFX口座はこちらです。

繰り返しになりますが、週ごとのスワップポイントを確認するとFX各社提供のスワップは多少変動します。しかし、平均的に高スワップのFX会社は上記3社(4口座)で間違いありません。

南アフリカランドの最新のスワップポイントランキングはこちらの記事内にあるので、確認してみてください↓

南アフリカランドをFXで運用してスワップ生活する方法

3.EUR/ZARを売ってスワップポイントを貯める

セオリーからいくとZAR/JPY通貨ペアを買ってスワップポイントをコツコツ貯めていくのですが、実は更にスワップポイントをためる方法があります。

それは、EUR/ZAR通貨ペアをショート(売る)してスワップポイントをためていく方法です。

ご存知の通り、ユーロは日本よりも先にマイナス金利を導入しており、そのためユーロ通貨を買うとマイナススワップポイントを支払うことになります。

その特性を活かし、EUR/ZARを売る、つまり南アフリカランドに対しユーロを売ることで、ZAR/JPY通貨ペアをロングするより更に多くのスワップポイントをためることができるのです。

ただし、問題はEUR/ZAR通貨ペアを取扱っているFX口座があまりないことです。

EUR/ZAR通貨ペアを取扱っていて、且つ信頼度の高い優良FX会社で取引したいと思いますよね。

そこで、EUR/ZAR通貨ペアを取扱っているFX会社の中でおすすめできるFX口座を2つ、ご紹介します。この2社です↓

上記2社はEUR/ZARの売りスワップポイントが高いだけでなく、チャートが見やすいという特徴もあるんです。各社のFXアプリでEUR/ZARチャートを見てみましょう。

EUR/ZAR日足チャート(サクソバンク証券)

 

EUR/ZAR日足チャート(ヒロセ通商)

甲乙を付けるのが難しいほど、2社のチャート性能は非常に高いんです。

2社の違いをあえて挙げるなら、

  • サクソバンク証券⇒外資系FX口座
  • ヒロセ通商⇒純国内FX口座

この違いでしょうか。また、2社の取扱通貨数が違うので、

  • サクソバンク証券⇒約150通貨ペア
  • ヒロセ通商⇒約50通貨ペア

ヒロセ通商で取り扱っていない通貨ペアを取引したいときはサクソバンク証券でトレードする

こんな感じで使い分けています。

いずれにしろ2社とも南アフリカランドを取引するのに使い勝手が良く、おすすめのFX口座です。

サクソバンク証券で口座開設↓
サクソバンクFX

ヒロセ通商で口座開設↓
FX取引ならヒロセ通商へ

4.ドルコスト平均法によるリスク分散を図る

南アフリカランドのスワップトレードの4つ目のコツですが、ドルコスト平均法によるリスク分散を図ることです。

ドルコスト平均法とは、資金を分散し、定期的に投資対象商品を少しずつ買っていく方法で、平均取得単価を抑える効果があります

資金を一気に投入し一つの商品を購入してしまうと、その後商品価格下落で含み損を抱えるリスクがありますが、ドルコスト平均法による買付ではそうしたリスクを避けることができるのです。

では、南アフリカランドをどのように少しずつ定期的に買い付けていくことができるのでしょうか?

実は、SBIFXトレードで「積立FX」というFX商品があるのですが、南アランドを含めた9つの外貨のいずれかを、ドルコスト平均法によって定期的に買付できるのです。

積立FXの始め方

これから積立FXを始める場合、始める前に以下の記事を参考にしてください。とりわけ利用することになるSBIFXトレードのメリットとデメリットをビシッと解説しています。

積立FX専用口座の開設はこちらから↓↓
数分でサクッと開設できます
もちろん無料です
SBIFXトレード

南アフリカランドのスワップトレードのコツ4つ まとめ

では、最後にかんたんにおさらいです。

南アフリカランドのスワップトレードのコツ

  • FX口座内に十二分な資金を入れておく
  • 平均して高スワップポイント提供のFX会社を利用する
  • EUR/ZARを売ってスワップポイントを貯める
  • ドルコスト平均法によるリスク分散を図る

それでは、また。

南アフリカランド運用向け口座
サクソバンク証券の口座開設はこちら↓↓
数分でサクッと申し込めます
もちろん無料です^^
サクソバンクFX