7年ぶりに7円台に急落した南アフリカランド FXスワップ運用はどうなる?

   2016/11/21

南アフリカランドがとんでもないことになっています。

タイトルにあるように、7円ぶりに対円で7円台に突入しました。SBIFXトレードで南アランドスワップ運用中ですが、今後の展開を分析してみました。

南アフリカランド暴落

南アフリカランド急落の原因3つ

当然、南アランド急落の背景には幾つかの要因がからんでいます。一つずつ見ていきます。

1)ネネ財務相更迭

今回のランド急落はこれが一番大きな要因でした。支出削減に尽力を尽くしていた彼の更迭はビックサプライズとなり、1ランド8.5円ほどだった南アランドは一気に7円台に突入しました。

南アランドの±1円の値動きは、ドル円相場で言う約±14円の動き。ドル円が短時間で14円も変動することはありませんから、今回の南アランドの動きが想定外の値動きだったことは容易に理解できると思います。

2)資源価格の急落

今回の急落の主な要因ではありませんが、資源価格が下落していることも関係しているのは確かです。

南アフリカと言えばプラチナなどの鉱物資源が豊富な資源国であるのは周知の事実であり、資源価格下落が南アフリカ経済を圧迫していることも通貨下落の要因に加担していると言えます。

3)トレーダーは南アフリカランドを売らない

ミセス・ワタナベと称される日本国内のFXトレーダーたちは、南アフリカランドを売ることはほとんどありません。

というのは、南アフリカランドのスワップポイントは1万通貨ごとに13円/日(1万通貨ごと。SBIFXトレード参照)付与されます。ただし、これは南アフリカランドを買った場合。

南アフリカランドを売ると、逆に13円ほどのスワップポイントを支払わなければならなくなります。毎日スワップポイントを支払うことになれば、下手したら為替差益と相殺となり利益がほとんど得られない可能性があるわけです。

それもそのはず。南アフリカランドの政策金利は現状で6.25%と、新興国の中でもとりわけ高い政策金利となっていますからね。

となると、FX市場に参加している投資家のほとんどは南アフリカランドを買っていることになり、売り需要はほとんどないことになります。

そうなると、売り手のいない南アランドはちょっとしたきっかけで暴落し、買いポジションでスワップポイントを狙っていた投資家たちは、弥が上にも損失覚悟で投げ売りしなければならないのです。

需要と供給のバランスの欠如という特徴がある南アランド。その要因から必然的に起こったとも言える今回の南アフリカランド急落です。

南アフリカランドを投げ売り

これから南アランドはどうなるのか?

売りが売りを呼ぶ

正にこの状況が発生しているわけですね。執筆時点での南アランドレートは1ランド=7.5986円。7年前のリーマンショック時とほぼ同ラインのレートですが、そこを割るのかそれとも底を打つのか。

こればっかりは、なんともわかりません。ただ、底を割ったとしたら投資家たちは「怖い」と思うはず。その時からが「買い」と見ています。

または、底を売ってダブルボトムが形成されたときも「買い」で。

想定外のレートとなっていますが、こういう時こそ冷静沈着に売買したいですね。

SBIFXトレードiPhoneアプリで現状を確認

では、最後にSBIFXトレードiPhoneアプリで現状を確認してみましょう。まずは、ZAR/JPY日足チャートと月足チャートをご覧ください。

 

 

ZAR/JPY日足チャート

ZAR/JPY日足チャート

 

チャートを見れば一目瞭然、如何に激しい下落だか見て取っていただけると思います。

 

ZAR/JPY月足チャート

月足チャートでは2008年の下落の様子が分かりますね。あの時は気を失ってしまったトレーダーがいたとかいないとか…。

今の経済環境はリーマンショック時と比べにならないほど落ち着いてはいますが、チャートを見る限りでは今の南アフリカと南アフリカランドの状況が深刻なこと、よく分かると思います。

 

ZARJPY151214建玉一覧(個別)

3万通貨買い持ちの南アフリカランド、評価損益が真っ赤に染まってしまっています。火の車ですね…。

 

ZARJPY151214建玉一覧(サマリー)

ちょっと証拠金を追加入金すべきときがきたようです。入金後、タイミングを見計らって買い増ししようかと淡々と狙っています。

地政学リスクがある新興国通貨でスワップ運用をする怖さやリスク、少し理解していただけたでしょうか。

参考になれば幸いです。

SBIFXトレード、イチオシです↓
限定タイアップキャンペーン中!
口座開設+取引でAmazon券3000円分受取れます!!
SBIFXトレード(FXLP)

南アフリカランド運用の関連記事、こちらにまとめてあります↓

【ブックマーク必須】 FX南アフリカランド運用派向け取引手法完全ガイド
記事概要:南アフリカランドをFXで取引するために必要な基礎知識や取引手法、今後の為替の見通しなどすべてを一つの記事でまとめました。南アフリカランド運用時のガイドブックとしてください。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket